大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 江感想 「茶々の恋」 龍馬伝感想「遥かなるヌーヨーカ」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< ゆで空豆 &原発事故賠償 | main | 古河庭園 陸奥宗光邸宅跡 >>
江感想 「茶々の恋」 龍馬伝感想「遥かなるヌーヨーカ」
 北野大茶会について話す。
九州征伐を終えた秀吉は、京の北野(京都府上京区)で大茶会を催した。
茶の湯好きであれば、百姓、町人、武士身分を問わず、釜や茶碗を持ち寄り参加するよう命じた。
北野には、茶の湯座敷が800軒も建てられたと言う。
秀吉の茶の湯座敷では、堺の商人で当代一流の茶人、千利休、今井宗久、津田宗及(そうぎゅう)らが茶を立て、800人に振舞ったと言う。

しかし、天正15年(1587)10月1日から10日間で開催予定だったが、わずか1日で開催中止。
平定したはずの九州肥後が反乱を起こしたのである。

茶々がいつ、秀吉の側室になったかは定かではない。
初が京極高次に嫁いで、2年めに姉・茶々に鶴松が生まれている。鶴松は、2年後に亡くなる。
 
ドラマでは、茶々と秀吉の恋物語になっていますな。笑
秀吉自身が茶々と結ばれなくても、別の嫁ぎ先を用意して、茶々の幸せを願う。
ラブストーリー脚本としては悪くはないが、戦国舞台で恋愛が主流・・・安全保障や領国経営は大丈夫か。笑
そこらへんをもっと書くと戦国ものとして意味がある。そもそもアウェイのお話なので、これ以上は言わぬ。言うとなったら相手はNHKだが。

龍馬伝「遥かなるヌーヨーカー」良かったですね〜。あ〜私はやはり坂本龍馬が好き。笑
先日お亡くなりになった児玉清さんの追悼番組ですが、龍馬のお父さんと重なり涙モノ。
病を得てなお、末っ子龍馬の行く末を心配し、その将来を見たかった、と言う。
商いに強く気持ちの優しい龍馬を育んだ、慈父八平が印象的だった。

プチサッカー話題。6月のキリンカップ、香川君が出ない…

【2011.05.30 Monday 10:22】 author : いづな薫 
| | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
次回は、いきなり茶々ご懐妊ですね...

「福島原発へ放射能返品」
5/29[たかじんのそこまで言って委員会]に出演の武田邦彦さんをYouTubeでご覧下さい
お願いします(>人<)
| JIN | 2011/05/30 4:02 PM |
JINさま

コメントありがとうございます。
茶々次回子持ちですか。笑
武田さんyoutube、見てみます〜。
| いづな薫 | 2011/05/31 8:38 AM |
茶会

ドラマでも秀吉が、ご説明通りの内容で、茶会を終わらせた(早めに切り上げた?)と話していましたが
NHKの『江』サイト(江を読む)の説明では
定例の茶会になるはずが‥
公家や武家達には、自ら茶席を準備する事に経費がかかる為、不人気だった
その為、一度限りで終了
とありました
???
| 利休 | 2011/06/05 12:31 AM |
利休どの

コメントありがとうございます。
茶会をやめた理由はいくつも通説があります。文書もあります。
ドラマ中に使ったり、解説で補ったり、これまでの大河作品でも
使う手です。
北野大茶湯のお茶頭だった利休どのなら、深層をご存知なのではないですか。(^▽^)/
| いづな薫 | 2011/06/05 2:53 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415738
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中