大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 江感想「愛の嵐」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 素敵すぎるっ、香典のお返し。 | main | 朝の蜘蛛 >>
江感想「愛の嵐」
茶聖・千利休が秀吉の命により切腹したのは天正19年2月28日(1591年)ことである。
その日天候はあられ混じりの大荒れで、京の葭屋町(よしや)の利休屋敷は上杉景勝の軍勢3000に包囲されていた。

同年1月22日秀吉の弟、秀長が死去。
利休の良き理解者でもあった秀長が死んだのを前後して、大徳寺山門の利休木像事件が持ち上がる。
理解者を失った利休は、故郷堺で蟄居を命じられる。
利休の高弟であった細川忠興と古田織部に見送られたと言う。
数々の助命嘆願もかなわずまず大徳寺山門の木像が磔になり翌日の1591年2月26日、京に呼び戻され2日後切腹して果てた。
享年70。

さて、感想。
愛の兜出てた、出てたとあちこちの上杉勢からご一報いただく。
他のことしながら見ていたので、見逃した〜(T_T)
でも、愛の兜は嬉しいです。
千利休が切腹したのは、現在晴明神社の場所だが、利休屋敷の周りには上杉景勝や直江兼続の屋敷があり、現在、石碑が建っている。
現・晴明神社で戦国期利休屋敷だった場所は、平安時代はもちろん安倍晴明の住まいである。
晴明が念力で、井戸水を湧き出させ出来たのが、晴明井。

利休は、茶の湯にこの水を使用していただろう。
切腹の際、必要な水も、この井戸から得たのか。

病気平癒の信仰がある水である。

【2011.07.04 Monday 10:23】 author : いづな薫 
| | comments(20) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
なんと!!愛の兜出ましたかっっっ☆☆☆
見逃しました〜〜〜(というより何話も見て無かった^_^;)
再放送で見なくちゃ♪
そ〜ですか〜〜〜今回の大河には上杉勢の「う」の字も出ない?
と…すっかり油断してました。そんな素敵な見所があったとは★

昨夜の私ときたら…被災地三県を救って下さるハズの御大臣様の
暴言三昧に怒りと悲しみが止まず。。。
脅されたにも関わらず全貌を放送してくれた東北放送の勇気に拍手
する、、、という複雑な心境でおりました。
あのような思いやりのかけらも無い復興担当相が、本気で被災地の
未来を支援する財源確保してくれるのでしょうか。。。
取りあえず、、、もう2度と仙台に来るな〜!!と暴言返します。
あ★いづな様のブログでこんな書き込みすみません/(>_<)\

再放送で愛の兜探しして気持ちを修正します(涙)
| ともも | 2011/07/04 5:45 PM |
ともも様

コメントありがとうございます。
私も愛の兜のところを、見逃しました。笑
これから、五大老のひとりとして、上杉景勝公出るんじゃないですか。 政宗公もですね★
大臣の暴言、呆れました。 どうしてこう、バカばっかりなんでしょ。 暴言で有名な石原親子だけじゃなかった。
昨日昔の室町時代の記録を見ていたら、やはり政府の無為無策ぶりがの記録があります。
一方、助け合う民衆の様子も。いつの時代も同じです。
| いづな薫 | 2011/07/04 6:32 PM |
 いづな先生、失礼致します^^!


…嗚呼‥後ろ姿のみとはいえ、矢張り兼続殿の愛の兜の甲冑姿、まっこと美しく御座候…!

…ただ、今回は利休殿の最期の折の御話故、余りに切なくて候TT
 実は、下拙が母は表千家の茶道指南の免許を持っており、下拙もしばしば点てて貰い美味しく頂きながら、茶の心やその日常生活への応用などを教わって参りました故‥利休殿は言わば母の大先生であり、且つ下拙にとっても大大先生に御座候…!
それ故、天下人・秀吉殿の慢心が起こしたこの所業には、悲しみと共に憤りも覚え申し候…!
…しかし、そこへ至るまでの秀吉殿の激しい心の葛藤にも強く胸を打たれ申し候…TT

 ただ、誠に優しく清々しき"板上波乗り男"(サーファー系・笑)・秀勝殿とお江殿の愛を育むシーン、利休殿の切腹後の劇中の悲しき空気を拭うには十分なるものであり、下拙も無事に笑顔を取り戻し申し候^^

 いづな先生、梅雨も進み、段々と夏が近付いて暑くなり行く今日この頃に御座いますが、季節の変わり目には体調管理が重要です。
故に、どうか無理などし過ぎず御体を大切になさり、大変面白き御話を下拙共にアップし続けて頂き度候!
では^^!


