大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 阪神・淡路大震災から18年 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 八重の桜感想「やむにやまれぬ心」 | main | ホームレスと杖 >>
阪神・淡路大震災から18年
今日で、阪神・淡路大震災から18年経った。
一昨年には東日本大震災が起き、更には南海トラフの巨大地震の危険性が指摘される。
地震多発時代に入ったと指摘する専門家が多い。
南海トラフが巨大地震を起こした最近の例は1944年、1946年、その前は1858年、いずれも原発は1基も存在しない。
今度起きたら、浜岡をはじめ極めて危険な原発を破壊しかねない。

なのに、原発の海外輸出、国内の再稼動は着々と進められている。
原発推進派の巻き返しが凄まじくなっている。

利権がからむ政財官は、旧態依然としたシステムを守ることに全力を挙げている。
自分達の組織が強化される以外は、現状維持を死守しようとする。
現在の状態こそが、利益を生むからだ。
原発を作り、事故を起こしては除染で儲けそして輸出と、業界で言う「打出の小槌」だ。
他国の官僚も、現状維持を好む傾向にあるのは同じである。
しかし、日本は明治から続く強力な官僚体制のために、官僚の圧力が非常に強いのである。
彼らに抵抗する政治家が必要なのだが、それに気付かず、現状維持または後退する政党に政権を取らせてしまったのが
昨年末の衆院選である。
いろいろ思うところはあるが、敵愾心なく見て行くつもりでいる。
支持する気はさらさらない。しかし拒否ばかりしていると相手も見えなくなる。
そうなると、相手が強大であれば飲み込まれてしまうのが落ちである。
 

 最近の私のtwitterから。

【2013.01.17 Thursday 22:03】 author : いづな薫 
| 地震、原発 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
阪神淡路大震災は、本当に衝撃的でした。
今でもあの光景は忘れることが出来ません。
利権がらみで、本当に大切なものが後回しにされる
現在の日本。これからの行き先が不安です。
| starfield | 2013/01/18 10:49 PM |
starfield様 

コメントどうもありがとうございます。
阪神淡路大震災に遭われた方なのですね。
時間は経ましたが、お見舞い申し上げます。
地震、原発事故の後、復興費用の利権化が問題になっています。
よほど国民が目を光らせていないといけませんね。


| いづな薫 | 2013/01/19 7:37 PM |
いづな先生、アセアセ。厚生労働省の年金記録回復委員会が19日に解散したそうです。旧社会保険庁のずさんな管理による消えた年金の記録、今現在で二千二百二十二万件が不明だそうです。やりましたね自民党と役人。なにせ、この問題で自民党は大敗したんですからね、じわじわ現状回復を現し始めています。これは国家による犯罪ですよ、これに手を染めた人間は高笑いでしょう。だから選挙に行ってくれと言ったのに(* ̄m ̄)吐きそうです。
| 串かつ | 2013/01/20 5:37 PM |
串かつ先生

貴重な情報、感謝申し上げます。
政治家も官僚も反省の色はなく、嵐が行過ぎるのを待っていたのでしょう。
厚生省は他の省庁と同様、国民よりも日本の産業保護(医療業界)が大事です。
病気の人を治したり国民の生活を守ることが最優先課題ではありません。
国民のために働かせるようにしないといけないのですが。

>これは国家による犯罪ですよ

自民党が、長いこと政権取っていられたのは検察と結びついていたからです。
官僚出身の政治家であれば、公職選挙法違反などでちょっと罪を犯しても見逃してもらえます。
首相も官僚出身者は多いです。
逮捕された田中角栄氏は、非官僚出身の総理大臣でしたね。
| いづな薫 | 2013/01/21 10:10 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416178
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中