大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 官邸デモ7/6 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 脱原発デモ情報 | main | NONOエダNO! >>
官邸デモ7/6
 金曜恒例官邸前、大飯原発再稼動抗議に出かけて参りました。
昨日18時過ぎ、国土交通省前で六本木通りから行くか、国会正面から行くか考えていたら、警察官に親切に声をかけられる。
 「抗議デモにいらっしゃる方の、最後尾はこちらですよ。」

仕事帰りの通行人は他にもいる。
何も聞いていないのに、なぜ私がデモ行くって分かる?
これを持っているからか。笑


国会を左に回りデモ最後尾に、プラカードを持って到着。
国中の原発が止まったけれど〜停電にはならない〜電気は足りている〜♪のフォークソング調のバンドが楽しい。
一緒に歌ってしまった。笑
そして、友人のえりっちょさんが到着。
会場は大混雑なので、傘よりカッパをお持ち下さい。との主催者からのtwitterで、傘は持たずカッパのみ着用。
「再稼動反対!再稼動反対!」の声が続く。雨が激しくなって来る。
後ろの紳士が大きな傘に入れて下さった。
デモおなじみの田中康夫氏が配った?白い風船を持った子供さんがたくさん通る。

国会議事堂前(駅名)など地下鉄駅では、警察のブロックで出口から出られない人たちが、地下で「再稼動反対!」のシュプレヒコールが上がっていたと言う。
会場まで来て、地下で足止めされるとは参加者のお気持ち察して余りある。
警察のガードは回を増すごとに固くなっていて、私も今回ほとんど前に進めなかった。

2010〜2011年エジプトやリビアで起きた革命「アラブの春」では、twitterでデモが広がり政府がひっくり返った。
イタリアで行われた原発国民投票では、政府もマスコミも投票に関心を持たぬ様仕向けたが国民は94.5%の圧倒的多数で脱原発を決めている。

今回の日本に展開している抗議行動も、主役は一般の市民である。
twitterやFacebookで情報を得て、皆集まって来る。
その人数は毎回増え、昨日は悪天候の中、15万人?とも言われる人たちが官邸、衆議院会館、国会議事堂の周りまであふれている。

この現実を政治家は見ないといけない。見ない政治家には落選運動が必要だ。
官邸は、原発再稼動が進めば抗議も収束すると踏んでいる。(6日朝日新聞朝刊)
政府や原子力村にしてみれば、1年も経てば国民は原発事故のことなど忘れると思っていただろう、
その頃、稼動すれば問題ないと。
マスコミは報道を小さくするか無視するかで、事を小さく見せようとしているが、この人数は尋常ではない。
そのことに気付かぬ官邸が愚かである。

昨夜は作曲家の坂本龍一さんも参加され、再稼動反対メッセージを訴えた。ぜひご覧下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=fzeUUuY0wTs

坂本さんのような著名人がいらっしゃると、今までろくに報道しなかったマスコミまでやって来て押すな押すなの取材をしている。

今回変わったところでは、警察官僚出身の衆議院議員、亀井静香氏が参加。

問題の大飯原発3号機が9日未明にもフル稼働に達する。
2400万キロワットを確保できるので、火力発電最大8基を運転停止する計画がある。
3号機フル稼働しても電気不足、節電節電と言っていた。
電気不足で死人が出ると大うそついて、稼動に漕ぎ着けた挙句がこれである。
ただ、再稼動をどこまでも阻止すれば、わざと停電もやりかねないのが政府&官僚&原子力村。
実際、停電させなけゃだめだと言った民主党議員もいた。
そんな連中が、「停電になれば死ぬ人が出ますよ」、と言っていることを記者クラブメディアしか見ない人に知らせたい。

原発問題には、総括原価方式や、脱官僚など、世の中をひっくり返すほどの改革が必要だ。これは国民の力でないと出来ない。
しかし、利害関係が大いに絡む原発や消費税問題は、大手マスコミは最初から「●●ありき」の世論誘導で国民をあざむく。

上のURLで坂本さんがインタビューに答えていらっしゃる。
「原発1基2基稼動されても、へこたれないで長い戦いなので腹を据えてやって行こう。」
IWJの岩上安身さんの報道に、坂本さんがお礼を仰っているのも印象的だ。

今後も官邸前抗議は継続される。
私もまた行く。

【2012.07.07 Saturday 21:46】 author : いづな薫 
| 地震、原発 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
「今日は静かに終わるのかなあ」と思った矢先だった。「決壊したぞ〜」、降りしきる雨音を突いて誰かが叫んだ。筆者は車道に駆けだした。参加者が車道に溢れ出ている。「再稼働反対」を叫びながら官邸に向けてデモ隊が前進している。警察隊が2段構えでピケを張ったが、数万人の前進圧力に押されがちだ。デモ隊の前進を食い止めるのに懸命な警察、参加者ともに鬼のような形相である。田中龍作さんの迫力ある文、凄い、日本人は死んではいないぞ。私も高速バスか新幹線で参加するか、参加しなければ日本人ではないぞ。今度、敵は機動隊を投入するやもしれぬ、催涙弾等の防護も考えねば、日本も燃えてきましたよ、暑い夏になりそうです。
| 串かつ | 2012/07/08 6:44 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
6日の抗議行動は少し早く終了していました。
私も昨日ネット動画で、初めて最前線で何があったか知りました。
私服の警察官と抗議参加者の激しいやりとりがあったのですね。
誰も怪我などせずにいて欲しいです。
抗議の参加者、参加したいと思いつつ見守って下さる更に多くの人々の願いが実を結ぶまで、無事に続けられますよう願っています。
可能でしたら、串かつ先生もぜひ官邸にお越し下さい!
本日8日、東北電ビッグスワンスタジアム隣りでデモありましたか?
| いづな薫 | 2012/07/08 7:56 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416041
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中