大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 ヨルダン戦 レーザー照射 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 衆院選に無効判決 | main | 蛤御門の戦い >>
ヨルダン戦 レーザー照射
複数の日本選手たちを直撃した緑のレーザー、由々しきことである。
落ち着いてプレーが出来ないばかりか、眼球が傷つく。

もちろんサッカー場ではないが、実は私も当たったことがある。
まともに当たると、しばらく残像が残り視力が戻るのに時間がかかる。

観客席から照射されたものだそうだが、傷害事件になりかねない試合妨害である。
欧州リーグではしばしばあるが、あっていいことではない。
勝負はフェアに戦ってこそ、意味がある。
残念ながら、それが通用しない国や人がいる。
試合中で、審判も気付かないのなら、日本サッカー連盟がアジアサッカー連盟に出した抗議文に対し、有効な対応措置が欲しい。

以前、ドイツのブンデスリーガを見ていたら、観客席から投げられたプラスチックコップ入りの飲み物が審判の後頭部に当たり、試合がその場で中止になった。
リードしていた、内田選手所属のシャルケが勝ちと言うことになっている。

選手たちは、レーザー照射を敗因に求めていない。青きサムライたちの潔さ。
事務方で働きかけ、何らかの解決策を望む。

試合結果は、周知の通り。
次試合では、ぜひ勝ってブラジルへの切符を手にして欲しい。

【2013.03.27 Wednesday 21:11】 author : いづな薫 
| スポーツ関連 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
「敗戦隠す企て」ヨルダン協会副会長。さらにサラブ副会長は「日本の避難に驚いたよ、我々はレーザーについて聞いてもいないし、気づいてもいない。警察による持ち物検査を含め、試合会場の警備は厳重を極めた。敗戦の原因は点を取れない日本側にあるのではないですか、よく分析された方がいいですよ」返す言葉無し。
| 串かつ | 2013/03/28 8:16 PM |
串かつ先生

コメント嬉しいです!

>敗戦隠す企て」ヨルダン協会副会長。さらにサラブ副会長は「敗戦の原因は点を取れない日本側にあるのではないですか

そう来ると思いました。
審判が中東の人、もしくはアジアのアウェー戦は要注意です。
外交もそうなんですが、理不尽な主張の中でいかに自分の意見を通すかが日本の弱い所であり課題です。外交もスポーツも戦いですから。
アジアカップの時、日本に不利な判定があり、選手同志一触即発になったことがあります。
長谷部キャプテンがにこにこして審判に近づき、「次は日本に有利な判定を頼むよ。」と言ったのが印象に残っています。
| いづな薫 | 2013/03/28 9:04 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416224
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中