大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 原発国民投票への道 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 築地で寿司 | main | ジョブス氏の名言 >>
原発国民投票への道
 東京、大阪、静岡で原発住民投票に向けた署名が12月1日から開始される。
私も、家族、職場、友人に呼びかけた。ぜひとも署名したい。
原発住民投票には、条例制定を直接請求するための署名が必要である。
必要な署名数は、有権者総数の2%、東京は22万人、大阪は4万強、静岡は6万人強だ。

 他の道府県でも、署名運動が起きるよう強く願う。
次の衆議院選挙あたり、国民投票実現したら嬉しい。

福島原発のような事故は、これからも起こるのだと考えた方がいい。
地震国である以上確率が高い。
事故や震災の影響のない所では、現実味を感じなかったり、忘れてしまう人もいる。
しかし、今度はそう言う人の近くで起きるかもしれない。
若狭湾の美浜か、静岡の浜岡か、もしくは伊方原発か、とにかく活断層近くの老朽化した危ない原発はたくさんある。
政府機関に、「コスト等検証委員会」と言うものがある。
エネルギー政策を決定する上で大事な、電源種別の発電コストを検証する会議だ。
この初会合で、「原発発電コストに、事故時の賠償金を入れるのは感情的。」と言ったバカがいる。
事故は、もう実際起きてしまっているのだ。

ネットで、神奈川県横須賀から新潟県柏崎刈場原発へ、深夜の東京都を通って、核燃料が運ばれる映像を見た。
警察、自衛隊の警備はなし。しかも私が見られるのだから、情報が丸出しだ。
テロの可能性を考えたら、なんと御しやすい国か。

発電コストにしても核燃料輸送にしても、政府の危機管理のなさに背筋が寒い。
自分の寝ているそばを、警備なしの巨大な核燃料トラックが通る、原発コストが事故後もいい加減に計算されようとしている。
我々も、わが身に降りかかる事実としてもっと知らなければならない。

世界の原発は安全基準がどんどん厳しくなっているので、かつては5000億円の建設費だったものが、いまは1兆〜1兆5000億くらいにまで跳ね上がっている。
自然エネルギーが作れば作るほど 安くなるのとは、ま逆である。
原発事業には、恐ろしくて銀行が金を貸したくないのが、他先進国である。
ヨーロッパでは、もう原発は増えないだろう。イギリスがまた推進を言い出したが、国民の理解が得られるかどうかは疑問だ。
爆発的に増える再生可能エネルギーに力を入れたいので、原発推進しているヒマはない。
中東アジアへ日本が原発輸出しようとしていることを、このブログでも何度も述べた。
間違えば甚大な事故が起きる原発建設なのに、労働の自由化で、言葉の通じない労働者が、3〜4人も通訳を介し、原発を作るのが現実である。

九州電力がやらせメール問題で、第3者委員会の事実認定を盛り込まず、経産省に最終報告書を出そうとしている。
枝野経産大臣が、「理解不能」と言い、あからさまな不快感を示している。

九電が第三者委員会に頼んだのは、「もう世間に信用してもらえないから、調査してもらいたい。」と言うことなのだ。

第三者委員会の委員長は、弁護士、名城大学教授の郷原氏である。
郷原氏は3.11以前、「原発はあってもいいかな〜」、と思っていたそうだ。
その時期に書いた著書を九電が読み、この人なら電力側に甘い調査をしてくれるだろう、と思ったのかも?と氏が仰っていた。
しかし、郷原氏は3.11以後原発に関し、考えを全く異にしている。

郷原さんの九電に都合の悪い調査結果に対し、九電社長は、
無実の方にぬれぎぬを着せるのはどうか。郷原さんは、もう委員長でもないのでこだわってほしくない。」と言い捨てている。
この凄まじい開き直りぶりは、何なんだ。こんな言い分を、決して許してはいけない。
是が非でも、佐賀県知事を守り、原発再稼動を許可してもらいたいと言うことだろう。
市民の意見や安全はないがしろ、知事のOKさえ取り付ければ良い、これが電力会社の本質だろう。

九電は、2005年のプルサーマル説明会で、社員に農家のふりをさせ、「危ない、危ないと言われて、玄海1号機が運転を開始して30年近くたつが、私の家で作っている米とか野菜が放射能の影響で売れなくなったことはない放射能が検出されたことは一度もない」、と”やらせ発言”までさせている。

過酷事故は、こんな社風が誘引すると言って間違いない。

【2011.10.17 Monday 23:03】 author : いづな薫 
| 地震、原発 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
こんばんは。署名の話、知りませんでした。教えてくださりありがとうございます。原発などなど、無知だった私?、いづなさんのまとまった文章で少しは理解できるようになりました。私も、周りに声かけをさせていただきますね。ありがとうございます。
| ぺんた | 2011/10/18 8:36 PM |
ぺんた様

お久しぶりです〜。コメント嬉しいです。ありがとうございます。
署名、ぜひ広めて下さい。拡散よろしくお願いします。
福島で起きたことは、どこの原発でも起きうる話です。
3月の福島原発の事故状況によっては、首都圏で3000万人避難計画があったそうです。
署名関連、また情報出たら書きます。
| いづな薫 | 2011/10/18 9:18 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415865
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中