大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 江 感想 「湖国の姫」  | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< お屋形さまの太刀 | main | 塩の記念日 >>
江 感想 「湖国の姫」 
感想いきますー。
豊川信長かっこよかったですね。物静かな話し方が何とも素敵。
容貌に限っては、名古屋城おもてなし隊の信長が、肖像画に似ているんじゃないかと思っている。

当時日本に来ていたポルトガル宣教師・ルイスフロイスが、以下のごとく著述している。
信長は中くらいの背丈で、華奢な体躯であり、ひげは少なく、声は甚だ高く、大いに武芸を好み、決断力があり、戦術巧みである。
名誉心に富み、正義において厳格。ほとんど全く家臣の言うことを聞かず、畏怖されている。
傲慢で自信にあふれ、独断専行である。

浅井長政、良い人なのに、かわいそうな人NO1。
生まれたばかりの江と幼い子供、妻とも別れ、「姫たちを頼む」と城門が締まる時には、本当に辛い。
お市の方と、それにも増して、ちび茶々は、怖い・・・可愛くないし。ごめんよ子役、君のせいじゃない。苦笑。

浅井朝倉と織田信長の戦い、信長にしてみれば、妹婿が寝返ったのは、計算外だった。
朝倉に内応した浅井父子、信長背後から襲撃し、六角承禎(ろっかくよしかた、しょうてい)らも加わっている。
さらに延暦寺の3000人の僧兵、朝倉義景が一乗谷に出陣という、信長絶対絶命のピンチだった。
ただ長政には、長政の言い分がある。
浅井朝倉は同盟関係にあり、縁があるから、朝倉に攻め込む時は、浅井の承認なしでは、織田は朝倉と戦はしないと言う、
約束だった。
信長は、これを破った。
まあ、そこは戦国時代、約束破棄は日常茶飯事である。
そして、長政は義兄信長より、朝倉との縁を大事にしたのである。

信長は、この時のピンチを命からがら脱出している。
城の名から、「金ヶ崎の退き口(かねがさきののきくち)」と呼ばれたこの退却戦は、信長が経験した人生での大ピンチの
一つとなった。
これほどの辛酸を舐めさせた浅井朝倉、そして味方した比叡山を、異常なまでに自我が強く非情な信長が許すはずはない。
形勢を立て直した、信長は、比叡山焼き討ち、浅井朝倉との徹底討滅に乗り出すのである。
1571年9月12日、叡山を包囲し、火をかけ根本中堂、鐘楼、僧坊、経蔵、宝物も灰燼に帰した。
僧、老若男女、殺されたのは、数千人に及ぶという。
仏敵天魔の所業だが、まあ、寺に女がいるのがまず問題がある。寺も荒廃し、僧侶の乱行も目立っていた。
浅井父子、朝倉義景も自刃し、その頭骨は漆に金を塗られ、信長の正月宴会の酒肴に出されるのである。マイ信長公記より。
趣味わるー。

 来週は本能寺?南蛮服着て、「どうじゃ?」と見せていた信長は、ちょっと可愛い。笑
「江〜姫たちの戦国〜」第1回めだったが、スタンダードすぎて意外性はなかった。
何度もドラマ化されたシーンなので、目新しい演出が難しい。小豆袋を送らないことは目新しいが。
泣ける話だと予告に出ていたが、そうでもない。坂の上の雲の方が、おいおい泣いた。(子規と広瀬の亡くなる場面)
 でも、篤姫の脚本家でもある、田淵さんは好きです。

【2011.01.10 Monday 15:55】 author : いづな薫 
| | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづな様のレビュー、首を長くして待っておりました。

浅井長政はよかったですね。さすがに二十代には見えなかったけど(市も)、それでも「若いお父さん」という感じで、壮絶な最期にはひねくれ者の私でも泣きました。
彼も悲惨ですが、存在すら語られる事のなかった万福丸や小野殿はもっと悲惨。


あと、三姉妹の小袖の丈が短いのが気になりました。当時はああいう着方だったのでしょうか?
| じゃいらーん | 2011/01/10 10:43 PM |
じゃいらーん様

またもやお返事遅れて申し訳ござらぬ。
浅井長政、本当にいい人ですね〜。
1回で亡くなっちゃって本当にかわいそうです。

>最期にはひねくれ者の私でも泣きました。

 ひねくれものなんですか?←そんなこと聞くなよ。笑
「江ドラマ」を描くために、処刑された男子はカットしましたね。
三姉妹はこの時10歳前後ですからね。小袖丈は、子供らしさの演出でしょう。
大人は、下着小袖を少し短めに来て、普通の小袖、柄&刺繍の小袖を腹の所でゆったりとですね。
| いづな薫 | 2011/01/12 8:51 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415597
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中