大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 八重の桜感想「会津の決意」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 八重の桜感想「松蔭の遺言」 | main | 戦国最強武将は誰か。 >>
八重の桜感想「会津の決意」
 「薪を背負って火に飛び込むが如し
会津藩主松平容保が京都守護職を受けた時、国家老である西郷頼母(たのも)が言った言葉である。

桜田門外の変では大老井伊直弼が暗殺され、京都でも尊皇攘夷派による襲撃、暗殺事件が多発している。
横浜では、オランダ人が殺害されている。
各地で暗殺事件が起こり、治安悪化が著しかった。
幕府は権威の失墜を、公武合体で避けようとするのである。
公武合体とは、朝廷と一体化することにより幕府の権威回復をはかろうとするものである。
まず、将軍家茂と皇女和宮の婚姻を進め、新しい役職である将軍後見職に一橋慶喜、政治総裁職に松平春嶽が就任する。
そして、京都の治安維持を守る京都守護職に会津の松平容保を推すのである。

松平容保ははじめ、京都守護職を固辞した。
襲撃、暗殺事件の多発する京都に行けば、戦乱に巻き込まれる。
大勢の会津藩士を、旅費滞在費持ちで連れて行くことになり、莫大な出費を伴う。
当時、民は重税にあえぎどこも藩財政は苦しく、会津藩も火の車である。
冒頭に書いた、西郷頼母の 「薪を背負って火に飛び込むが如し」の言葉は、以上のような状況から発せられた。
頼母は京都守護職就任に反対し、後には新政府軍との徹底抗戦に反対し、政治的立場を悪くして行く。
先見性があり、会津の利益を心底から考えた頼母であったが、自身も会津を追われ家族一族21名は自刃と言う悲劇に見舞われる。

ドラマで執拗に越前藩主松平春嶽が、松平容保を説得していた。
公武合体が成るかならないかは、容保が京都守護職を受けるか否かにかかっている。
会津藩の祖「土津霊神・保科正之」は、”将軍家に二心を抱けば私の子孫ではない”。と書き残した。
養子殿様・容保は、これでトドメを刺されてしまった。

一方、”二心殿”のニックネームを持つのが一橋慶喜である。
彼は徳川一門に生まれながらとらわれず、大局を読み、薩長相手に高等戦術を展開していく。

老獪な感じを受けたが、春嶽も立場変えれば大変英邁な君主である。
一介の浪人、坂本龍馬に5千両もの大金を貸してくれた傑物である。5千両とは、春嶽の越前藩の年間予算に匹敵する金額である。
松平容保が京都守護職を辞めたあと、この任に就くのは春嶽である。
一橋慶喜の強い要請を受け、春嶽が就任の条件に出したのは外様大名である薩摩など「雄藩諸侯の政治参加」である。
これは、松平春嶽の持論であった。
それまでは、政治は幕府が独裁的に行ってきたため、この意見は権威失墜を恐れる幕府中枢の大変な反感をかう。

慶喜は雄藩諸侯と表面上協調姿勢を取りながら、薩摩が朝廷での会議で中心にならないように工作を行っていた。
京都で勢力を張っている薩摩藩の力をそごうと言う思惑があり、協調ムードのために松平春嶽を守護職に就けるのである。
慶喜は倒れ行く幕府のトップとして、片時も油断せず難しい駆け引きを次々に成功させる。
しかしそれは、自らの足元を崩す幕府終焉への道のりであった。

以前、京都の黒谷・金戒光明寺から真如堂の間にある会津藩殉難者墓地にお参りしたことがある。
容保が守護職に任命された文久二年(1862)から、鳥羽伏見の戦いまでに命を落とした会津藩士352名が
今も眠っている。

【2013.02.11 Monday 15:28】 author : いづな薫 
| 八重の桜 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416189
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中