大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 戦艦三笠の衣食住 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 戦艦三笠 | main | 原発大阪市民投票、都民投票 >>
戦艦三笠の衣食住
戦艦三笠を見てきたが、武器以外の軍艦での衣食住も見学できて実に面白かった。


左: 横須賀の海岸べりの陸に固定されている三笠。(海に浮かんではいない)。
   
右: 無線電信室 明治38年(1905)5月27日五島列島西において哨戒中の信濃丸から発信された「敵艦見ゆ」は
   第3艦隊旗艦厳島を経由して、三笠のこの無線電信室に届いた。

敵艦見ゆとの警報に接し、連合艦隊はただちに出動これを撃滅せんとす。本日天気晴朗なれども波高し」も、この部屋から大本営に送られた。
甲板床は貼りかえられているが、無線電信室の前の床だけは、当時のまま。この部屋の前を、東郷長官や秋山参謀が歩いた。


船の高い部分にある、艦橋の床に貼られた東郷と秋山のプレート。ここに立ち、日本海海戦に臨んだ。
東郷の胸先15cmほどの所を、砲弾の破片が飛んだと言う。
ここに立ち、写真を撮るのが人気だそうだ。

大東亜戦争後、戦勝国の旧ソ連は三笠の解体を要求。
しかし、マストや艦橋など上ものを撤去することで落ち着き、アメリカ人のために娯楽施設「キャバレー・トーゴー」や水族館が出来る始末。
戦後の物資不足で、金属類や甲板の木材が剥ぎ取られ、荒廃した。
現在あるマストなど上部構造物は、復元されたもの。


日本海海戦で、東郷は「自分は艦橋に残る。皆は司令塔に入るように。」と促す。
司令塔は、厚さ35cmの鋼鉄の壁で覆われている。中には羅針盤、舵輪(だりん・舵をとる輪状のハンドル)、通信機がある。


左: 長官公室 連合艦隊の各艦長や司令官との作戦会議に使用された部屋を再現。
右: 東郷の礼服。東郷は身長153.5cm。並外れた胆力の長官は小柄である。


親友の広瀬武夫が亡くなった時、秋山真之が洗面器で顔を洗う。ドラマそっくりの部屋がある。
船が英国製なので、バスタブトイレとも洋式。奈良ホテル(ドイツと和の折衷)や上野の岩崎邸(英国人ジョサイアコンドル設計)に通じるものがある。
右は、お茶の準備をする部屋。


水兵はハンモックで寝る。砲床や砲弾のある部屋で寝て、テーブルと椅子を出して食事もした。

三笠から約40年後に建造された大和は冷暖房完備だったが、三笠はまだ冷房がない。
軍艦は鋼鉄製、夏はフライパンの上にいるようなものでとんでもなく暑いのだ。
バルチック艦隊も同じで、欧州からアフリカ最南端の喜望峰を周って、鋼鉄製の船が酷暑の地域を就航するのは大変だった。
三笠は、甲板に敷き詰めた木製床と大型ダクトが夏の熱を逃がし、暖炉で冬は暖を取る。

食料の3分の2は生野菜、魚、肉が供給され、キッチンでは乗組員860名の食事が作られた。
牛肉に至っては生きた牛を積み込み、屠殺して料理している。
70〜80名の戦地漁船団がいて、新鮮な魚を供給し、刺身やあらいなども食べられた。
デザートのアイスクリーム製造機まで積まれていたと言うから、かなりの贅沢だ。
日本でアイスクリームの製造販売が始まったのが明治2年、その美味しさは軍艦の上でも楽しまれていた。
私は料理が好きなので、軍艦の調理、食事には大いに興味を引かれた。
さらに酒の売店、洋服屋や洗濯屋も同乗して至れり尽くせりである。

とある日の兵士の食事
白米と割り麦のご飯、レンコンといわしの煮込み、大根漬け。
別の日には、牛肉やパンなど洋食メニューもある。
朝食は午前7時、昼食11時45分、夕食3時45分。
夕食が早いのは、寄港地で出かける兵士たちを考慮したものである。

