大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 佐賀県知事辞任否定 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< ジョブス氏の名言 | main | ガレキ受け入れ&カダフィー拘束 >>
佐賀県知事辞任否定
ニコ生で、面白そうな番組発見。
「山本太郎が原発語る 田原総一朗談論爆発」、明日20日17:00〜。
 http://live.nicovideo.jp/gate/lv67148635

いづなは見られる時間帯ではないのですが、可能な方はぜひ。

先ほどは、弁護士の郷原さんがニコ生で小沢問題を激論していたが、テレビよりネット番組の方が格段に面白い。

その郷原さんたちが調査した、九電のやらせメール問題。
九電が国に報告書を再提出し、役員の進退問題も検討するそうだ。
監督官庁である枝野経産大臣に怒られたから、やり直すって、子供がお母さんに怒られているようで呆れる。
言われないとやらないのか。今までは、それで済んで来たのだろう。
同じく責任を問われた、佐賀県知事は辞任否定。 
責任者なら、責任を取るのが当たり前。
やらせ問題は、玄海原発に限ったことではない。
霞ヶ関と電力会社の利害が一体化している。地方になればさらにつながりは強固だ。
だが、佐賀県知事が辞めれば、他の自治体にも波及するだろう。

全国で、原発交付金を申請しない自治体が4つ出た。英断。
英断をした自治体の生活が立ち行くよう、支援が必要だ。

東京は、急に寒くなった。
仕事帰り、デパートでコートを探す。
普段はカジュアルが多い私だが、気に入った品を見つけた。
取り外しの出来るダウン入りライナーに裏ポケットがいくつかあり、仕事用にいい。
そして何より、縫製の美しさに感心した。
日本製、である。
お店で伺うと、素材もすべて国内製品で、東北地域で仕立てられているとのこと。
この先日本は、あらゆる分野で、こう言う質の高い製品を作らないと国際競争力は保てない。
安くて大量生産する国は、他にたくさんあるからだ。
外貨に流れるのではなく、地域が活性するよう購入した。
大事に着るつもりだ。

【2011.10.19 Wednesday 22:00】 author : いづな薫 
| 地震、原発 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
連投失礼します<(_ _)>

いづな様のコート、縫製の素晴らしさ〜で思い当たることが!
断言は出来ませんが、東北2県に思い当たる会社がいくつかあります。
実はひどい被災状況の友人が縫製会社に勤めていて、被災前は
いつも国産縫製の素晴らしさや贅沢な布地の使い方を自慢してました。
会社は残ったものの、震災後、、、原発の影響で受注がだいぶ減って
仕事に対して持っていたプライドをズタズタにされた気分だったようで
一時とても落ち込んでました。
国内の大手ブランドや高級スーツなどの縫製を担っていただけに
今後の復調を祈っています。東電はこうした技術と歴史ある会社の
看板に泥を塗ってしまったことさえなんとも感じないんでしょうけど★
なんだか、、、悔しい★

最近出版されたらしい、原発作業員の暴露本?のような小冊子を今読んで
ますが、読み進むたびに呆れるばかりです(−−〆)
| ともも | 2011/10/20 11:30 AM |
ともも様

連投嬉しいです!

>断言は出来ませんが、東北2県に思い当たる会社がいくつかあります。

3〜4月震災自粛ムードの時、ともも様がコメントかメールで、南東北?で生花や洋服仕立ての産業が盛んで、自粛されると仕事が減る方がいらっしゃると書いて下さいました。
そのことを覚えていたのです。
ユニクロもいいんですが、今回は生地、ボタンすべてが日本製、東北で仕立てられた製品を選びました。
パターンや縫製の美しさに徹底的にこだわっている、のを感じます。
店員さんも、自社製品に自信を持っていて良いです。
ブログ中にも書きましたが、この先日本を担って行くのは、高い技術のMade in Japanの素晴らしさを持つ製品だと思います。
原発作業員の暴露本、凄そう。秘密なのをいいことにとんでもないことになっていそうです。
| いづな薫 | 2011/10/20 1:42 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415867
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中