大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 大仙陵古墳(伝・仁徳天皇陵) | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 蛤御門の戦い | main | 中世自由都市・堺  >>
大仙陵古墳(伝・仁徳天皇陵)

今週は、出張で東海道山陽新幹線で何度も東京と西国を往復した。
大阪で立寄った、大仙陵古墳(だいせんりょうこふん、伝・仁徳天皇陵)の正面写真。

全長486m、幅305mの日本最大規模の前方後円墳である。
現在宮内庁管理の仁徳天皇陵とされているが、近年の発掘調査で出土した須恵器の甕(かめ)の破片から
古墳は5世紀半ば〜後半くらいに建設されたものだと推測されている。
仁徳天皇は、西暦で427年に崩御と考えられ古墳の被葬者としては若干無理がある。

「延喜式」では、「百舌鳥耳原中陵・もずのみみはらのなかのみささぎ」と書かれている。
「延喜式」とは、平安中期に出来た法律の施行時の細かい取り決めである。

墳墓のうち、前方・後円の前方で”長持型”石棺が出ており、甲冑、刀剣、ガラス壺が出土している。
前方後円墳の周りに、明治時代に掘り直した堀があり周囲2.8km。

ランナーや散歩を楽しんでいる人を多く見かけた。

【2013.03.29 Friday 21:19】 author : いづな薫 
| 古代史 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
超古代、興味がありますね、だいたい人間の先祖が猿だと言うのが無理がありますよ、サルが人間に進化するわけないじゃん。いったい誰が最初にそんな事を言ったんですかね、人間を馬鹿にしています。いや、北京原人の骨は、なんでも船が沈んで行方不明なんでしょ、だれも見た人はいないそうじゃないですか、なんで猿が人間に進化したなんて嘘が流行ったんでしょうか、不思議だ。猿に心がありますか、反省できますか、脳細胞が記憶したり考えたりしてると主張しる人がいますが、細胞が物理的に電気信号で細胞に記憶させているなら、夜寝ている時も、耳の穴も鼻の穴もあいているんですよ、夜は音もするし匂いもあるでしょう。なぜ脳細胞は記憶していないんですか、記憶しているのは意識・心じゃないんですか、目が覚めて改めて自分に気づきこの、大宇宙の広さも認識できるんです。それほど自分の心は偉大なんですよ、猿は猿でしかないです。人間にはなれません。
| 串かつ | 2013/03/31 7:32 AM |
串かつ先生

いただいたコメント面白かったです。笑
ありがとうございます。
脳の部位ごとの働きに関しては、まだまだ解明されていないことが多いですね。
正義を考える部位が、宗教的思考もするそうですが、お屋形さまを考えるとなるほどね、と思います。
寝ている間は、どれくらい脳は活動しているのでしょうか。
伝仁徳天皇陵を含む百舌鳥古墳群は楽しいですよ。
機会がございましたら、ぜひお出かけ下さい。
| いづな薫 | 2013/03/31 10:57 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416226
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中