大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 ヒスイ揚げ (銀杏揚げ) | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 正岡子規のお墓 | main | 最近読んだ本 >>
ヒスイ揚げ (銀杏揚げ)



新銀杏を使った、ヒスイ揚げです。
酒のつまみに、おやつに、簡単で美味しいので、お試しあれ。

お屋形さまの幸せレシピ

材料    4人分
ぎんなん 24粒

サラダ油

作り方

1)銀杏の殻をペンチで壊し、中身を取り出す。
 薄皮のまま茹でると、簡単に皮がむける。

2)鍋に油を入れ加熱、熱くなったら、銀杏を入れる。
  はねるので気をつけて。ふたがあるとなお良いです。
  細火で、きれいな緑色になるまで焼く。
  やや多めの油で、焼くと良い。
  もちろん、てんぷら風に揚げても可。

3)皿に盛り、塩を振る。


昔、お城には食料にするため、実のなる木が植えられました。
銀杏も良く植わっています。ちなみに熊本城は別名銀杏城です。
ぎんなんをたくさん食べると、含有物のアルカロイドと言う成分が消化不良、嘔吐などを起こすことがあるので、
大人で1日5〜6粒程度を上限にしましょう。
幼児のみなさんは、食べない方がいいかもしれません。

【2010.12.14 Tuesday 20:38】 author : いづな薫 
| 武将キッチン | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
銀杏揚げ、きれいですね〜。
おいしいし、大好きです。
私は自分で作る事はしないで、もっぱら料理屋さんでいただくばかりですが、いづな様はご自分でお作りになるのですね。素晴らしい・・・。


| じゃいらーん | 2010/12/15 7:36 AM |
じゃいらーん様

ようこそいらして下さいました。嬉しいです。

>料理屋さんでいただくばかりですが、いづな様はご自分でお作りになるのですね。

 私も、最初は料理屋さんです。笑
秋の頃、茄子の素揚げと並んで出されました。
元来料理が好きで、料理人に会えばここぞとばかり質問し、家で作ってみたりします。
 銀杏揚げ、美味しいですよね〜。
 

| いづな薫 | 2010/12/15 7:56 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415563
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中