大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 江 感想 「父の仇」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 川島選手判定 | main | 日本代表、サウジに快勝。 >>
江 感想 「父の仇」
浅井長政のどくろの話でていましたね。
以下は、信長の一級資料である「信長公記」の記録である。

朝倉左京太夫義景、首、 浅井下野、首(久政・長政の父)、 浅井備前(長政)、首。
巳上三ツ、薄濃(はくだみ・漆塗りにして金粉をかけたもの)にして、公卿にすえおき、御肴(さかな)に出だされて候て、ご酒宴。
おのおの御謡・御遊興。千々万々、めでたくご存分に任せられ、お喜びになり。

全くしゃれにならないことをしてくれるぜ、信長。
ちなみに、「どくろの杯」についての記載はありません。

信長は浅井朝倉との戦では、挟み撃ちにされそうになり絶体絶命のピンチをかろうじて、切り抜ける。
この「どくろ宴会」は、浅井父子と朝倉義景をを討滅した翌年天正二年正月のことである。 

江が、小谷落城後の1579年伯父さんの織田信包(のぶかね)の伊勢・上野城にいて、海岸で遊んでいたが、
この時、江は7歳(今で言う6歳)なんですね。爆
茶々は12〜3歳か。
伯父さん信包の着物が、天地人の景勝さんの着物でしたね。

安土の信長相変わらず気短で傲岸不遜、秀吉を刀を握ったまま殴るシーンは冷や冷やした。
政治、戦略、経済政策を徹底的に合理化したことは評価できるが、この激情型で非道の性格はどうにも苦手。次回は、光秀を殴るようだし。
浅井父子の薄濃(はくだみ・どくろの漆金粉塗り)は敬意を表すとしても、叡山焼き討ちにしろ、長島一向一揆にしろ、
ジェノサイド(皆殺し)を敢行する信長は否定できない。
人間の行いとしては、否定的評価を持つが、一向一揆を殲滅したことにより彼は天下人になり得たのである。
秀吉も家康も同じである。
彼らが、一向一揆と譲れないながらも双方生き残っていれば、それ以後の武家封建体制も幕末維新も違う形を見たに違いない。

信長が、実際の信長所用の、東京国立博物館蔵の”陣羽織・黒鳥毛揚羽蝶文様”(アゲハ蝶柄の陣羽織)のレプリカを着ていたのは、面白かった。
陣羽織についている鳥毛も再現してあり、レプリカでももう少しじっくり見たい気がする。

森兄弟の父は、森可成と言う人物だが、これがドラマで語られていたごとく浅井長政に討たれる。
1570年近江の国でのことである。
1582年森蘭丸が、本能寺で信長と共に討ち死。
蘭丸を討ち取った人物を安田作兵衛と言う。
安田は、本能寺の時、明智光秀配下の斉藤利三(としみつ)に仕えていた。(斉藤利三とは、江の子・家光乳母の春日局の実父である。)
で、森蘭丸を討った安田作兵衛は、羽柴秀勝、羽柴秀長、蒲生氏郷とあるじを替え、その次のあるじは、なんと蘭丸の実兄森長可(もりながよし)だった。
長可は、弟蘭丸を討ち取った安田を「武功は武功」と言い、召抱えたと言う。
身内の仇に対しても、武功を称えるのが武士道なんですな。

殺し合いは困るが、敵に対してもエールを送るそんな戦いが見たいです。
と言うわけで、
今宵も、サムライブルー、サッカーサウジアラビア戦を応援せねばならぬ。

【2011.01.17 Monday 15:09】 author : いづな薫 
| | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづな様 こんにちは。

三姉妹の年齢とかけ離れたキャスティングですね(笑)
お市の方と茶々が姉妹に見えました。
上野樹里さん演じる江と信長の交流を映像として
回想でも使えるようにという意図なんでしょうか。
第一回目をダイジェスト風にするしかなかった所為で
兄の同志であるとの意志表示をした市が
コロっと変節したかの様な印象を受けましたし
多方面で無理を通す展開が暫く続きますかしら?

織田信長は正直「好き」とは言えない人物です。
ですが、これまで自分が観た数少ないドラマや映画では
エキセントリックであるか、荒々しい人物描写が多いので、
今回の豊川悦司さんは(猿を殴ってたシーンは別として)、
飄々とした静かな物言いが新鮮に感じます。
本物がこんな感じの人だったら叡山の焼き討ちその他
やらなかったんじゃないかなあ?・・・と思えたり。

何れにしても江の物語なので、もうすぐ消えますね。
| 湛 | 2011/01/17 5:52 PM |
湛さま

毎度お世話になっております!

>三姉妹の年齢とかけ離れたキャスティングですね(笑)

茶々が初をぶん殴って、お母さんの所へわぁっと泣き付きますが、子供ならいいけれど、同じ大きさの親子がやっているんでなんか変なんですよね。爆

>上野樹里さん演じる江と信長の交流を映像として
回想でも使えるようにという意図なんでしょうか。

なるほどね。そうかもしれません!
天地人の時は、ちび兼続と謙信の「こんなとこ来とうはなかった!」の名セリフを生みましたが、そう言うのは今回なしなんですな。

>多方面で無理を通す展開が暫く続きますかしら?

市が織田に帰って来てから、「裏切り者とそしられ」と言っていましたが、そんなこともなかったですよね?
豊川信長、静かな語り口は確かに良いですよね。

>本物がこんな感じの人だったら叡山の焼き討ちその他
やらなかったんじゃないかなあ?・・・と思えたり。

確かに。笑
信長ファンも世には多いので、私の発言はある意味申し訳なく思います。笑

>何れにしても江の物語なので、もうすぐ消えますね。

爆。もうすぐ消える・・・受けました。
| いづな薫 | 2011/01/17 7:23 PM |
いづなさま、こんばんは。
江、やはり七歳くらいなんですね。
あたくし、もう、三姉妹の寸足らずの小袖を見る度に、恥ずかしくて顔から火が出そうです・・・。
やはり、相応の年齢の子役を使ったほうが良かったのではないかと思います。

髑髏の杯の話は、やはり冒頓単于のエピソードがもとでしょうか?
はくだみから、あのエピソードを連想した人が多く、いつのまにか信長の話として成立してしまったとか?
| じゃいらーん | 2011/01/17 9:55 PM |
じゃいらーん様

いつもコメント感謝いたします!
サッカーにうつつを抜かしているいづなです。笑

三姉妹、中間子役ないんですね。江は主役なのに、赤ちゃん→大人になっていますものね。
信長公記は薄濃(はくだみ)ですが、信憑性イマイチ浅井三代記は「杯」と既にあります。
頭蓋骨杯、古今東西ありますからね。欧州、中国の漢書&戦国策にもあり、使用目的も祭具だったりもします
| いづな薫 | 2011/01/18 3:27 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415606
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中