−次郎左右衛門−
| 次郎左右衛門 | 2011/07/04 9:51 PM |
次郎左右衛門先生

コメント感謝いたします。
後ろ姿の兼続でしたか。
利休の死は残念ですね。
未だに死に臨んでの彼の心中は憶測されていますが。
 お母様、表千家のお茶道の先生ですか。素晴らしいです。私もぜひ習いたいです。
お母様とお茶を点ててる次郎左右衛門先生もさすがでございます。
利休さまはお母様の師なのですね。
そう考えると長く伝えられて来た茶道の重みを感じ入ります。
 サーファー秀勝(笑)&江は微笑ましかったです。
 蒸し暑い毎日、次郎左右衛門先生もお体おいとい下さい。
いづなをご心配いただき感謝申し上げます。
| いづな薫 | 2011/07/04 11:10 PM |
土曜日の再放送で観てね
\(^_-)☆
| 影丸 | 2011/07/05 5:58 PM |
影丸様

コメントありがとうございます。
そういう手がありましたね。(v^ー°)
| いづな薫 | 2011/07/05 6:12 PM |
「江」〜見ましたぁ(^O^)/

懸り乱れ龍の旗に
思わず「おおぉ〜!」‥と叫んでしまいましたわ(^^ゞ

景勝サマ‥お出になりますかな?!


お祭りが7/4に締め切りましたので‥

抽選で‥どの隊に配属されるか?
ドキドキです



| ム〜ン | 2011/07/05 11:00 PM |
ム〜ン様

お越し下さり嬉しいですわん。
懸り乱龍出たんですか・・・文人利休の屋敷を上杉総攻撃するつもりかいな。笑
テキト―な所が如何にも江ですね。爆
祭り抽選、良いポジションが当たるよう祈念しておりますぞ!!
| いづな薫 | 2011/07/06 9:12 AM |
どうして利休を見張るだけで、直江達はあんな戦の格好してたのですか?
見張っている者達が誰か直ぐに判るように、あえて戦の格好の設定にしたのでしょうか?
| 虎 | 2011/07/06 10:22 AM |
虎さま

コメントありがとうございます。
虎さま仰るごとく、誰だかすぐ分かるようにでしょうね。
ドラマは史実再現ではありませんので、視聴者が分かりやすいことが優先されます。
それと江が、利休邸に忍び込んだのでしたっけ?
大変な包囲網を潜り抜けたと言う意味もあったはずです。
天地人の時、直江は利休説得に当たっていたので、その時に合わせいろいろ作り変えていますね〜。
| いづな薫 | 2011/07/06 8:50 PM |
いずな様私は江脱落しました!
秀吉の描き方がひどすぎでしたので。
龍馬伝は三回はみてから、いずな様のブログ必ず読みました。
龍馬が良かったです。
| ゆみちゃん | 2011/09/09 11:54 PM |
ゆみちゃん様

コメントありがとうございます。
江脱落でいいんじじゃないですか。笑
早く、坂の上の雲、平清盛の季節にならないかなと思っています。
龍馬伝、楽しかったですね〜。

>いずな様のブログ必ず読みました。

ありがとうございます!
坂本龍馬、私も大好きです。
| いづな薫 | 2011/09/10 10:41 AM |
お返事いただきまして、ありがとうございます。
坂の上の雲は再放送見ました。俳優さん達が素晴らしいですね。
私の叔父(母の長兄)が海軍で戦死してまして、水兵さんの姿の
写真が残ってます。歴史を知らないと今の世の中の事を理解することはできないですね。12月になったら、いずな様の楽しい 感想ブログがまた読めると思うと、とてもうれしいです。
| ゆみちゃん | 2011/09/13 5:55 PM |
ゆみちゃん様

