大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 清盛感想「清盛の大一番」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 民意無視、市民が変革するしかない。 | main | 大飯原発は爆発の危険性だってある。 >>
清盛感想「清盛の大一番」
保元の乱後の論功行賞で平氏は優遇され、源氏は十分な恩賞がない。
平氏の軍事力は強大で、後白河側、崇徳上皇側どちらでも、平氏が付いた方が勝つという状況だった。
朝廷も、作戦的には義朝の功績があるけれども、平氏が後白河側に付き勝ったことを評価しなければならない。

平氏で、負けた上皇側に付いたのは清盛の叔父平忠正とその息子たちである。
忠正らの領地は没収され、天皇の直轄地となった。
一方親兄弟が上皇側に付いた源義朝は、親兄弟の死で所領が没収され源氏の所領は大きく目減りしてしまった。

清盛は叔父のわずかな領地は召し上げられたものの、知行国を支配することでその利益に預かることに成功している。
平家一致団結と、清盛のしたたかさが伺える。
知行国とは何か。
国司以外の有力貴族・社寺・武家などが特定の国の支配統治国の実権を持つ制度、その国をさす。
知行国の一例、播磨、安芸、備前、讃岐・・・etc。

平氏はこの知行国支配を重視し、固執する。
父忠盛がみまかる頃、清盛は安芸守を勤めていた。
保元の乱の恩賞で清盛は播磨守になり、安芸守には弟・経盛がなり、弟・頼盛は常陸介になり、弟教盛は藤原忠実の知行国であった淡路国の国司を再度就任する。
この時平氏は、4つの知行国を同時獲得したのである。
平氏の豊かさを鑑みるに、知行国を次々と獲得し、しかも一族で交替して赴任した点にある。
清盛の後、安芸守を経盛が就任し、その次は頼盛、重盛、宗盛、と言う風に一族で手放さず、
交替している。

源氏は親兄弟仲が悪く、身内を斬るような結果を招いてしまい所領を大幅ダウンさせたことが平氏との差をさらに広げている。

清盛が、太宰大弎(だいに)に任じられる。
太宰大弎(だいに)とは、日宋貿易の管轄者である。
太宰大弎(だいに)は、大方は公卿がなるもので、過去において公卿以下で太宰大弎になった者は2人しかいない。
公卿でない者がなれば、公卿の席が約束されたポジションでもあった。
父忠盛の代から日宋貿易はあったが、清盛はさらに活性化させている。
当時の公家や武士は知行地や荘園などからの収入に頼っていたが、清盛は別のしかも大規模な経済基盤を貿易に見出したのである。
グローバルな視点を持つ清盛ならではである。

感想
今回、やり手な清盛が面白かった。
税金をごまかしている大宰府役人の長から税金を取るのに、太宰大弐にしてくれと信西に言う清盛。
しかし断られる。
どうやって税を払わせるのかと思いきや、平氏一門と組みともに力をつけようと持ちかけ制圧。
宋のお茶の入れ方を後白河の前で披露させ、今度は太宰大弐(だいに)までも手中に納める。
太宰大弐になった清盛、いつの間にか父譲りの世渡り上手も身につけ存在感も大きくなった。
宋の珍しいお茶に興味津々の清盛が面白い。
首を上下してお茶を注がれるのを見たり、現地役人・原田のお茶まで飲んでしまっている。笑


PS.戦国BASARAが実写化されるんですね。信長役がGACKTさんだそう。今回は謙信公じゃないのね。笑
BASARAのフレンチクルーラーな謙信さまは、やはり女性が演じるそうです。

【2012.06.18 Monday 21:34】 author : いづな薫 
| - | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
台風〜風雨が凄かったですね
月曜に上越から帰って来ました
晴れ女の友達のおかげで無事♪鮫ケ尾城に登れました(*^^*)

清盛 したたかになってきましたね
来週も一波乱

ガクさん
初めて髭を付けて‥
狂気は十八番です

前にやってみたい武将に信長がありましたね

義経も、もぅすぐなのに‥忙しいお方です
| ム〜ン | 2012/06/20 2:35 PM |
ム〜ンさま

コメント嬉しいです。
台風凄くて寝られなかったです。
ム〜ンさまは大丈夫でしたか。
上越通いされていますね〜。

バサラ実写版記事、どこで書こうか迷いました。深刻な原発再稼動記事の跡に書くのもなんですし。笑
ム〜ンさま、さすが!良くぞ見つけてくださいました。

>ガクさん初めて髭を付けて‥
狂気は十八番です

そうですねぇ笑。初髭ですか?!
信長演じたいと仰っていましたね。
義経も、演じるのですか。すっかり歴史づいておいでです。
バサラは謙信さま目当てでちょっと見てみようと思います。笑
| いづな薫 | 2012/06/20 7:13 PM |
私は相撲ファン でもあるので 豊真将 関の 出番にも楽しみ にしてました。相撲の 節会 は 刺身のつま 程度 だから あれくらいでいいか。
| よし | 2012/06/22 7:23 AM |
よし様

よし様のご感想を拝見して、いろいろな楽しみ方があって、実に楽しいと思いました。
コメント嬉しいです、お礼申し上げます。
相撲がお好きなのですね。
豊真将関はどんな方?と思い検索したら、NHK清盛サイトに相撲節会の撮影風景があるのですね。
狩衣烏帽子姿のお相撲さんに私は興味津々でした。
またお越し下さい。
| いづな薫 | 2012/06/22 10:30 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416027
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中