大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 野田新代表、首相へ | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 馬塚古跡(うまづかこせき)〜謙信公愛馬の墓〜 | main | ドイツ国営放送ZDF >>
野田新代表、首相へ
財務省傀儡の野田氏と経産省傀儡の海江田氏、どっちもいやだなと思っていたが、海江田氏にするくらいなら、まだ野田氏の方が、寸分ましか・・・。
マスコミが仰ぎたてた前原氏が案外伸びなかったのが、救い。
前原氏は、2006年ガセネタにひっかかった偽メール問題(野田もだが)、昨今記事になった、
国民には能力がないから国民投票反対、首相どころか政治家しての資質を疑う。

しかし、野田首相になれば、東電ゾンビスキーム(延命策)は続行、増税、原発再稼動に力が入る。
北海道電力泊原発稼動後、プルサーマルやらせメール問題が発覚している。
これに対し、北海道在住の弁護士や研究者ら1000人以上が原告団となり、原発廃炉訴訟の準備を始めている。
泊原発で大事故が起きたら、北海道の農業も酪農も壊滅、大都市札幌だって甚大な被害を被るだろう。
青森の泳ぐ宝石、大間のマグロだって危ない。
泊原発再稼動に関しては海江田経産相、道庁、利権ずぶずぶの高橋はるみ知事に意見を書いたが、この先も知事リコール請求などで、何か書くかもしれない。

野田新首相の連絡先も、調べた。
欧州に比して思うのが、日本はトップダウン式でなく、民意を政治家が吸い上げるボトムアップ式にならないとダメだ。
国民も闊達に意見を言い、地元政治家を市民の手で育てることが重要である。
野田氏が、復興を推進し、電力会社と経産省伏魔伝に切り込むのか否か、1年後の総選挙まで正念場だ。
出来なければ、民主党を下野させねばならない。自民党もいやだが。

本日の民主党代表選挙1回目の後、NHKが「馬渕陣営では もし決選投票になったら海江田氏以外に投票確認。」、と言った。
しかし、正しくは「増税ではない政策が近い海江田陣営に投票と確認した。」と訂正したらしい。
簡易ミスとは言え、間違いでした、で済む問題でもない。

話し変わるが、今朝方、三菱電機から「太陽光発電パネル買いませんか?」の電話があった。
いづな「購入するとしても、原発推進の御社からは買いません。」
他の原発推進、東芝、日立から掛かって来ても同様に答えるつもり。
6000億も投資して力の入れ方が違う、東芝はなおのこと。

【2011.08.29 Monday 20:28】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
今回の民主党代表に誰になって欲しがったですか?



今の日本の総理に、誰がふさわしいと思いますか?
| 風車 | 2011/08/30 3:36 PM |
風車さま

コメントありがとうございます。

>今回の民主党代表に誰になって欲しかったですか?

馬淵さん。今回の5人の中ではこの人です。
海江田氏と前原氏は問題外です。



| いづな薫 | 2011/08/30 7:07 PM |
原発推進派の馬渕氏ですか。。。

この中では一番紳士的な人かもしれませんね
建築関係の知識は議員の中では一番ですが


| 風車 | 2011/08/31 3:21 PM |
風車さま

コメントありがとうございます。
馬淵氏は、原発に関し候補5人の中では1番慎重派ですよ。
電力系献金がなく、東電法的整理を言及しています。
彼のブログの2011年8月27日に、決意文と政権政策が載っていて、その中に脱原発依存が明記されています。
5人が立候補後、言うことがごちゃごちゃ変わりました。
整理すると、前原氏は3.11後も原発輸出したことを自負し、海江田氏は経産省代理店状態、野田氏も稼動に積極的、鹿野氏は基準の甘い放射性物質を含む汚泥肥料を、放射能が降っていない地域、全国に流通させてしまっています。
| いづな薫 | 2011/08/31 8:33 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415826
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中