大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 江 感想 「母の再婚」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 江戸、両国散歩 | main | 上杉おもてなし武将隊 >>
江 感想 「母の再婚」
 柴田勝家について触れたい。
明智光秀もそうだったが、織田家の著名な武将にしては、柴田も生年がはっきりしない。
1522、1526、1527年説がある。
尾張国の土豪の子として生まれたようだ。
いずれにしても、市と結婚した時は、60歳前後と言うことになる。
市は、約40歳。
柴田勝家、それまで妻はいなかったのかと言えば、一級資料には登場しない。
勝家には勝豊など幾人かの養子がおり、実子かもしれない勝敏も、養子なのか実子なのか定かではない。
僧侶であった謙信公のように、勝家には独身でいる理由がなく、結婚したが史料に残らなかったと考えるべきだろう。
当時、史料上の女性の扱いはこんな具合なので、今年の大河は史料検証がさぞや大変だと思って見ている。

清洲会議とは、織田家の後継者を決めると同時に、領地再分配を目的とした会議である。
会議の会場となった清洲城は、現在の愛知県清須市にある城である。
清洲は、清い砂を意味し、伊勢神宮の「清須御厨(きよすみくりや)」を由来とするようだ。
史料には「きよす」は、「清須」とも「清洲」とも書かれている。市名は清須。

その清洲会議である。
光秀討伐の功労者である秀吉は、丹羽長秀と池田恒興を大幅領地UPを約束して味方につけ、信長の嫡孫三法師を抱きこみ、勝利する。

会議の参加者で、秀吉側についた池田恒興(いけだ つねおき)について書く。
彼の母は、信長の乳母である。
信長は赤ん坊の時、癇(かん)が強く、乳母がしょっちゅう交代していたが、池田恒興の母だけには大人しかったと言う。
つまり恒興と信長は乳兄弟。後に恒興の母が、信長父信秀の側室になっているので、織田家との縁はかなり濃い。
恒興の娘は、森蘭丸の兄・森長可の妻である。
1584年、羽柴秀吉対織田信雄+徳川家康の戦・小牧長久手の戦にて、恒興は秀吉方で参戦。
娘婿森長可とともに、戦死した。

さて感想。
この柴田勝家、暖かい感じがして結構好きである。
来週、父娘のやりとりが出て来るようだが。
三法師が金太郎みたいで可愛いです。マサカリが欲しい所。笑
信長が死んでから、視聴率が下降気味だそうだ。
信長のせいなのか?笑
織田は元々私にはアウェイだし、江より侍ブルーが楽しい今日この頃。今夜はパンダも来るし。

【2011.02.21 Monday 16:25】 author : いづな薫 
| | comments(6) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづな様、お邪魔しますm(__)m
今年の大河は…うぅ、、、今後に期待します。

今日、お昼休みに偶然TVを見てたら〜〜〜
某局のお昼番組(DON)で、
「末裔さんいらっしゃい」なんてコーナーを
やってました〜!!目が釘付け★(笑)

トリビアの泉での上杉VS武田以来の末裔対決!
(W鬚農鏐駝義弌)ご覧になりましたか?!
宇和島の方の伊達家の方、シーボルトの末裔さん、
菅原道真の末裔さんまで登場!!!

(仙台では)深夜にやってる「戦国鍋TV」より、
格段に豪華な内容じゃないですか〜あの時間に
放送するなんて勿体無い\(◎△◎)/!

ちなみに…2011年の上杉VS武田の結果は…無念★
トリビア対決(オセロ)では上杉氏が勝利したので、
TV上では引き分けです。

あまり関係ないコメントですいません(T_T)\
| ともも | 2011/02/21 6:28 PM |
ともも様

コメントありがとうございます。
今年の大河、信長が死んでイケメン武将がいなくなったことが停滞の原因なんでしょうか。笑
私はゲゲゲの夫の秀忠に期待したいと思います。まだ先ですが。
お昼に面白そうな番組やっているんですね、存じませんでした。
上杉家の方はどなたが出ていらしたのかな。
武田さん、シーボルトさん、菅原道真の御子孫ですか〜。
ともも様仰るごとく昼ではなく、ゴールデンタイムに放送して欲しいです。

>トリビア対決(オセロ)では上杉氏が勝利したので、

 ホホホそうでしたか。見ていないけれど喜ぶいづな。笑

>あまり関係ないコメントですいません(T_T)\

 とんでもございません、大変楽しかったです。
面白い情報ありがとうございます。
 またいらして下さいね。
| いづな薫 | 2011/02/21 7:19 PM |
再び補足に参りました(笑)

どちらも上杉家の分家の方が参戦してました。

2006年?の「トリビアの泉」川中島市での
オセロ対決では、米沢の金属金型メーカーに
お勤めの(当時)上杉知彦氏が参戦しまして、、、
<1回戦は武田氏勝利→その後2連勝!>
録画してなかったこと悔やむほど面白い対決でした!

