大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 梅見 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 平清盛感想&「東京大空襲583枚の未公開写真」 | main | 上杉鷹山 >>
梅見

東京の湯島天神で梅見をして参りました。左:しだれ梅もきれい。
梅が歴史文献に現れるのは、万葉集の頃からである。
初めは白梅ばかりだったが、下って平安時代になると王朝文学に盛んに紅梅が出て来る。
清少納言の枕草子であったり、紫式部の源氏物語であったり。

大宰府に流される菅原道真が、庭の木に
東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ
と詠んだところ、梅は道真のあとを追って太宰府まで飛んで行ったと言う、飛梅(とびうめ)の伝説がある。
梅にも意志がある。
はっと息を飲むような、気品ある白梅。



左:さすが受験の神様、合格祈願絵馬がたわわ。私も受験の時お世話になりました。
右:上野のデパートの上に上がったパンダのアドバルーン。岩合さんの写真展開催中ですね。

【2012.03.20 Tuesday 20:21】 author : いづな薫 
| 歳時記 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづな先生、ドトールより失礼いたします^^!(言わずもがな…ミラノサンド+アメリカンに御座候・笑)


…嗚呼‥嗚呼!‥嗚呼…TT!!

しだれ桜殿…、これほど早くお会い出来るとは!
梅花達も、なんと愛らしいことか…!
いづな先生、下拙の"どストライク"の花の顔(かんばせ)達を誠に、誠に有難う御座います!
…はにかむ下拙が右手親指、只今意識せずとも画像保存作業に働きおり申候^^!(笑)

下拙も先生に続き、湯島天神へ参らねば!

いづな先生、斯様に美しき花々、誠に、誠に有難う御座います^^
下拙、先生の経営致すこの戦国カフェに来店致す度に、知識と笑いと喜びを頂き申候!


−追伸−
いづな先生、前回は熱過ぎるコメント、失礼致し申候m(__)m!

下拙、強烈な"天然"ではありしも、同時に心には燃えるが如き情熱も持っておりますゆえ^^;


−次郎左右衛門−
| 次郎左右衛門 | 2012/03/21 2:44 PM |
次郎左右衛門先生

ドトールからでしたか〜笑。
コメント感謝いたします。
すみません、しだれ梅です。爆。桜はもう少しあとですね。
次郎左右衛門先生がお好きかな?と思い撮って参りました。
湯島天神の梅はまだまだ楽しめそうですよ。

>前回は熱過ぎるコメント、失礼致し申候m(__)m!

こちらこそ的を得なくてすみません。実は答えに窮したのです。
次郎左右衛門先生の仰ることも御もっともです。
戦争問題は実に難しいです。当時の政治家や指揮官にはもちろん重大な責任があります。
前回コメントにも書きましたが、私と私の海外の友人たちの祖父・曽祖父が自分の意思と関係なく戦争に駆り出され、敵対し、戦わざるを得なかったことを思うと、誰が悪くて悪くないのか答えに苦しむのです。
友人だけでなく長生きしたお祖父さんご本人を知っています。戦争問題も話したことがあります。
優しく人格的にも優秀な人です。
是か非か、私の中で答えは出ません。
ただ今ある平和を手放すことがあってはならないと、いつも思います。
| いづな薫 | 2012/03/21 8:30 PM |
 いづな先生、失礼致します^^!

!!‥あれは枝垂れ"梅"に御座いましたか!?

…下拙が"天然"、本日も見事な迄に炸裂致す事と相成り申候…TT!(笑)

…しかし、枝垂れ桜殿‥じらされた分だけ次に誠にお会い出来るのが益々楽しみになり申候…ムフフ(笑)

 いづな先生、下拙が祖父も21,22の頃、先の大戦にて、仏領インドシナへ陸軍少尉として出征致し、二度"向こう岸"に行きかけましたが、その度に奇跡的に命を取り留め、終戦後に無事日本に帰還致しました。
…祖父は、あの金鶏勲章の曾曾祖父さんの要望もあり、クリスチャンの運営するキリスト教系の幼稚園にて学んでおりました。
イギリス女性の先生にも御世話になったそうです。
…故に、祖父にとっても、そのイギリスの兵士達と戦場にて敵対関係にある当時の状況、相当に辛いものであったことは容易に想像できます…

いづな先生、下拙らは今在るこの平和に日々深く感謝致しながら暮らさねばなりませんぬ^^

ではでは!


−次郎左右衛門−
| 次郎左右衛門 | 2012/03/21 11:35 PM |
次郎左右衛門先生

コメントありがとうございます。
お祖父さま、無事お帰りになってよかったですね。本当に良かったです。
戦争は、坂の上の雲の広瀬&ロシアの人々のような悲劇かなりの方が経験しますね。

高知が桜開花宣言だそうですが、東京はいつでしょうか。
また枝垂桜撮って参りまする〜。
| いづな薫 | 2012/03/22 3:58 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1415949
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中