こちらこそ、またご覧いただき感謝しております。
坂の上の雲、いいですよね。
昨年は弥太郎のしぶとさと、子規の懸命に生きる姿に、香川さん大活躍でしたね。笑
おじ様、海軍で戦死なさったのですか。靖国にお参りしましたが、おじ様の御霊もいらしたのですね。
祖母の話ですが、近所から特攻隊になった青年がいて、その方も帰っては来なかったそうです。
多くの犠牲の上に、今があるのを忘れないようにしないといけません。

>12月になったら、いずな様の楽しい 感想ブログがまた読めると思うと、とてもうれしいです。

書き手冥利に尽きます。ゆみちゃん様に心より感謝します。
秋山真之の予告を見る度、楽しみでなりません。
広瀬役の俳優さん、来年の大河に出演されますね。
| いづな薫 | 2011/09/13 8:53 PM |
私も広瀬役の俳優さんかっこいいなと思いました!
大河に出られるのですか。それは楽しみ。
靖国は何年か前に行きました。龍馬さん達幕末の志士も
祀られてる事を初めて知りました。
靖国は、なんていうか空気が違いますね。鳥居をくぐった瞬間
に感じました。戦艦むつの名簿に叔父の名前がありましたよ。
| ゆみちゃん | 2011/09/14 6:46 PM |
ゆみちゃん様

おおっ広瀬ファンですか!?
多いんですよ、広瀬ファン〜。
私が靖国・遊就館に行ったのも、亡くなった時広瀬の血痕の付いた帽子を拝見したかったのです。
その時展示してありませんでしたが。
幕末志士も祀られていますね。
おじ様のお名前がありましたか。
ゆみちゃん様のコメント、何とも荘厳な気持ちになりました。
二度と戦争が起きない様に願います。合掌。
| いづな薫 | 2011/09/14 8:31 PM |
11.15行きました!念願かなって龍馬祭に!霊山護国神社と龍馬さんたちのお墓参り。酢屋さんと池田屋あと伏見の寺田屋も!
日帰りしましたよ根性で。とっても充実してました。
霊山の近くの高台院でねねさんのお墓参り
秀吉さんはエロおやじではないですから、さるよばわりするな!
です。
あと家族で佐世保に行ったのですが、海上自衛隊の広報官で、
広瀬さんの功績詳しく展示されてましたよ。昔の方の書は本当に
すばらしい。むつの艦内新聞とかぶ厚い内容でびっくりしました。行かないとわからない事いっぱいありますね。
また京都は一時間ちょっとで行けるので行きたいと思います。


| ゆみちゃん | 2011/11/22 6:30 PM |
ゆみちゃん様

お越しいただき、大変嬉しいです、ありがとうございます。
龍馬祭にいらっしゃったのですね。
京都まで一時間ちょいとは、良い場所にお住まいでうらやましいです。
誕生日で命日ですものね。
酢屋さんのお椀は私と家族の愛用品です。
池田屋は今もゲーセン?笑
寺田屋は風情がありますね。
高台寺もいいですよね。御霊屋の下に今もねねが眠っています。
小袖や風呂桶から察するにねねは小柄な人で、あの渡り廊下を日々歩いたと思うと感慨深いです。
ご家族で佐世保を旅されたのですね。
広瀬〜先日「坂の上の雲」再放送でまた見てしまい、うるうる〜。
旅順閉塞作戦も大変でしたが、そのあとの旅順総攻撃で日本はとんでもない目に遭いますね。
今年も、心してドラマを見たいと思います。
| いづな薫 | 2011/11/22 7:06 PM |
池田屋は居酒屋さんでした。
酢屋には14時頃行ったのですが、スーツ姿の数人の男性がいて
おかみと話している方が、オーラがすごいし、イケメンだし、
誰なんだろうと黒塗りの車で去られてからおかみに尋ねましたら
なんと!高知県知事さんでした。
いよいよですね、坂の上の雲。絶対に見ます。
| ゆみちゃん | 2011/11/22 10:38 PM |
ゆみちゃん様

お返事いただき、嬉しいです。
居酒屋ですか。私の聞き間違いだったかもしれません、笑。
酢屋さんは、江戸時代から土佐藩御用達の材木商ですね。
龍馬の命日で、今でも知事さんたちもご縁があるのでしょう。
坂の上の雲、NHKのHPで予告が見られますね。
平清盛の動画もあります、源義朝と競べ馬するシーンがかっこいいです。
| いづな薫 | 2011/11/23 8:41 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415780
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中