大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 サッカー女子W杯、日本優勝! | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< サッカーなでしこJAPAN 決勝へ | main | 古賀茂明さん >>
サッカー女子W杯、日本優勝!
今朝、未明の試合見ました。夢のような嬉しい現実。
その後、ドイツの新聞をぐるっと見て来たら、ナイフを持った寿司職人だの、日本のタイトルへの夢の旅、ドラマティックな決勝戦との報道でした。

久々の日本の明るいニュースに、沸き立つ思いだ。
再放送が、今夜19:00〜BS1でまたあるそうなので、見逃した方はぜひ。
22日(金) 18:00〜 BS1で「なでしこジャパン特集」 選手・監督と共に試合を振り返るそうです。

1点先制され、1点返し、延長戦でまた入れられ、試合終わる3分前にまた1点返す。
PKを1−3で制し、日本初優勝。
泣けます〜。
タコも当てたんですよね。ドイツの水族館のタコ7匹で占い4匹が日本が勝つと、予測。
築地でもタコ占いしていて、やはり日本が勝つという結果。

強豪ドイツとアメリカに初めて勝ち、瞬く間に頂点に駆け上がった、なでしこJAPAN。
国際サッカー連盟(FIFA)主催大会で日本が優勝したのは、男女を通じて初めてとか。
大変な偉業ですね。日本スポーツ界の金字塔が打ち立てられました。

 澤主将、素晴らしいね〜大会MVPと得点王。
サムライブルー遠藤選手に似た、ゆるゆるでも確実に決めてくるFKの宮間選手が、面白い。
佐々木則夫監督、「粘り強くやってくれた。小さな娘たちが粘り強くよくやってくれた」と、称える。

小さな国の小さな女性たちは、世界の戦いの中で、強い、強い。
心から祝福したい。


【2011.07.18 Monday 11:47】 author : いづな薫 
| スポーツ関連 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
決意、覚悟、忍耐力、粘り。。。最近、女子から教えられる事が多&#8203;い。
がんばらねば男!
| 高本克也 | 2011/07/19 1:11 AM |
感涙止まずです\(T▽T)/
最初から最後までリアルタイムで胃が痛くなる緊迫感に耐えながら、
TVかじりついてて良かった〜♪
見てる側の私は2度諦めたのに(猛省)なでしこJAPANは笑顔で最後まで
諦めなかった〜凄い!!!諦めない強さ、実感しました!!!
諦めないってカッコイイ!(^^)!
澤選手の「辛い時は私の背中を見なさい!」にも感銘を受けたけど、
試合終了後の監督コメントには涙腺壊れました。
御二人とも異なったリーダーシップだけど素晴らし過ぎる〜
仲間を信じ思いやるチームワークの素晴らしさや各選手の心意気も拍手!
全然恵まれた状況でない選手生活から掴んだこの栄光、どうか国を挙げて
彼女たちの栄光を一過性のものにせず、強力なサポート願ってます!
大和撫子は最高・最強〜〜〜!!!
| ともも | 2011/07/19 10:16 AM |
高本克也さま

コメント嬉しいです。ありがとうございます。
なでしこJAPAN、先制されても何度でも試合を覆す試合運び、世界中を驚かせましたね。
日本男子も素晴らしいですよ。いづなはそう思います。
| いづな薫 | 2011/07/19 6:50 PM |
ともも様

お世話になっております。
凄かったですね〜。
アメリカに2点目が入った時、正直もう寝ようかと思いました。笑
試合終了3分前、澤さんの驚異的なゴールで目が覚め、正座して見ることに。笑

PK戦の前のエンジンで、みんな笑顔なのが凄いと思いました。

>諦めない強さ、実感しました!!!

私もそう思います。
何事もあきらめた時、失敗が始まると常々自分に言い聞かせています。

>澤選手の「辛い時は私の背中を見なさい!」にも感銘を受けたけど、

ひゅ〜かっこいいー。付いて行きます、笑。
正直こんなに早く、日本のブルーユニホームをW杯優勝の会場で見られたことに驚いています。
これからは追われる立場、ぜひとも応援したいです。
| いづな薫 | 2011/07/19 6:58 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415796
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中