大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 中世自由都市・堺  | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 大仙陵古墳(伝・仁徳天皇陵) | main | 桜を惜しむ >>
中世自由都市・堺 
私にとって堺(現大阪府)は、特別な響きがある都市である。

中世まだ民衆による自治が当たり前でなかった時代、堺は会合衆(えごうしゅう)と言う豪商たちによって自治が
行われていた。

この町は、ヨーロッパから来日したバテレンたちに自由都市・堺と呼ばれ、15世紀後半〜17世紀初頭まで南蛮貿易で繁栄を極めていた。
その史跡を見て来たので、書きたい。

泉州(大阪)堺は、町の三方を濠(ほり)で囲み、残り一方は海に向かって開けている。
東アジア、日明貿易などで稀に見る富を形成した町である。

かつて平清盛の頃から兵庫の港が栄えていたが、応仁の乱で衰退。
代わって、海外貿易拠点として発展したのが、堺である。
イエズス会宣教師・ガスパルヴィレラはこの町を、詳細に活写する。

堺の町は甚だ広大にして、大なる商人が多数あり。この町はベニスの如く執政官により治められる。
〜この町は住民多数にして富み、且つ好地位を占有せる為、常に平和にして侵すべからず。

誇り高く、莫大な経済力をバックに何者にも屈しない堺商人たちの前に大きな敵が現れる。
織田信長である。
織田信長は、堺に対し、2万貫の矢銭(軍資金)を要求する。
これに反対した商人たちは、堀を深くし櫓(やぐら)を築き浪人を集め、戦う意志を固める。
しかし信長も、徹底抗戦を伝えた。
堺を戦場にしたくない和平派が台頭し、主戦派はなりを潜めることになる。
和平派の代表が、今井宗久や津田宗及(そうぎゅう)であった。
今井宗久は信長と手を組み、近くの我孫子に鉄砲工場を所有し、信長に鉄砲を供給し多大な利益を上げる。

堺の商人たちにあるのは、至上経済主義である。
そこへ、新しい権力者である織田信長が登場した。
彼も楽市楽座など経済流通を重んじたが、堺を足下に置くことを武力をもって強要している。
堺の商人たちは自分たちが信じる経済と言う力以外の、信長という新興勢力に対峙させられることに
なったのである。
しかし、信長に協調しながら鉄砲などの新しい利益を生み出して行くのである。
権力者に従うばかりではない、権力者を抱きこんで利益を上げるバイタリティが彼らにはある。

今井宗久、津田宗及は、のちに信長の茶頭になり権力者の傍近くに仕える。
京都にも豪商はいたが、この次期経済力において堺は京をはるかに凌駕する。
今井家の屋敷跡。ここは宗久の子、宗薫(そうくん)の屋敷があった所。

千利休を信長に推薦したのは、今井宗久である。
千利休は、堺の豪商で屋号魚屋・ととやで倉庫業、父田中与兵衛、母月岑妙珎(法名げっしんみょうちん)子として生まれた。
こちらは千利休屋敷跡。千利休が産湯を使った井戸がある。

大徳寺山門(金毛閣)の昭和大修理の時出た、古材を用いて井戸の屋形を建てた。
大徳寺山門は利休切腹の引き金となった木造が置かれた場所である。
下写真:柱の途中に再利用建材であることの示す”切り込みや穴”がある。
井戸は今も清水が湧き、利休を偲ばせる。
近代に至り、同場所に足袋の福助の社長の邸宅があった。

利休の師・武野紹鴎(たけのじょうおう)の屋敷跡。
利休がまだ与四郎(よしろう・利休の若い頃の名前)と名乗っていた少年時代、武野紹鴎に弟子入りを
願い出た時の話である。武野紹鴎は、与四郎に、塵ひとつないきれいな庭を「掃除せよ」と言う。
与四郎が木を揺らし落ち葉を散らし風情を出したことで、武野紹鴎は感銘を受けすぐに弟子にしたと言う。
武野紹鴎の娘婿は今井宗久で、財産や茶器を譲っている。
近くの南宗寺に、武野紹鴎の供養塔があり、耳を近づけると湯の沸く音がシュンシュンとすると言う。

こちらは大安寺。
本堂は、ルソン(フィリピン)との交易で巨富を得た納屋助左衛門(なやすけざえもん)の屋敷を移築したもの。
日時限定公開のため、この日は玄関のみ。
戦国時代というだけで大変貴重な建造物。重要文化財。

堺は信長の他にも戦国大名の多くとつながりを持った。
信長が死んだ時、家康は堺にわずかな供(とも)と滞在、伊賀を通って逃げている。
キリシタン大名で関が原の戦い後処刑された小西行長は、堺の豪商小西隆佐(薬商)の子である。
経済において最も成功した戦国大名であった上杉謙信も、堺に立ち寄っている。

元和元年(1615)大阪夏の陣の大火で、堺は全域を焼き尽くされ、繁栄を極めた町はこの世から消えてしまう。
貴重な記録も灰燼に帰し、堺の主人公であった豪商たちも没落して行ったのである。

【2013.03.30 Saturday 19:53】 author : いづな薫 
| | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
こんにちは。東京と大阪を往き来されていたのですね。吹田の友達から、大阪は桜が満開だとメールがきていました。

堺、確かに独特な響き。自治都市でしたね、忘れていました。
誇り高い町人の堺人、瓦礫処理の検討をして86億円をいただいた堺市をどんな風にみているのかしら?
確か返還しなくていい、とのことでしたよね。
| ぺんた | 2013/04/01 12:34 PM |
ぺんた様

コメントうれしいです。ありがとうございます。
大阪の話題なので、ぺんた様がお読みくださるといいな〜と思っておりました。
大阪も満開ですか。
繁栄を誇った中世の堺の遺物や文献を見るたび、大変心惹かれます。戦国時代に自治都市として存在していたのですからね。
今は決して大きくない自治体堺市、瓦礫処理で86億円受け取りですか。
受け入れを検討しただけの自治体にも復興予算の交付を決めたそうですね。
今調べたら、環境省は瓦礫処理の広域処理への起爆剤とか言っています。
何もかも狂っていますわ。
| いづな薫 | 2013/04/01 9:28 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416227
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中