大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 八重の桜「遠ざかる背中」と龍馬伝 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 信太巻(しのだまき) | main | お屋形さまを追いかけて、堺〜高野山その1 >>
八重の桜「遠ざかる背中」と龍馬伝
遠ざかる背中とは、孝明天皇のことだったのね。
孝明天皇は、慶応2年(1866)12月5日徳川慶喜を15代将軍に任命し、同月25日に疱瘡にて崩御している。享年36歳。
あくまで公武合体、攘夷論者であった。
丈夫だった孝明天皇が急逝したため、岩倉具視に暗殺されたとか噂が立ったが、種痘を受けていなかったのが仇となり
天然痘で落命した。

今回、中野竹子が出て来た。
腕が立って、頭が良くて美人だそうだ。
会津では、八重より竹子。
中野竹子の母は、照姫の祐筆だった中野孝子(こうこ)と言う人物。
竹子には、優子という妹がいる。
皆美しく、評判の家族だったそう。
特に、優子が綺麗で、会津戦争の時敵に捕らわれては大変だからと、母と竹子で優子を殺害してしまおうとする。
それを聞きつけたのが、同じく会津藩士依田(よだ)さんちの姉妹まき子&菊子で、中野母娘を思いとどまらせたと言う。

竹子は会津戦争で奮戦し、鉄砲の弾に当たって死亡。
ドラマでは八重の鉄砲をなじっていたが、彼女はその鉄砲で悲劇的な末路を迎えた。
母と姉に殺されそうになった、優子は逆に平穏に長生きし昭和6年まで生きた。79歳で没。

会津戦争を戦った会津女性で特に有名なのが、八重と竹子。
戦死した竹子の薙刀には、辞世の句が結び付けられていた。
「もののふの 猛き心にくらふれは 数にも入らぬ 我が身なからも」

山本覚馬と山川大蔵が、勝海舟にお前の目は節穴か!と怒られていたが、既に1866年末である。
幕府が倒れ、明治までもう1年の所まで来ている。
第2次幕長戦争では、大軍の幕府軍が軍制改革した少数の長州軍にボロ負けする有様。
長州や薩摩は外国と戦争をして、近代兵器の破壊力を身を持って知っているのである。
槍や刀では勝ち目はない。


さて、もうひとつの幕末。
龍馬伝アンコール放送。
龍馬が、江戸の道場へ修業に行く回で、偽手形を作成して弥太郎が付いて来てしまう。笑
主人公の活躍の場、視聴者をハラハラさせる展開、ストリーとしても良く出来ている。
龍馬の自筆の手紙からも察せられる通り、育ちが良く楽しげな人物で、日本史を動かし、ドラマティックな人生である。

1866年は、薩長同盟締結の年でもある。
西郷隆盛は39歳、大久保利通は37歳、桂小五郎は34歳、龍馬は32歳。
日本の政治を大きく動かした人物たちである。

【2013.04.22 Monday 21:03】 author : いづな薫 
| 八重の桜 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづな様、初めまして。こんにちは。
おつると、申します。

実は、以前からブログを読ませて頂いておりました。
私は、幕末大好き人間なのですが、いづな様には幕末以外にもいつも勉強させて頂いております。

サッカーも好きなのですが、私は、2014年ブラジルワールドカップで日本代表が、Top Of The Worldになり黄金のカップを長谷部選手が掲げると、本気で信じております。

話があちこちに飛んでしまい、失礼しました。

これから宜しくお願い致します。
| おつる | 2013/04/24 12:51 PM |
おつる様

初めまして、この度はコメント賜りましてお礼申し上げます。
今までも当ブログをご覧いただいていたとのこと、感謝申し上げます。
幕末がお好きなのですね。
ブログでも触れましたが、龍馬伝をまた放送していますね。
来年まで楽しめるので、嬉しいです。
幕末でどなたがお好きですか?

サッカーもお好きですか!奇遇でございます。笑

>黄金のカップを長谷部選手が掲げると、本気で信じております。

応援しましょう!
香川君がドルトムント時代に続き、マンUでも優勝しましたね。
日本代表でも勝利の女神が微笑んでくれるといいのですが。
おつる様とは趣味趣向が合うので、この先もよろしくお付き合いいただければ嬉しいです。
またお越し下さい。
| いづな薫 | 2013/04/24 3:51 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416246
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中