大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 鉢呂氏辞任 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< プルトニウムが東京にも | main | 経産大臣は枝野さん >>
鉢呂氏辞任

 全く不可解な辞任劇である。
菅さんが浜岡原発を止め、電力会社、政治家、財界、官僚から凄まじい反発をくらい四面楚歌になった時とよく似ている。

 あの時も、復興はどうなっているんだと言い、今回も被災地へ配慮のない発言とされ、とにかく毎回被災者、被災地を人質に取る。
 国民は、そう言われれば納得する人も多いからだ。
しかし、裏で別のことが動いていると気付いている国民も多いのだ。

今回の「放射能つけちゃうぞ」問題も、鉢呂氏はそう言っていないと発言している。
たいだい、なぜ言われた方の記者が出てこないのだ?!
防護服の袖をつけたと言うが、記者の前に現れる時は、厳重な除染がなされる。
言葉狩り、揚げ足取りで、新聞一面に書き、マスコミが寄ってたかって辞任に追い込んでいる。

鉢呂氏は辞任を申し出たが、辞任する必要はなかったと考える。
子供じみた言葉のやり取りで足をすくわれ、本来の仕事を投げ出して欲しくなかった。
経産相になり、脱原発を言うのは、よほどの胆力と覚悟が必要なのはわかっていたはずだ。
記者会見を見る限り、鉢呂氏は誠実そうに見える。
脱原発派で経産相になるなら、よほど心臓に毛の生えた人物でないと勤まるまい。

鉢呂氏、「原発ゼロ」を言い、原発新規立地はしない、耐用年数が来たら廃炉にするとした。
「経産省のガンである幹部の異動、人事刷新を考えていた
」と、脱原発派衆議院議員・河野太郎さんのブログに書かれている。
http://www.taro.org/2011/09/post-1083.php

別情報では、経産省の審議委員会に、「原発反対派を半分入れよ。」と鉢呂氏は指示したそうだ。

鉢呂氏の辞任会見も見た。
記者が質問時名前も名乗らず大臣を「あんた」呼ばわりし、「何を言って不審を抱かせたか説明しろって言ってんだよ!!」怒鳴りつける。
鉢呂氏辞任記者会見 15分30秒あたりから。
http://www.ustream.tv/recorded/17181959

別記者 「そんなやくざ言葉やめなさいよ。記者でしょう。品位を持って質問してくださいよ」

鉢呂氏「大変すみません、私は精一杯話してるおるつもりで、ご理解をいただきたいと思います」

別記者 「敬意を持って質問しなさい。恥ずかしいよ。君はどこの記者だ!?」と怒られる。
この叱った記者はもしかして、ジャーナリスト田中龍作氏か?
会見室で高笑いする記者たち、記者を叱った様子が、田中龍作氏の記事に書かれている。
http://tanakaryusaku.jp/2011/09/0002887

鉢呂氏を不適切発言だと書き立てる記者が、暴言で怒鳴り散らし言語道断。
原発推進大手マスコミ記者の記事は、報道ではなく、原発擁護広告になっているものも多い。
この連中が、特権意識を持っていると言うのだから聞いて呆れる。

菅さんや鉢呂さんの辞任で分かるように、一大臣が刷新できるほど、経産省や電力改革は甘くない。
原発、電力問題を改革できるのは、国民しかいない。
国民投票実現させるでもいい、電力族議員を選挙で落とすでもいい、とにかく国民の力で、電力改革を推し進めなければならない。

国民投票を実現させる、署名フォームです。

http://kokumintohyo.com/apply_form


古賀茂明さんが、日本は臨終寸前まで進む、と仰っていた。
それは、大地震が起きない場合である。
地震が、活断層の上にある原発を壊したら、日本は臨終すると言う事だ。


PS.なでしこ五輪予選今夜8時応援します


【2011.09.11 Sunday 11:17】 author : いづな薫 
| 地震、原発 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
全く…震災から半年&同時多発テロ事件から10年の節目を目前にした
前日に辞任騒動。。。なんなんだこの胡散臭い茶番劇は〜と溜息★
記者クラブも経産省内部と同じ伏魔殿ってことですか★

ツイッターで色々見てた友人曰く…どこぞの記者が
「大臣(作業着着用)まだ着替えてないんですか?」
元大臣「今帰ったばかりだからそんな時間はない」
「じゃあ、放射能ついたままじゃないですかぁ〜」(←バカ記者か?)
元大臣(怒った口調でその記者寄り)「それがどうした!つけてやろうか!」
という、真実は相手側の無礼に対しての発言だと明かしているツイッター
を見たと言っていました。
藤村修官房長官は経緯を検証し、今後のメディア対応も検討する意向を
示しているとニュース出てましたね〜〜〜ツイッターネタは真実の様子★

あまりの記者の馬鹿馬鹿しいゴシップ記者のような誘導発言に怒りの
うっかり怒りの発言かしら…あぁ、、、勿体無い。(いろんな意味で)
私の周りでは松本某氏の時と違って慎重な意見が多かったことが救いです。
大臣就任前から原発問題で福島に何度もいらして奔走してましたから…
なんだかスッキリしませんが〜〜〜〜
なでしこ1位通過でちょっと気持ちが浮上しました(苦笑)
もうもう、、、足の引っ張り合いは勘弁して〜〜〜〜進む物も進まない!
| ともも | 2011/09/12 12:38 AM |
ともも様

お待ちしておりました!

>記者クラブも経産省内部と同じ伏魔殿ってことですか★

仰るとおりです!悪名高い記者クラブ。
原発に懐疑的な質問をした記者を、他記者が怒鳴り散らしたなんて事も。
電力会社がスポンサーのメディアなんて、所詮電力広報部です。
真実は伝えません。
私もご指摘のツイッター、見ております。
この情報、ソースがはっきりしないのですよね。
何か分かったら、お教え下さい。

>藤村修官房長官は経緯を検証し、今後のメディア対応も検討する意向を示している

はい。おそらくは、報道とは違うのでしょう。
ともも様のコメントにあるように馬鹿馬鹿しいゴシップの可能性がある。
記事にすべき所ではない会話を取り上げ、(しかも誘導で)大げさに書きたてたとしたら、メディアには責任とって頂きたいです。
鉢呂さんも簡単にやめないで欲しかったです。
鉢呂さんは福島の尽力者、学校1マイクロシーベルトを0,5マイクロシーベルト周辺を1マイクロシーベルト以下に提言した人ですね。
この人を追い落とした人間は、責任取らないといけないです。

なでしこ、1位で予選通過めでたしめでたし。
| いづな薫 | 2011/09/12 9:27 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415834
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中