大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 ギリシャ展 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 首都圏もチェルノブイリ並みに汚染 | main | 「日本中枢の崩壊」 感想 >>
ギリシャ展


 大英博物館の古代ギリシャ展(上野)を、見て参りました。

彫像を見るたび、2000年前の古代ギリシャ人はこんな顔立ちかと見入る。
古代ギリシャ人は、人体を美の極地と考えていた。
極地と考える余り、スポーツの一瞬をとらえても、実際のスポーツ原理とはかけ離れたものになることがあった。

例えば、本邦初公開、「円盤投げ」。
美術の本でもおなじみ。
元はBC5世紀のミュロンの作品だが、現存せずローマ時代のディスコボロスのレプリカ。
ギリシャ彫刻大好きだった、ローマのハドリアヌス帝の別荘跡から18世紀に発見される。
理想の投げ方に見えるが、実は美術上デザインされたフォーム。
このフォームで投げても、円盤は上手く飛ばないそうな。
実際、1896年の第1回近代オリンピックでギリシャ選手がこのフォームで投げたが、あえなく失敗。
綺麗に見せるけれど、実世界とは違うのがギリシャ彫刻の特徴でもある。

彫刻の題材にもなっているギリシャの神々は、ちょっと悪い。
人間を越えた力を持っていながら、泥棒したり、体の不自由なわが子を捨てたり、浮気したりする。
模範的とは言えない。

だからこそ、人間の理想像こそ、神にふさわしいと考えた。
スポーツの技を競うオリンピック。ギリシャのオリンポスで、オリンピックが始まったのは、紀元前776年。
今のオリンピックやサッカーでも思うが、鍛え抜かれた体が躍動する美しさは、まさに神々しい。
震災避難所を見舞った砲丸投げの室伏選手なぞは、”生けるギリシャ彫刻”のようだ。

紀元前4世紀のアレクサンドロス大王の東方遠征の時に、アジアにギリシャ風彫刻がアジアに伝播したと言われる。
仏像の中にギリシャ風の顔立ちが現れるのは、それからである。

【2011.08.14 Sunday 09:12】 author : いづな薫 
| 古代史 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
肉体の美

ボディービルもこういうところから始まったのかな(笑)f^_^;


サンデースポーツ

今夜22時からのサンデースポーツに、いづなさんの大好きな長谷部や香川が...
俺も好きな選手です(o^-’)b

もし俺が女性だったら長谷部選手とつき合いたいかも(笑);^_^
| 福丘雅治 | 2011/08/14 1:26 PM |
福丘雅治さま

コメントいただき、嬉しいです〜。
ボディービルの起源はどこでしょうね。笑

サンデースポーツ、見ました。情報ありがとうございます。
長谷部選手、良いですよね。主将になるべくしてなったような方です。
将来はご本人の願いどおり、監督になるんじゃないかと思います。
番組内容、75年前の日本サッカー選手、ベルリンで観客を沸かせ、日本サッカーを広めた後、彼らを待っていたのは戦争。
戦死した彼らと同年代の長谷部選手が、語る所に命の重み、繰り返してはならぬ惨禍を想いました。
| いづな薫 | 2011/08/15 9:11 AM |
過去記事、お邪魔します。

仏教はもともと偶像崇拝を禁止していて、釈迦の像ではなくて、足跡とか抽象化したものを拝んでいたのが、ヘレニズム文化に触れたことで具象化された「仏像」が生まれた、と、むかーし昔の仏教美術の講義で聴いた記憶があります。
そのころの仏像は脇侍にヘラクレスがいたり、面白いんですよねw

仏像誕生の地ガンダーラは今のパキスタンからアフガニスタンにかけての地域なのですが、一体いつになったら行けることやら。

| じゃいらーん | 2011/08/26 10:44 PM |
じゃいらーん様

こちらもコメント下さり感謝します。

>仏教はもともと偶像崇拝を禁止していて、釈迦の像ではなくて、足跡とか抽象化したものを拝んでいたのが

偶像としての仏様が出現したのが、アジャンタ石窟からです。
日本への仏教伝来の200年前です。
飛鳥時代後半、レリーフ状のせん仏を作るようになりました。
川原寺などから盛んに出ており、焼けてしまっていますが、頭はコバルトブルー五色彩色がされていました。
X線でのスキャナ透視も行われており、興味深いです。

>仏像誕生の地ガンダーラは今のパキスタンからアフガニスタンにかけての地域なのですが、一体いつになったら行けることやら。

タリバンさんが、どかんとやってしまっていますね。
専門外ですが、私も関心があります。
| いづな薫 | 2011/08/27 1:37 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415791
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中