大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 塚原卜伝感想 最終回 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 一票格差 | main | 発酵バター >>
塚原卜伝感想 最終回
 「塚原卜伝」が終わってしまった。
主君鹿島氏のもとで、勢力を拡大する玉造常陸之介を、「言葉に理がある、しかし義がない。信義がなければ人は付いて来ぬ。」と分析する塚原新右衛門。
彼は、群雄割拠の戦国時代にあって、剣術修行、神に仕え、義に生きる。

将軍や有力大名のもとで剣術を教えることにより、世の中の流れにも敏く、中央政治とも係わっている。
これ、時代物ドラマとして大事。
八重の桜は、主人公が女性であり政治に係わるのが難しく、かつドラマ舞台が今の所、都から遠い。
主人公より、周りの政治動静の方が面白い。

塚原新右衛門の先生、松本備前守が良い。
松本備前守は、新右衛門の実父・卜部覚賢(うらべあきかた)と、城主鹿島氏の隠居を促すクーデターを計画する。
それを、打ち明けられた新右衛門は、クーデターに反対する。
しかし、剣の師匠松本備前守は「計画を知って反対し、鹿島を出られると思うか。」と言う。
備前守は、愛弟子を我が手にかける事を決断する。
師・松本備前守と塚原新右衛門の立ち合いとなる。
一瞬の隙もない備前守だが、勝負は弟子の新右衛門が勝った。

松本備前守は、師を越えるほど成長した新右衛門を褒め、鹿島の剣を広めるため「鹿島を出でよ。」と言う。
元服したばかりの若き日、修行に出たいと言う新右衛門を、松本備前守は周囲の反対の中、”同じ言葉”で後押ししてくれた。
卜伝には、実父と養父のふたりの父がいるが、3人目の父とも言える人物である。

「鹿島は戦になるかもしれないが、巻き込まれてはならぬ。旅先で異変を聞いてもけっして戻って来てはならぬ。」と、
松本備前守は新右衛門を諭す。
 新右衛門は、神官でもあり亀の甲羅を焼いて占う「亀卜・きぼく」から名を取って、「卜伝」と名を改める。
松本備前守は2年後の戦で戦死するが、卜伝となった新右衛門は言いつけ通り帰国はしなかった。

神に仕える塚原卜伝と真尋(まひろ)兄妹。兄を行く末を占い支え続ける妹、真尋(まひろ)。
真尋の子役時代が餡ぱんみたいで可愛い。笑)
厳しい修行と家族の慈しみのある、人間関係が良かった。

強きものこそ、高潔な精神が必要である。
そう、再認識させていただいた作品である。

【2013.03.08 Friday 08:49】 author : いづな薫 
| 刀剣 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416203
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中