大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 東京は大雪 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 安倍氏の敵は? | main | 八重の桜感想「やむにやまれぬ心」 >>
東京は大雪

大雪と言っても10cm弱なんだが。
雪仕様でない東京はそれでも大変。
私も、スキー用の手袋はめて、4時間かけて雪かきと庭木の雪下ろしをした。
途中甘酒休憩30分。
時折木々からドサッと落ちる雪の音に、ここは東京か?と不思議な錯覚を覚える。
これだけあれば、雪だるまもかまくらも作れるぞ。

こちらは、米沢からやって来たうごき。雪の米沢を思い出しているのか・・・。

庭木のカイヅカイブキも、雪景色。

今日は成人式、晴れ着の新成人はさぞや大変だったろう。
明朝の凍結に、皆様どうぞお気をつけて。
明日の東京の街中はたぶん雪だるまがいっぱい。笑

昨夜寝てしまったので、今夜録画のプレミアリーグ、マンU対リヴァプールを見ようっと。

【2013.01.14 Monday 19:51】 author : いづな薫 
| 歳時記 | comments(5) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
越後国も大雪です。雪が降ればコタツで一杯となりますね、景虎様もこれでお酒を覚えたのでしょう。私が東京のゼネコンに勤務していた時、首都圏に雪が降ると、会社の得意先での雪かきに駆り出されました。日曜日でも降りそうなら自宅待機です。私は住宅部ですので、大会社の重役さんや、有名人さんのお宅での雪かきでした。一日10箇所ぐらい回りましたよ、中には来るのが遅いと怒られたお宅もありますが、おおむね良好です。中でも富山県出身の衆議院議員で議長も経験した人のお宅なんですが、雪かきが終わり報告したら、玄関にあげていただき、熱いお茶とお菓子を出していただきました。しかも奥様ですよ、前掛けをして全然偉ぶらない、しかも美人です。しかも、しかもですよ帰りに、私と一緒に行動していた車のおじちゃんに、ワインを持っていけと、神経も体も疲れていた時でしたので、車の中で不覚にもジワっときましたね〜、人の情けが身に染みた東京の大雪経験です。いずね先生もいろいろと、ドラマを経験しておられますね。
| 串かつ | 2013/01/19 7:22 AM |
訂正(〃ω〃)恥ずかし、いずな先生です。m(_ _)m失礼しました。
| 串かつ | 2013/01/19 5:18 PM |
確かにいろいろ問題のあるゼネコンですが、いざ地震や大雪の時、社員は各自、自宅から近い場所が集合場所に指定されています。ゼネコン社員は自宅を後回しで復旧工事や救援に入るのです。不眠不休で、その時にこそ蓄積された技術力や機動力、動員力で必ずや、いずな先生や皆さんのお役にたてるでありましょう。
| 串かつ | 2013/01/19 5:48 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
越後は東京とは比べ物にならない大雪ですね。
味のゼネコンの雪かきのお話、驚きです。
議員宅の雪かき、その関係推して知るべしです。
人情味のあるお話と主旨が違ってしまいごめんなさい。

>訂正(〃ω〃)恥ずかし、いずな先生です。m(_ _)m失礼しました。

大雑把な性格なので気にしておりません。(v^ー゚)
正確に申しますと”いづな”です。笑

ゼネコンは、地震や大雪で懸命に救援に当たるのですね。
その点も学ばせていただきました。
| いづな薫 | 2013/01/19 8:32 PM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
越後は東京とは比べ物にならない大雪ですね。
ゼネコンの雪かきのお話、驚きです。
議員宅の雪かき、その関係推して知るべしです。
人情味のあるお話と主旨が違ってしまいごめんなさい。

>訂正(〃ω〃)恥ずかし、いずな先生です。m(_ _)m失礼しました。

大雑把な性格なので気にしておりません。(v^ー゚)
正確に申しますと”いづな”です。笑

ゼネコンは、地震や大雪で懸命に救援に当たるのですね。
その点も学ばせていただきました。
| いづな薫 | 2013/01/20 7:30 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416176
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中