大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 管降ろしに、大喜びしているのは、東電と原発推進派 その2 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 孫さん、菅首相、6/15エネシフ(エネルギーシフト勉強会) | main | ドイツとイタリアは、フランスに電気依存しているのか? >>
管降ろしに、大喜びしているのは、東電と原発推進派 その2
このままだと、日本は恐ろしいことになる。

先日、経産省の海江田大臣が、原発推進堅持を言い、再生エネルギーを押す首相への強い巻き返しが顕著になった。

再生可能エネルギー全量買取制度を成立できないまま、菅首相がやめたら、日本は
原発利権社会に後戻りである。


経産省は東電ともに、原発事故の戦犯である。

菅首相を下ろしたい本当の理由は、電力業界に真正面に切り込み発送電分離を言い出したからである。
現に海外メディアは、日本ほど菅首相の評価は低くない。

「首相はやめろ!」、と電力議員、電力業界に札束でひっぱたかれたメディアが言う。
買収メディアに乗せられた、国民までもが言う。
原発利権グループは、国民の首相バッシングを見て大喜びだろう。彼らは、電力改革をする菅さんがいなくなればいい。
震災対応、原発を苦に自殺者が出ようと、そんなことは”へ”とも思っていない。

かつて、「100年後、50年後に生まれる子供が全部片輪でも、原発はやるべき。」と講演会した敦賀市長、拍手喝采した後援者がいた。
最近の話だが、電力業界擁護の記事を書くと500万円もらえたそうだが、その後どうなったか。

次期首相に上がる、野田氏は、財務省と経産省の傀儡(かいらい)。仙谷氏は、昨年末の原発輸出関与あたりから、
原発に魂を売ってしまった人だ。
(管下ろしに懸命だった仙谷氏が、官房副長官を辞任する模様。)
大連立の話も上がっていたが、裏では、再生可能エネルギー全量買取制度の廃案化が進められた。

イタリアで原発凍結が決定したが、政治家もメディアも、イタリア国民の味方ではなかった。
国民が国民投票に関心を示さないようにし、投票に行かないように仕向けた。
しかし、国民は高い投票率で圧倒的多数で原発を否決した。
イタリアは電気料金が高い。それでも安全を選んで否決。ドイツも同様。

日本経団連は、再生可能エネルギーは電気料金が高いので国民のために良くない。と猛反発。
電力業界、経団連の反対理由は、原発利権を離したくないからである。

EUは大陸だから、電気が不足しても融通できる。と電力族が言う。
ニュージーランドは日本と同じ島国、でも電力は自由化。テレビでも紹介したが、消費者は13の電力会社から、地熱、風力などから自由に選べる。価格も、それぞれ違う。人口が少なく自然がいっぱいだから可能?
原発大国のフランスでさえ、平面でない丘にうねうねとした太陽光パネルを並べている。

再生可能エネルギーコストを下げるため、何としてでも全量買取制度を導入しないといけない。
この制度は、今後日本のエネルギー政策を左右する最重要法案である。
私は特定の政治家、例えば管首相の支持者ではない。しかし、法案成立はなんとしてでもやって欲しい。
この件に付き、私は首相に2回目のお手紙を書いた。

天然ガスでつないで、ぜひともエネルギーシフトさせたい。

弁護士グループや菅原文太さん、西田敏行さんが提唱する、原発国民投票も賛成である。
大阪の橋下知事提唱の、国民による「首相公選制」も良い。

最近、放射能がたまるホットスポットが、各地に見つかっている。
放射線量を細かく調べたら、倍量出た地域もある。
チェルノブイリ事故後発病が相次いだ白血病、がん、先天異常、これが日本で起きる可能性は十分ある。

それでも、電力業界は、靴底を減らして電力族議員のもとへ、陳情に来ているはずである。
私たちも負けずに政治に参加し、意見を言わなければならない。

今WEB新聞見たら、岡田幹事長、経団連米倉会長に「買取制度」協力要請と出てた

PS.インテルのレオ監督退任?でしょうか。長友選手を支えた監督、長友選手起用にも影響しそう。

【2011.06.16 Thursday 19:03】 author : いづな薫 
| 地震、原発 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
最近の国会議員は世襲・官僚・マスコミ関係・銀行などの金融機関・組合などの出身者がほとんどを占めていて、苦労人といわれる人が極端に少ない傾向にあります。
この様な傾向から、近頃の国会議員は全体の質が低下しているので、現場を見ようとしていないのでしょう。
また管首相を降ろしたがって、一斉に合唱していますが、管首相では東京電力の扱いが厳しくなるのではないかという ことも管降ろしの一因ではないでしょうか。
何といっても東京電力経営陣は自民党、組合は民主党の強力支持母体。
管首相は比較的関係が薄い市民活動出身。考えすぎでしょうか。
| 国会議員いらない | 2011/06/16 7:22 PM |
国会議員いらない様

貴重なコメントありがとうございます。
仰る通り、国会議員の質は低下していますね。
人の痛みが分からない所か、利権に群がり、放射線は体に良いとか、反(脱)原発は集団ヒステリーなんて言うんですもの。

>管首相では東京電力の扱いが厳しくなるのではないかという ことも管降ろしの一因ではないでしょうか。
何といっても東京電力経営陣は自民党、組合は民主党の強力支持母体。

そうなんです!とにかく利権組が、電力改革に手を出すのは許さないんでしょう。あらゆる権力、脅しを使っています。

>管首相は比較的関係が薄い市民活動出身。考えすぎでしょうか。

その通りでございます。私は、菅さんの他に、この重要不可欠な電力改革は難しいと思います。
| いづな薫 | 2011/06/16 7:46 PM |
管首相がひとつ々の行動に目を覆うばかりの不器用が見えるのは
致し方ない。ただたとえ唐突であろうがその“理念”が国民や人類に対して間違っているとは言えない。福島に住む私はその点にのみ注意を払う。
| 村井 淳 | 2011/07/08 9:44 AM |
村井様

コメントありがとうございます。
菅首相、いろいろありますが、方向性は間違っていないです。
管下ろしの一番の理由は、電力改革するから。
東電から金をもらっていない数少ない政治家ですから、菅さんにしか出来ないこともあります。
今日も経団連会長の異常なまでの管叩き、高い電気を買わされていながら、利権でどっぷりなので既得権を脅かされるのを恐れているのでしょう。
これは、既得権グループと既得権なしグループの戦いです。
| いづな薫 | 2011/07/11 7:07 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415756
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中