大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 博物館に初詣 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 戦国カフェから、新年のごあいさつ。 | main | 戦艦三笠 >>
博物館に初詣
友人と 東京国立博物館で新年特別公開を見て来た。

お気に入りのラーメン屋が近かったため、正月早々、まずはラーメン屋にて腹ごしらえ。笑
厚さ1cmはあるチャーシューを、嬉々として写真を撮る。

そして、博物館へ。

左:ウエスタンハットのような帽子をかぶる縄文時代の土偶。前2000〜前1000年。
右:友人曰く「この羽子板、厚さ3cmくらいある。重過ぎ。負ける!負ける!」笑


いづなの目当ての刀剣コーナー。
国宝・長船長光。
織田信長が愛した刀工長船光忠の子・長光が作者。
美しい地金(じがね)に、華やかな刃文が冴え渡る作風。謙信公が愛した刀工でもある。
鳥取県の池田家に伝来した品。
同行した友人は歴史に興味はないが、なぜ、刀は刃が下に展示してあるのと上向きのがあるの?と聞いてくる。
鋭いな、友人。
刃が上のは打刀で袴や帯に挟んで差す。
刃が下のは太刀。携行する時は、太刀緒を太刀に取り付け腰に巻き、吊るした状態にする。
太刀は、おおむね長さ2尺(60cm)以上のものを指す。


こちらは、国宝・粟田口吉光。作者の吉光の通称は、藤四郎(とうしろう)。
藤四郎は、鎌倉時代、京都・粟田口派(あわたぐちは)の名工で、特に短刀作りに才能を発揮した。
室町時代にはすでに、名物として有名で、小ぶりで短い刀身しかしその厚みが極端に厚い。
”鎧通し”と呼ばれ、元重ねは1.1cmもあり、「厚藤四郎」(あつしとうしろう)の呼び名を持つ。
地鉄(じがね)、刃文ともに美しく、迫力のある短刀である。
足利将軍家に伝来され、黒田如水、豊臣秀次、豊臣秀吉、毛利輝元、徳川家綱に渡った。




国宝・秋冬山水図 雪舟等陽(1420-1506?)筆
右が秋、左が冬。
雪舟は10歳の頃、京都の相国寺に入った禅僧画家である。その後、現在の山口県あたりの守護大名大内氏の 庇護で周防国に暮らし、その後、 遣明船で明 (中国)に渡り、中国画法を学んだ。
相国寺に移る前、少年の雪舟は備中の宝福寺(岡山県)にいたが、経を読まず絵ばかり描いていたため、和尚さんに怒られて、寺の柱に括り付けられた。
その時、床に落ちた涙と自らの足の指でネズミを描いたという逸話がある。

この山水図は、雪舟以前の水墨画にはなかった、理知的な構築性、堅固さが見られる。
かさかさとしたしかし力強い筆致、安定感ある構図など雪舟独自の作風が出ている。
明に渡り、周文(しゅうぶん)や如拙(じょせつ)、南宋の諸大家、明の浙派(せっぱ)の画風を学び、各地を写生した。
そして、中国画でもない、日本独自の水墨画風を確立。

同博物館で開催していた故宮博物院展の清明上河図(せいめいじょうかず)は世界の至宝だけあって、なんと140分待ち。
じゃあ、あんみつ屋さんに行こうと言うことになって行ったら、こちらも長蛇の列。
あきらめて、アメ横でドライフルーツをしこたま買って帰宅。

【2012.01.03 Tuesday 20:27】 author : いづな薫 
| 日本史  | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
今年もいづな様の多岐にわたる極上ブログ♪楽しませていただきます♪
ぶ厚いチャーシューに目が…しばしロックされちゃいました(笑)

昨年中は、これまでのお気楽な人生観が一転してしまう日々でしたが
あの日々の経験や感謝を無駄にしないうよう一年過ごします☆
少しでも早く被災地ではなく復興地と呼ばれるようになって欲しい。
あの日々の教訓はこれからの歴史にどう刻まれるんでしょうね。

