大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 鉢呂氏辞任の真相 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 南仏原子炉で爆発、放射能漏れか | main | 古賀茂明さん辞表撤回。 >>
鉢呂氏辞任の真相
やっぱりね、と言うような真相が出て来つつある。
鉢呂氏が、「放射能つけちゃうぞ」で辞任に追い込まれた問題である。
この記事の第一報は、フジテレビだった。
しかし、不可解なことに、放射能を言ったと記者たちが主張する現場に、フジテレビ記者はいなかった。
他の記者から聞き書きの場合、裏が取れていないので、第一報など恐ろしくて出来ないのが普通である。

そして、同じ頃、鉢呂元大臣は、経産省に大ナタを振るう直前だったのである。
以下の記事をご覧いただきたい。
現代ビジネス ”原発村を揺るがす、「原発エネルギー政策見直し人事」の発表寸前だった。”
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/19475

経産省の中には、総合資源エネルギー調査会と言う、法律に基づく会議がある。
政府にもエネルギー・環境会議と言うのがあるが、法律に基づかない。
どちらが重要か 当然、法律効力のある前者である。
委員15人のうち12人が原発賛成派、残り3人が反対派である。

これを「原発反対派を半分にして欲しい。」と鉢呂さんは言った。

経産省役人は、「分かりました。」とその場では、答えたそうだ。

前原誠司氏が、先日、自分は面従腹背だったと言っていた。
面従腹背が得意なのは、官僚も政治家同じだ。

鉢呂さんは、「経産省に追い落とされたのか」の質問に、「憶測で発言したくない」、と答えている。
しかし、辞任が失言問題にないことはおおよそ推測が付く。

だから、「放射能つけた」と言われた記者は出て来ないのだ。
鉢呂さんが放射能発言をした覚えがないと言えば、自分が言ったことも覚えていないのか、と追求する声がある。
しかし、鉢呂さんより、取材のプロである記者が、大臣の発言をしっかりと覚えていない方がおかしいのだ。

「放射能をうつしてやる」(産経) 「放射能つけちゃうぞ」(時事) 「放射能をつけたぞ」(朝日、毎日)
「ほら、放射能」(読売)

鉢呂さんが、本当は何と言ったのかも分からない。

失言問題で時間取っているヒマが合ったら、復興を何とかしろ、と原発推進者は言うかもしない。
しかし、失言問題で片付けるのは、あまりに不可解すぎる。
「知恵を出さない奴は助けない。B型だから短絡的な所がある。」の松本龍・前復興担当相の失言とは、重要度が違う。

脱原発を唱えれば、国民の代表である政治家を大臣の座を引き摺り下ろす。

菅さんと同じくらい、電力会社に不快感を持っていると言われる新経産大臣枝野氏、
「日本の経済成長は今後大きく伸びない。」を持論とし、東電に金を貸した銀行に踏み込む発言している。

もの作りで言えば、高度経済成長時代のような発展途上的成長は、現在の中国、アジアに代表されるような人件費が安い時代のものである。
今後日本は、日本ブランドを強く押し出し、高くてよい品を売らなければ、生き残りはない。
東電はすぐに電力料金値上げを言い、お客様である一般消費者からむしりとろうとするが、
責任の順番から言えば、東電に金を貸した銀行と株主が、一般消費者より先である。
そして、東電役員社員の報酬より、被害者の賠償が先である。

この至極当たり前の論理を枝野さんが主張した場合、枝野氏も、鉢呂氏同様身辺に気をつけなければならないだろう。
枝野氏は原発再稼動容認で、この点鉢呂氏の方が良かったが、枝野さんも潰されないようにやってもらいたい。

東電が今度は、原発稼動しなければ15%の値上げ、稼動すれば4年後10%値下げ、と言い出した。
社員の賞与は、もとの水準に戻すとのこと。潰れておかしくない会社にボーナスがあることが不思議だ。

