大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 江感想 「家康の花嫁」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 家庭は電力会社の”カモ”である。 | main | ニコニコ生徹底討論 「原子力発電は必要か!?」 >>
江感想 「家康の花嫁」
 江の2番目の夫が出ていましたね。
秀吉の姉”とも”には、3人の息子がいた。
長男は、関白秀次。次男は江の2番目の夫になる秀勝である。
江と秀勝の結婚後、秀勝が朝鮮出兵で巨済島(コジェド、現・韓国)にて陣中病没してしまう。
夫亡き後、ふたりの間に生まれたのが完子(さだこ)。
茶々が引き取り、摂関家の九条幸家(くじょう ゆきいえ)に嫁いだ。

秀吉の妹、朝日は、家康に嫁いだ時44歳で夫がいた。
夫は、佐治日向守(切腹)とも、副田甚兵衛吉成(出奔、出家)とも言われる。
秀吉は、妹・朝日を嫁にやったが臣従しない家康。
今度は、母親の大政所を送り込む。これによって、家康が折れ、秀吉は全国制覇を一段と進めた。
秀吉と家康の陣羽織シーン、天地人でも見たばかりなので、さすがに飽きる。
家康は天地人より、こちらの方がいいが。
ちなみに、大政所とは関白の母を指し、北政所とは関白の正室を指す。

秀吉は関白になると、従った者に次々に官位を叙任推挙している。
家康が陣羽織をもらったのが1586年10月、1588年には後陽成天皇、聚楽第行幸を、迎え秀吉は絶頂期にあった。
関白への服従を誓う起請文を諸大名に出させ、全国制覇を成し遂げている。

黄金の茶室だの金だの、たくさん出てくるが、多くは越後産、うちのお屋形さまの金なんだよ〜。
久々の歴史記事。笑

原発問題ではまたいろいろ言いたいことがあるが、今仕事が終わったばかりなので(出張先)これにて失礼申し上げまする〜。

あ、22:55〜NHKで長友選手の特番があるので、見なければにゃらない。

【2011.05.09 Monday 22:26】 author : いづな薫 
| | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
ドラマでは
初が結婚したあと
茶々と秀吉は『できちゃった婚』になるのかな?
だから『江は諦めざるを得ない』とか…?
| 江 | 2011/05/10 11:07 AM |
江さま

コメントありがとうございます。

>茶々と秀吉は『できちゃった婚』になるのかな?
だから『江は諦めざるを得ない』とか…?

さあ、どうでしょう、笑。
関白の出来ちゃった結婚っておかしいですね。
| いづな薫 | 2011/05/10 9:18 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415716
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中