大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 心を整える。レビュー | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 菅首相は、原発利権グループの虎の尾を踏んだ。 | main | 関電猛暑設定、江感想 「人質秀忠」 >>
心を整える。レビュー


 長谷部キャプテンの「心を整える。」、読みました。
マコ様の56の守るべく習慣が書かれているが、私のお気にりは、以下です。数字は本にある56項の振り分けナンバー。

03 整理整頓は心の掃除につながる。
ドイツのことわざ「整理整頓は人生の半分である。」を引き合いに出し、掃除は心を晴れやかにすると仰る。
整理整頓は、生活や仕事に秩序や規律をもたらすとのこと。
ドイツ在住のマコ様、長く住むつもりはないとNumberで書いていらしたけれど、ドイツは彼にとって住みやすい地なのではないかなと思う。
整理整頓、いづなは自戒を込めてこの項目を選んだ。笑

14 苦しいことには真っ向から立ち向かう。
鬼軍曹で知られるマガト監督の練習はきつい。これだけ苦しい練習を乗り越えることが出来たら、怖いものがなくなるはずだ。

41 常に最悪を想定する。
パラグアイ戦でPKを決められ、ワールドカップ敗退が決まった瞬間のお話が載る。
常に、最悪を想定すべし。危機感を持つことで、自分の欠点と向き合う。
原発を抱えるすべての電力事業社に贈りたい言葉。

44  他人の失敗を、自分の教訓にする。
夜遊びして、たくさんお酒を飲んでいる選手ほど筋肉系の怪我をする確立が高い。
お酒を飲むと患部が充血して怪我の治りが悪く、古傷が悪化することあり。
成功するためには、自己管理の徹底とストイックであるべし。

54 感謝は自分の成長につながる。
感謝する能力はいくらでも伸ばせる。自分のためでもある。
自分が感謝の気持ちを忘れなければ、周りがポジティブなエネルギーをどんどんくれるはずだ。

56 笑顔の連鎖を巻き起こす。
僕がサッカーを愉しめば、見てくれる人も愉しんでくれる。人生を愉しむ連鎖を生みたい。

練習と試合のハードな毎日、大舞台でチームを率いて勝負しなければならない緊張感、人間が生涯で経験する多くの試練を、長谷部さんは凝縮して経験している。
試練と克服が多いほど、人間は独自の哲学を編み出すものだ。
乗り越えねばならないことが多ければ、頭も使うし、知恵も生まれる。
ビジネス書、自己啓発書としても参考になります。

加えて、マコ様の
ひとり温泉のススメも共感した。私も先日長野に行って来たばかりだ。早朝入る露天風呂がお気に入り
大きな判断をしなければならない時、また自分を癒し、次のエネルギーを充填するため、これはお勧めである。
人と上手くやっていくためにも、マコ様曰く身体と心のメンテナンスは大事だと思う。

マコ様、監督を目指されるそうですが、彼の管理能力、リーダー哲学がさらに熟成していくのが愉しみである。

【2011.06.20 Monday 20:22】 author : いづな薫 
| スポーツ関連 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いつな様の部屋や身の回りなど
整理整頓されてるのだろうと
思っております
| 鮎川 | 2011/06/20 10:02 PM |
鮎川さま

コメント嬉しゅうございます。お礼申し上げます。

>整理整頓されてるのだろうと思っております

片付け苦手です、時間がかかりますね・・・笑。
マコ様を見習います。
| いづな薫 | 2011/06/20 10:24 PM |
いづなさん、こんばんは。

「心を整える。」読まれたんですね。

そうそう。「一人温泉のススメ」、面白いなと思いました。
私にとっても、いろいろと勉強になる一冊でした。

| 晋作 | 2011/06/22 8:23 PM |
晋作さま

コメントありがとうございます。
晋作様お勧めの「心を整える。」読みました。笑

>「一人温泉のススメ」、面白いなと思いました。

友人のご両親が経営している旅館に何度か行ったんですが、ひとり温泉なんですけれど、知っている人がいっぱいです。笑
| いづな薫 | 2011/06/22 8:29 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415763
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中