毎度毎度、いろんな脅しを考えて来る。笑
お客様を脅す会社と言うのは、世界的に珍しい。笑

15%値上げし、4年目から10%値引きする。
結局の所、一般消費者は5%値上げしておいて、社員賞与は元通りと言うことだ。

総括原価方式はもうやめて、電力会社も普通の企業と同様、競争させた方がいい。
総括原価方式:電力会社が原発などで、どんなに高額なコストがかかろうと電気料金に転嫁し、
その上、儲けの金額まで保証する。
絶対に赤字にならず、企業努力も必要ないふざけたシステム。

さらに、東電は、原価(人件費、燃料費、修繕費など)を過大し、電気料金をわざと高くしていると批判されている。
しかも、原発稼動しても、事故に伴う損害賠償でさらに16%値上げ、将来の事故補償保険、廃棄物処理費用など、どんどん電気料金に上乗せされるだろう。

国民も情報を見極め、意見を言わないといけない。

【2011.09.14 Wednesday 19:48】 author : いづな薫 
| 地震、原発 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
こんばんは、二度目の投稿です。先日のホットパーティクルの情報は大変恐ろしい話です。学生時代は東京で過ごしたので、大切な友人もたくさんいるのに… こんな致命的な大事故を起こしておいて、値上げとか原発再稼働とか、全くどういうつもりでしょう?
全国の電力会社はどこも皆、同じような体質だと思います。こないだ、電力会社勤務の同級生と話したのですが、「東電の事故は私には関係ない話。3年前から育休をとり、現在2人目。最長3年で復帰なので、もっと子供を生んであと10年は育休取り続けてやる。仕事意欲は全くないので、籍だけ置いておく」と。びっくりするような哀しい発言でした。公務員の友人知人にもこういう人、沢山います。その職に就くまでには沢山の努力をし、難関を突破したのでしょうが、一度安住の座を手に入れてしまえば、他人の痛みなど忘れて、利権にしがみつき、それを死守することが最大の関心事となる。最初はみな純粋だったはずなのに…個人というより、それを容認するシステムの問題ですよね。古賀さんもおっしゃっていました。「同じシステムを永く続けると、悪い物もどんどんたまっていく」と。今の日本人に必要なのは、変わる勇気です。
実は私、「頑張ろう、東北!」という合言葉がキライです…どんな方向に頑張るのか?国の方針事態が曖昧じゃないですか。 「変えよう、日本!」とかの方がまだいいな。
| はっち | 2011/09/14 10:21 PM |
はっち様

コメント嬉しいです。感謝申し上げます。

>ホットパーティクルの情報は大変恐ろしい話です。学生時代は東京で過ごしたので、大切な友人もたくさんいるのに…

データが出たのが東京と米シアトルと言うだけで、シアトル間で飛散していると言うことは、かなりの地域でかぶっていると言う事でしょう。
遠いアメリカで、東京の2分の1出ているのですから。
東電の賞与を戻す、第三者委員会は難色示したようですね。当たり前ですが。
社員にも生活があるという人もいますが、被災者は生活を失くしているのに、ボーナスがあること自体不思議です。

>全国の電力会社はどこも皆、同じような体質だと思います。

はい。やらせメール問題もいくらでも出てきます。
同級生のお話、この方は自分のことしか考えていないのでしょう。
たぶん、本当に自分のことだけです。厳しい事を申し上げますと、自分の子供ことすら考えていません。
やがて子供世代にのしかかって来る莫大な事故補償保険&廃炉費用など、そして健康被害もあるかもしれないのです。

古賀さんを始めとする改革派の人たち共通することは、自分のことはさておいて、この国を変えようとする強い意志と良心です。

頑張ろう東北、のフレーズ、東北はすでに十分頑張っていますからね。
原発推進して来た人たちに、変われと言ってもなかなか難しいと思います。
電気料金は値上げするけれど、賞与は元に戻すと言っている位ですから。
議員に直接意見を言う。国民投票を実現させる。選挙で落とす。など、政治を変えて行かないといけません。
お互い協力して参りましょう。よろしくお願いいたします。
| いづな薫 | 2011/09/15 9:34 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415838
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中