今日の戦国無双対決では、
日本酒アカデミーの取締役であられる
上杉孝久氏が対戦されておりました。
場所は庶民的な焼き鳥屋?だか居酒屋の「川中島」(店名)

対する武田氏は、高家武田氏の武田邦信氏です。
武田氏はトリビア戦も同じ方だと記憶してますが…
(当時は某商社の重役をなさっていたような★)

武田氏は「塩のお礼を申し上げたい」と仰られて、
上杉氏は塩のお礼の返礼に日本酒を進呈してました。
対決後、上杉氏が進呈したお酒を和やかに酌み交わして
いらっしゃいましたよ♪(にごり酒でした)

毘沙門天管弦楽団の創立名誉指揮者であられる
亡き上杉氏といい、本家の宇宙科学に従事された
現当主様はもちろん、上杉家の方々は改めて素晴らしい
方ばかりですね〜〜〜☆☆☆
| ともも | 2011/02/21 10:23 PM |
ともも様

連投嬉しいです!!
御分家の方でしたか〜。
川中島でのオセロ対決、ってすごいですね、笑。
私も見たかったです。
今回の戦国無双対決でも、焼き鳥屋or居酒屋でやっぱり「川中島」。

>武田氏は「塩のお礼を申し上げたい」と仰られて、
上杉氏は塩のお礼の返礼に日本酒を進呈してました。

 未だに対立している土地もある中、こちらは仲良しですね。
武田家は上杉家家臣として存続していくおうちが有名ですが。
 米沢に信玄公子息の立派なお墓がありますね。
上杉氏が進呈したにごり酒は、毘かしら。

>毘沙門天管弦楽団の創立名誉指揮者であられる
亡き上杉氏といい、本家の宇宙科学に従事された
現当主様はもちろん、上杉家の方々は改めて素晴らしい
方ばかりですね

 本当ですね。琵琶の名手だった謙信公の朝嵐をまた見たくなりました。
| いづな薫 | 2011/02/22 9:57 AM |
いづな様、こんばんわ。「プチびっくり情報!」です。

 イケメンといえば、今朝の地元上越タイムスに、なんと名古屋おもてなしイケメン武将隊ごとく?「春日山城・おもてなし隊」を結成する!という見出しが載っていましたよ!!

 今年のゴールデンウィークを皮切りに、甲冑・鎧を身に着けたおもてなし隊?たちが、春日山城史跡の観光案内・ガイドをあわせて行うという予定だそうです。
 メンバーはやっぱり、我らが謙信公・兼続公・景勝公・三郎景虎公でしょうか。いずれにしても、イケメン役者でそろえてもらいたいものですが…。(年齢構成も何歳くらいの方が担当されるのかな?ここらへんが、ちと不安…。)

 でも謙信公役は、ファンのイメージ像があって配役は難しくなりそうですよね。いづな様いかがですか〜?
| 義太郎 | 2011/02/23 8:13 PM |
義太郎さま

貴重な情報ありがとうございまするる〜。
ご確認下さい、私も今メールしたところです!笑
 前回、上杉おもてなし武将隊あったらどうかしら?ってお話しましたよね。
 とうとう出来てしまったんですね〜。笑

>我らが謙信公・兼続公・景勝公・三郎景虎公でしょうか。いずれにしても、イケメン役者でそろえてもらいたいものですが…。(年齢構成も何歳くらいの方が担当されるのかな?ここらへんが、ちと不安…。)

 年齢無視で行きましょう!笑
主役はなんと言っても謙信公なので、飛び切り素敵な方にお願いしたいです。
 名古屋の信長は肖像画似ていらっしゃるし、仙台の武将隊はかなりのハイレベルです。
 越後、楽しみですね〜。
| いづな薫 | 2011/02/23 9:05 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415639
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中