大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 江 感想 「信長の秘密」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< カタール戦 日本代表、激戦制す! | main | 日韓戦 >>
江 感想 「信長の秘密」
 江は知りたいの、伯父さま(信長)の秘密ってな回でしたね。笑

私はそうでもないので(笑)、家康の妻子、築山殿と信康が、死に追いやられたことについて触れる。
家康と築山殿の間に生まれた、嫡子信康の妻は織田信長の娘・徳姫である。
天正7年(1579)6月織田信長は、娘徳姫から一通の密書を受け取る。
その手紙には、恐るべきことが書かれていた。
徳姫は、父信長に、夫信康が相手にしてくれず、姑の築山殿も嫁いじめをすることなど訴えている。
これくらいなら、信長もしょうのない奴め、で済んだかもしれないが、重大な事は他にあった。
 
 家康の正室築山殿が、甲斐の武田勝頼と懇意になり、信康を徳川家の殿様にして、信康と武田で連合軍を作り、家康と信長を討とうと言う計画があるというのだ。
 信長は、仰天したに違いない。いや、よくあることと、思ったか。
ともかく、信長は家康に命じた。

「信康を処分せよ。」

家康もまた、ひどく驚いたであろう。
家康は、重臣達を集め対応を協議する。
信康のもり役、平岩親吉(ちかよし)は、自分が切腹し織田殿の疑念を晴らすよう願い出た。
(余談だが、この平岩、信康没後、蟄居謹慎し、家康に請われてまた仕え、現在JR甲府駅前の甲府城を建設している。)
またある者は、織田との同盟関係を破棄し、全面戦争を覚悟したという。
家康は、決断する。
「信康を切腹、築山殿を処分する。」

信康は、二股城で切腹。介錯役が、泣いてしまって出来なかった。この泣いた侍が、鬼の半蔵と言われた服部半蔵である。
築山殿は、浜名湖近くの蜆塚(しじみづか)台地で、殺された。
また、こんな説もある。信長は殺せとは言っておらず、家康が、息子と妻との不仲から、処分してしまったと言う説。
 
 江は、信長と竹生島デート楽しそうでしたね。笑
フロイスが軽すぎて笑える、宣教師ウィンクとかチューとかしないと思うが。
ドラマだし、「ルイスフロイスの日本史」とは別人と考えたい。実家で見ていたら、母も、風呂椅子、風呂椅子と笑っていた。(真剣に見ていないな。笑)

 江の後に、邪馬台国・卑弥呼を放送していましたね。
これは、面白かった。ブログでもまた書くかもしれない。

 そして、明日のサッカーよ。韓国戦!
サッカー雑誌キッカーを見ていたら、香川選手のほか、「青きサムライ」の記事が載っていて見入ってしまった。
織田軍より青きサムライよ
運は天にあり。明日の決戦、心して応援いたしまする

PS.川島選手CMは、フマキラーの花粉対策薬「アレルシャット 花粉 鼻でブロック」でしたね。
鼻の穴の中に、小さい川島選手がいて花粉キャッチしてくれる。笑

【2011.01.24 Monday 21:44】 author : いづな薫 
| | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415615
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中