大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 皿尾城跡 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< お屋形さま太陽暦ご命日 | main | くるみのキャラメリゼ >>
皿尾城跡
忍城(埼玉県行田市)の北西1kmにある、皿尾城跡(埼玉県行田市皿尾)を訪ねて来た。
永禄4年(1561)お屋形さまこと上杉謙信公が忍城(現埼玉県行田市)を攻略した後、忍城をけん制するため建設した城。
(その前に忍城の城主成田氏により砦として築かれたとの説もある。)

謙信は、家臣の木戸玄斎を城代として置く。
しかし木戸が忍城城主の成田氏に寝返ってしまったため、謙信によって焼き払われている。
永禄4年と言えば、激戦第四回川中島の年。
戦国の人々は本当に大変。

この日は朝から、謙信、三成が忍城攻略のため陣を敷いた丸墓山古墳(下写真)を訪ねる。
丸墓山古墳の詳細は昨年の記録ですがこちらをどうぞ。


金象嵌の鉄剣が発見された稲荷山古墳や二子山古墳など、周囲にには10を越える古墳と、広大な公園があり大変環境のよい所である。

古墳を見ながらお弁当を食べた後、水城公園、忍城を見て皿尾城に向かう。
昨年も同時期に行田に来たが、今回皿尾城跡をぜひ見たいと思い訪れた。
忍城を出て、映画のセットのような小さな持田駅を超え、畑のわき道を通り、皿尾地区に到着。
皿尾城跡地に建つ石碑を探し始める。
皿尾城は、観光案内所でいただいた現代の地図には載っていない。
城跡だと言う高太寺(こうたいじ)と泉蔵院は歩いていて見つけたが、皿尾城跡石碑が見つからない。

ローカルすぎる田園風景に、同行のえりっちょさんは「こんな所に訪ね歩くのいづなさんしかいない。」笑

皿尾城の石碑は、大雷神社と言う所にあるらしいとスマホで見つける。
う〜ん、Google地図がつながらない。
えりっちょさんが検索して見つけてくれた。
大雷神社は、泉蔵院〜高太寺(こうたいじ)の更に奥にあるらしい。
何度も行ったり来たりする私たちを、不思議そうに見ている地元のおじいさん。笑

あった大雷神社!
大雷神社のほか、雷電神社とも言われるが、久伊豆神社・大雷神社合電(ひさいずじんじゃ・だいらいじんじゃごうでん)が正式名称とのこと。
文治4年(1188)に忍城の城主のご先祖様成田五郎長景が建てた。

オリエンテーリングな感じで城跡探しをしていたので、久伊豆神社をクイズ神社?と呼ぶ私たち。

ようやく着いた大雷神社白い鳥居をくぐり、右に行くと社殿がある。
境内を探しても石碑はない。
ブランコがある小さな児童公園が隣りにある。

公園入り口に石碑があった!
あった、あったと喜んでいる私たちを、何だろうと見ている子供連れのご婦人。
周囲には、土塁やら空堀らしき遺構がわずかに見受けられる。

【2013.04.30 Tuesday 20:01】 author : いづな薫 
| 上杉謙信 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
こんにちは~。

忍城にまつわる名所旧跡をふんだんに載せた行田市の観光地図。
しかし何も記されてない箇所を指して…いづなさん、
「ここの皿尾城に行きたいのだけど。」

「え?」
私にはいくら目を皿のように凝らしても
「城」の文字が見えませんでした。

そんな皿尾城祉、程なく無事見つかって良かったです(*´∇`*)。
450年程前、ここに謙信公のお城があったなんて想像つかないなぁ。。とぼんやり田園風景を眺めながら、
春日山の麓や御館公園を思い出しておりました。
正に宝探し遠足ですね。
楽しゅう、愉しゅうございました。
ありがとうございました(^^)。
| えりっちょ | 2013/04/30 10:12 PM |
えりっちょ様

毎度お世話になりありがとうございます。

<私にはいくら目を皿のように凝らしても
「城」の文字が見えませんでした。「城」の文字が見えませんでした。

それでもスマホと足で探してご一緒して下さってありがとう。笑
出来上がった地図に頼らず、自分の頭で考えながら行動。これ何についても重要ですよね。
御用メディアの記事を鵜呑みにせず、自分で調べて考え答えを見つける、と言うように。
地図よりコンパスと頭です。

結構大規模なお城だったようですよね。
住所検索だといっぱい出てきちゃって見つからないです。
また宝探し遠足に参りましょう!
| いづな薫 | 2013/05/01 8:57 AM |
 皿尾城跡、よくぞ見つけましたね!笑 いづな様&えりっちょ様さすがですね。きっと上でお屋形様が導いてくれたのかもしれませんね。460年も前のよすが、いいですね。ロマンがあります。
 しかし永禄4年、あの激闘「八幡原の戦い」の年によくやりましたね〜 私も日頃いつも忙しいとグチッていますが、お屋形様を見習わなければなりません。笑
 皿尾城跡、私もいつかは行ってみたいところです。もしかしたら、このブログでこれから名所になるのかもしれませんよ。埋もれている名所旧跡は結構ありますよね。いづな様ご丁寧なご報告ありがとうございました。
                        義太郎
| 義太郎 | 2013/05/01 10:41 AM |
義太郎さま

お待ちしておりました〜(^O^)/。

<お屋形様が導いてくれたのかもしれませんね。

道に迷った時、「こちらぞ。」と聞こえたような気がいたしました。
でも辺りをぐるぐる回っていると、「そなたたちで考えよ。(-。-)」とも聞こえたような。爆

<永禄4年、あの激闘「八幡原の戦い」の年によくやりましたね〜 
この年、鎌倉の鶴岡八幡宮まで出かけていますからね。
軍記物記録なので真偽のほどは明らかではありませんが、例の忍城の成田氏との事件もこの年です。
毎日が有事で、本当に命をすり減らしてしまいますね。

<忙しいとグチッていますが、

え〜そうですか?意外でございますね。
上杉会で、また古城探訪でもしましょう!
| いづな薫 | 2013/05/01 1:29 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416252
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中