日本古来の体質と言ってもいい、物資輸送欠如に悩まされた陸軍とは別世界である。
物量、技術、機械力を重んじた海軍らしい暮らし向きが伺えて大変興味深い。

【2012.01.06 Friday 19:43】 author : いづな薫 
| 坂の上の雲 | comments(6) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いずな先生、ことしもよろしくお願い致します。戦艦三笠いいですね、行けない私にはありがたい内容とお写真です。しかしすぐ行動すのはさすが、いずな先生です。話は変わりますが最近発売の歴史街道で占守島の特集が組まれていますよ、池田大佐の写真もあります。始めて拝ませていただきましたが凄いイケメンですね、まだ本を買っていませんが、少しチラっと覗いただけで目頭が熱くなりました。大河の平清盛も楽しみですね、私にとって、いずな先生の御感想を拝見できるのが至福の時です。まずは、まずは感謝申し上げます。串かつより
| 串かつ | 2012/01/07 8:31 PM |
串かつ先生

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
戦艦三笠、想像以上に良かったです。
歴史街道で占守島特集ですか。情報ありがとうございます。Amazonか本屋に行って参ります(^▽^)/
池田大佐の写真、下ろすと耳カバーになる帽子を被ったのを1枚だけ拝見したことがあるんですが、それかしら。
人間は生き方がお顔に出ますものね。

>私にとって、いずな先生の御感想を拝見できるのが至福の時です。

もったいないお言葉を賜り恐縮しております。心より感謝申し上げます。
私も串かつ先生の豊かな精神性をお察しするコメントを楽しみにしております。
平清盛、楽しみです〜。
| いづな薫 | 2012/01/08 4:42 PM |
戦艦三笠行ってみたいです。他のサイトで読みましたが、アメリカの海軍の偉い人にも東郷長官を尊敬している人がいて、三笠の復元に尽力して下さったとか。ありがたい事ですね。私も年末に横浜にコンサートに行きましたので、赤レンガ倉庫のあたり船を見てぶらぶらしてました。工作船を展示してましたので、見ましたが、同じ船でもこちらはどす黒いものを感じましたね。串かつ様お勧めの「歴史街道」私も買いますよ〜。
| ゆみちゃん | 2012/01/09 10:23 PM |
ゆみちゃん様

コメントありがとうございます。お返事遅れてすみません。
戦艦三笠お出かけください。良いですよ〜。

>アメリカの海軍の偉い人にも東郷長官を尊敬している人がいて、三笠の復元に尽力して下さったとか。

そうなんです!
横浜にあった工作船って将軍様の国のですか。
「歴史街道」は占守島&平清盛特集ですねo(^-^)o
| いづな薫 | 2012/01/11 2:06 PM |
ドイツといえば、ロンメル元帥
北アフリカ戦線での、ドイツ陸軍機甲師団長でした。
アメリカのパットン将軍や、イギリスのモンゴメリ元帥と戦った。
敵の将軍からも尊敬された人物で、捕虜を大切に扱った。
ナチス入党を最後まで拒んだ人物です。(゚∀゚)
こんな軍人もドイツにいたのだ。
顔写真を見ますと、ロンメルとその部下も皆イケメンで優しそうな顔つきです。
世界で最も有名な行進曲、ドイツの旧友は大好きです。運動会や、
東京オリンピックの入場行進でも使用されています。
丁度、旧友が流れた時の選手団入場がアメリカ選手団でした。
https://www.youtube.com/watch?v=g1bJ7WR_Ovc

実は私の爺さんは海軍の軍人でした。京都舞鶴、済州島で哨戒艇に
乗っていたそうです。でも靖国神社にはいません。戦場で亡くなっていないのです。
| 串かつ | 2016/08/18 9:04 PM |
串かつ先生

連投ありがとうございます。
お祖父様は海軍でいらしたのですね。
私の祖父も学徒動員で徴兵されました。
長生きして、子や孫達に戦争はだめだと教えています。
私のドイツの友人のお祖父さんはナチスに徴兵されました。
最近亡くなりましたが、生前に戦争の事をお話しさせていただきました。
両親が忙しく、このお祖父さんに面倒見てもらった友人は、発展途上国の子供を私費で学校に行かせています。
| いづな薫 | 2016/08/20 7:48 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415907
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中