大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 原子力村秘密会合 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 平清盛感想「前夜の決断」 | main | スカイツリー  >>
原子力村秘密会合

2012-5.24 原子力ムラが秘密会合ー飯田哲也氏 投稿者 kigurumiutyuujin

品がよろしくないので、原子力村記事も休戦したいのだが、またバカ記事が出て来た。
原子力村メンバーがこそこそ集まり、使用済み核燃料資料を書き換えていたと言う問題。
高速増殖炉もんじゅや六ヶ所再処理工場は全く役に立たない。
再処理しないで、直接処理し地下深く埋めた方がコストが安い。
もんじゅにはこれまで1兆円投入、維持だけで毎年200億円かかるが、電気は1ワットも生んでいない。
使用済み再処理工場六ヶ所村は稼動していない。

核燃料再処理システムを、やめさせられるのを危惧した推進派は、「地中に埋めるのが最も安い」と明記した資料を、「安い可能性が高い」と書き換えたと言う。
「核燃料政策を変更するとコスト高になる」と特に強調している。
↑上の動画で、飯田さんが解説しています。ぜひご覧下さい。
よく秘密会議の隠し撮り映像がありましたね。

3.11前となんら変わりない原子力村、誰も責任を取らず、今も原子力ばく進中で、原子力推進しない国民を愚民視していると、解説。

こんなメンバー、即入れ替えないとだめだ。
特に政策大綱策定会議(新たな原子力政策を決める)の委員は、大幅入れ替えを強く希望する。意見書を書くか。
この期に及んで、原子力業界の意向ばかりが強く反映している。
太平洋戦争時に辻正信と言う軍事行動に極めて問題のある軍人がいた。GHQが、第3次世界大戦を起こしかねない人物と危惧した人物である。
今も、次の大事故を起こしかねないメンバーが、新たな原子力政策を決める会議の中にたくさんいる。

それと、2030年エネルギーミックスをどうするかも、原発比率35%はありえない。
事故前2010年が26%なのに増やすつもりか。

こちらもネットで見つけた、関電がこの夏の電力逼迫に対し、準備を怠ったと言う内容の番組。わかりやすい。

20120517 関電の努力足りない‥背景にあるシナリオ? 投稿者 PMG5

【2012.05.25 Friday 20:49】 author : いづな薫 
| 地震、原発 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いずな先生、本当に考えを変えないと、日本国は滅びますね。借金・ローン、皆さん何かしらお金の問題を抱えていますからね、文句言えないように逆らえないように、日本政府・国家公務員にさせられているんですよ、その反面、福祉・年金でお金をばら撒いてい抵抗させないようにしている。働いている人が苦しむ国なんですよ、歪な国なんですよ。牛丼屋でも遊んでいる学生が高いメニューの580円の牛丼を食べていますが、一生懸命働いている人が、一杯280円の牛丼を我慢して食べているんですよ、正しい考えをさせないようにしてしまうんですよ、日本の国民が暴動を起こさないのもそのせいでしょう。悪徳国会議員・官僚の思う壷でしょう。おかしいですよ、そんな国になったんですよ。私は節電でエアコンよりテレビを消します。皆さんテレビを消しましょう。くだらないテレビ番組など見る必要ないですよ、節電要請で、テレビ不要派が多くなると思いますよ。
| 串 | 2012/05/26 7:33 AM |
串かつ先生

コメントいつも感謝申し上げます。

>借金・ローン、皆さん何かしらお金の問題を抱えていますからね、文句言えないように逆らえないように、日本政府・国家公務員にさせられているんですよ

そうそう、財務省が国税庁使って何か政府の意向にそぐわないと調査が入りますよね。
私もエアコンよりテレビを消します。
テレビでは、テレビを消すと節電になるとは言わないそうですね。テレビにしてみれば当然なのかもしれませんが。笑
清盛とサッカーくらいは見ますが、テレビ番組はあらかた下らないです。
特にフジは不要です。
| いづな薫 | 2012/05/27 3:27 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416009
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中