大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 江感想 「関白秀吉」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 子供の白血病と原発の関連性 | main | 原発事故後、ご自分がどこにいたか記録して下さい。 >>
江感想 「関白秀吉」
 秀吉が天皇の命令で関白になる宣旨(せんじ、朝廷が出す文書形態の一種)が、かつて岡山県の土蔵から出て来たことがある。
ねねの実家の、御子孫にあたる家である。
「権大納言藤原朝臣淳光(あつみつ)を通して、関白にしてやったよー。天正十三年七月〜」(いづな訳)が読み取れる。

本能寺の変後、秀吉は3年で、二位内大臣に上り詰める。
しかし、秀吉は武家のトップである征夷将軍になりたい。
そのために、信長に一時追われたとは言え15代将軍足利義昭の養子になることを画策した。
しかし、源氏の嫡流を自負する足利義昭、ドラマでももんどりうって嫌がっていたが、許可することはなかった。
ならば、秀吉は人臣最高位である関白になりたい。

その頃、摂関家の近衛信尹(このえのぶただ)と二条昭実が関白の座をめぐって争っていた。
そこへ、右大臣の菊亭晴季(きくていはるすえ)が、秀吉に、「ねえ、関白にならない?」と持ちかける。
どさくさにまぎれて、菊亭の働きで秀吉が関白職を得ることになる。
さてこの菊亭晴季(きくていはるすえ)、右大臣でありながら、つまり朝廷での口利屋。官位斡旋、調停が得意。
菊亭の娘は、秀吉の甥・秀次の妻となり、秀次が秀吉の怒りを買って切腹した時、妻妾子供39名とともに殺された。
私は、秀次一族のお墓に詣でたことがある。
京都三条木屋町にある瑞泉寺(ずいせんじ)である。
秀次の墓と、一族の五輪塔がある。合掌

ちなみに、関白の座を逃した近衛信尹(このえのぶただ)の父、近衛前久(このえさきひさ)は、謙信公の追っかけをして、
関東まで来ちゃった武将好きの熱血漢。
謙信公の書く豊麗な書の、師でもある。

短く、感想。
茶々と秀吉のラブストーリー、素敵なBGMまで使っていたが、違うカップルで見たい。
茶々と猿では気分が盛り上がらぬ〜〜〜。


社会的PS.
・運転中の敦賀原発2号機(福井県)が、1次冷却水の放射性物質濃度が上がっているので停止。
核燃料もれているかもだそうです。
・米と旧ソの歴史を考えると、おさまの死を喜んでいる米ってどうよ。
・東北電力の株主さんたちが、原発廃止を訴える。いいね〜このニュース。
原発廃止を定款(ていかん)に明記することを求める株主提案権行使請求書を東北電力に提出。
・ゴールデンウィーク、全国各地で、脱原発、原発廃止イベントが大盛況だとか。
賛同者が増え、世論が持続して下さることを願ってやまない。

【2011.05.02 Monday 22:17】 author : いづな薫 
| | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415709
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中