大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 江感想 「初めての父」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< ゼロックススーパーカップ | main | 災害と文化遺産 >>
江感想 「初めての父」
 柴田勝家パパ良かったですね。座布団3枚でござる。笑
打ち解けてくれない、長女次女に苦労しながら、必死に父親になろうとする勝家が何ともいい。
爪の先ほどでもいいから、思うて下され、と、妻・市に頼む勝家が切ない。
 馬を駆って勝手に外出して帰って来ない江を叱り飛ばし、支えられて生きていることを忘れるなと、抱きしめる勝家が、本当の父親のようだ。
俳優さんの熱演も良かった。
 勝家、市、娘たちの家庭生活は、賤ヶ岳の戦い勃発までわずか一年に満たない。
市が勝家と共に自害したことを思うと、勝家、市夫婦に短くとも深い愛情があったのかもしれない。

 さて、清洲会議で秀吉は三法師を担ぎ上げ、天下人へ一歩進んだかにドラマなど創作物では描かれるが、史実はそんなに単純ではない。
 清洲会議の2大議題は、1、織田家後継者問題、2、遺領配分問題である。
安土に三法師、信雄が、尾張国、伊勢南部、信孝が岐阜城、信長ゆかりの地は信長親族で固める。
家臣団は、柴田勝家が北近江と長浜城を加増、秀吉が北近江と長浜城を勝家に譲り、山城国を得ている。
遺領配分はすんなり決まったが、後継者問題がもめた。
安土に入るはずの三法師が、岐阜城に留まったままで動かない。
織田家相続嫡流であり3歳の三法師を、叔父の信孝が懐柔してしまうのである。
信長の葬儀は、翌天正11年(1583)10月15日に行われるが、信雄、信孝兄弟、柴田勝家、丹羽長秀、池田恒興ら宿老も参加していない。
丹羽長秀、池田恒興は領地大幅UPを秀吉から取り付け、秀吉派であり、葬儀には名代を派遣している。
信長の遺骨の入っていない棺を担いで運んだうち1人は、池田恒興の息子である。
(棺には信長の木造が入れられた。)
三法師を抱きこんでいる信孝とそれを支援する柴田勝家は、秀吉の敵となる。
信孝と仲の悪い信雄に秀吉は近付き、信雄、秀吉、丹羽、池田グループを結成するのである。
柴田グループとの衝突は時間の問題で、天正10年(1582)12月には柴田の甥で養子の勝豊と戦になった。
勝豊は敗れ降伏。
負けた柴田側の織田信孝は、三法師を秀吉に差し出す。
三法師と言うアドバンテージを得て秀吉は、賤ヶ岳の戦いに望むのである。

NHK土曜ドラマ TAROの塔が、結構面白い。
岡本太郎氏のドラマである。愛と芸術に生涯を捧げた母岡本かの子が秀逸。
漫画家の父一平と小説家の母かの子、太郎。そして、母の愛人が住んでいる不思議な岡本家。
かの子はネタなので、駆け落ちとかしないでね、と願う父一平。
変な家族だが、岡本太郎の芸術の謎解きが秘められていて、面白い。

【2011.02.28 Monday 14:39】 author : いづな薫 
| | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづなさん、こんばんは。

私も観ました、「TAROの塔」。いやー、非常に面白かったです。
「太陽の塔」が好きなので、思わず見てしまいました。(笑)
すいません、大河の話でなく。
| 晋作 | 2011/02/28 10:53 PM |
晋作さま

コメント嬉しいです!
「TAROの塔」面白いですよね。
「太陽の塔」製作の謎も解き明かされそうでドキドキです。

>すいません、大河の話でなく。

オ‐ルOKです。
前回晋作さまのメールにありましたが、私も長谷部主将好きです。彼は主将の器ですね。
| いづな薫 | 2011/03/01 9:12 AM |
いづな様、こんばんは。

今回は、泣けました。
勝家さんもよかったけど、市も三姉妹も、女優さんたちの持ち味がいい方向で出ていた感じがしました。
束の間の幸せなのが、切ないです。


でも、エンジンかかってきた感じで、日曜が楽しみになってきました。
あとはもう、小袖の丈が長くなれば言うことなし(笑)です。
| じゃいらーん | 2011/03/01 10:50 PM |
じゃいら―ん様

いらして下さり嬉しいです!
今回、良いお話でしたね。
来週は勝家が刺繍している予告が出ていましたが、束の間の幸せが本当切ないですね。
江はヘアースタイルが変わり、成人する時が近づいていますね。
12才くらいで結婚する彼女、昔は寿命が短いので急がないとなりません。
| いづな薫 | 2011/03/02 9:48 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415648
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中