正月早々、あの地震はどうなの〜?と、、ちょいとめげそうでしたが、
災害の無い平和な一年になるための厄除け一発!でありますように☆
| ともも | 2012/01/03 10:42 PM |
いづな様
 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。今年は、いづな様書き下ろしのイラストごとく「かかり乱れ龍」の辰年。謙信公の威光で、明るく日本を照らしていただきたいですね。

 もしやこのラーメンは、市ヶ谷の「くるり」ではありませんか?(違ってたらすみません)知る人ぞ知る名店で、いつも行列店ですよね。看板すらないというお店で私も大好きです。

 新春から「名刀めぐり」最高ですね〜。うらやましいです。こちら越後は雪、雪、雪の毎日です(笑)
 信長所用の長光ですね。やはりこの、漲るパワーと圧倒的な存在感、冴える刀身は抜群ですね。新年から「長光パワー」をもらいました!まさに刀は移動できるパワースポットですね!!! 

 粟田口吉光、いいですね〜。もはや刀の域を超えていますよ。短刀づくりでは逸品ぞろいですよね。国宝、粟田口を見れるのは、やはり東国ならではです。


 昨晩NHKお正月番組で、フェラーリデザイナーの奥山清行さんがデザインした、メイドインジャパンのスーパーカーが紹介されていました。素材・製作はすべて地方の職人・匠が手作りで作っていて(山形県・岩手県・福島県等)世界から注目されています。奥山さんは「このクルマは、日本刀をイメージして作りました」と述べ、一切の虚飾を廃し、素材だけで(チタン・カーボン・鉄・ガラス)製作しています。
 やはり日本刀はデザインのみならず、その存在感は世界からも高く評価されるポテンシャルを持っているものと確信します。日本の精神文化が凝縮されているのでしょう。

 今年こそは、穏やかな明るい日本になっていってもらいたいですね。それには、何事にもブレない凛とした日本刀のような気概をもって臨みたいですね。いづな様のご活躍を祈念しております。本年もどうぞよろしくお願い致します。
              平成二十四年 正月 義太郎拝
| 義太郎 | 2012/01/04 4:25 PM |
ともも様

あけましておめでとうございます。
今年もよろしく遊んで下さい。

>ぶ厚いチャーシューに目が…

これマジ厚いです。友人が「箸でつまみあげるから写真を撮れ」と言うので撮りました。笑
昨年は歴史に残る災害の年でした。
ともも様は本当に大変だったと思います。改めてお見舞い申し上げます。

>経験や感謝を無駄にしないうよう一年過ごします☆

ともも様、本当に偉いです。
復興が一日も早く進むことを願ってやみません。
元日早々の地震には驚きましたね。

>災害の無い平和な一年になるための厄除け一発!でありますように☆

どんなことでも難を転じようとする心意気のともも様、尊敬します。
| いづな薫 | 2012/01/04 8:47 PM |
義太郎さま

新年のご挨拶を申し上げます。
龍年なので「かかり乱れ龍」を描きました。
くるりは美味しいんですね。記憶します!ありがとうございます。
これは、ひむろと言うお店です。味噌とんこつで濃厚なこってりスープです。
この日一緒に食べた友人&私も、寒冷地のガツンと来るラーメンが好きなんです〜。笑
以前お話しましたが、新潟ラーメンの人気店が東京にあります。

秋に義太郎様と御一緒したえりっちょ様から、帰省時は強風と雪がすごいと伺いました。
戦国時代の越後の人々を思い涙が出そうになりました。
義太郎様やえりっちょ様のご先祖様は、自然の厳しい地で繁栄した街を築いた逞しく優秀な人々ですね。

長光の強靭なる華やかさを見る時、私たちのお屋形さまを思います。
あと長船元重もありました。

>素材・製作はすべて地方の職人・匠が手作りで作っていて(山形県・岩手県・福島県等)世界から注目されています。

ipad、ipodもそうでしたね。日本の職人技術の水準は世界でも有数のものです。
それを小さな町工場が支えている。
大量生産では人件費の安い国に勝てませんが、日本は質の高さで世界で勝負できますね。
日本刀をイメージした車とは素敵です。
以前パソコンでMURAMASAと言うのがありましたね。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
私も、義太郎さまのご健康とご活躍をお祈り申し上げます。
| いづな薫 | 2012/01/04 9:16 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415905
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中