大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 大包平(おおかねひら) | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< ジェシカと考える環境問題 | main | またもや高野山 >>
大包平(おおかねひら)

日本刀の最高傑作、大包平(おおかねひら)が公開中なので、東京国立博物館で見て来た。
奇跡のような名品である。
作者は備前国の名刀工、包平(かねひら)。平安時代12世紀、国宝。

包平に”大”が付くのは、大きいからと言う意味と、比類なき偉大な作品との意味もある。
長さ89.2cm 反り3.4cm 元幅3.7cm 先幅2.5cm 茎(なかご)の長さ23.3cm
元重ねが0.75cmと比較的薄いことから、これだけ長大な太刀でありながら軽い。
鎬造り(しのぎづくり)が高く踏ん張りがある。
切先は締まり、見事なまでの猪首となっている。
小板目肌がつみ、地沸(じにえ)つき、地景(ちけい)しきりに交じる。
刀文は小乱れに足、葉(よう)入り、小沸(こにえ)つき、金筋入る。

備前池田家に伝わったが、1967年、当時の文部省が6500万円で買い上げた。
大包平も、名刀の産地、備前で生まれた。
大包平の周りには、見学する方がいっぱい。
うっとりと、長時間眺め続けている若者も。
価値を分かる方が沢山いらして、嬉しい限りである。

800年以上前に作刀されたが、今も魅入られてしまいそうな輝きを放っている。


通常、包平の作品は「包平」と二文字を切るが、この作品は、「備前国包平作」の銘が堂々と刻まれています。
歴史に残る、会心の一振り。


こちらは、上杉謙信公の太刀。
黒韋包金桐紋糸巻太刀(くろかわづつみきんきりもんのいとまきのたち) 


豪壮華麗な太刀である。
お屋形さま好みの平巻き、紫糸と打刀用であったらしき古鍔(こつば)に分厚く金を載せている。
現在刀身はなく、拵えが重要文化財。
総長102.7cm。
目貫、縁、大切羽はなんと純金、その他の金具も厚く金がほどこしてある。大変重量感がある拵えである。
この豪華な拵えは黄金太刀といわれる品であり、将軍しか佩用が許されなかった。
もしかしたら、将軍家から贈られたのかもしれない。


前にもご紹介したが、輝虎(謙信公)永禄8年(1556)安房の里見氏に宛てた書状。
里美氏の重臣正木時忠が北条氏に寝返る。
上杉氏は北条氏と敵対しているため、里美氏救援に自ら出陣すると告げている。
実際次の年、謙信公は里美氏救援のため安房に向かっている。


千利休作、竹一重切花入(たけいちじゅうきりはないれ) 銘 園城寺
1590年秀吉の小田原遠征の際、製作された品と言われる。
江戸時代の茶人として名高い、松江藩7代藩主松平不昧(ふまい)に伝えられた。


博物館を出て来たら、なっなんと、龍と毘の旗がはためいている。
むむむ・・・ここは21世紀、東京(上野)のはず。
上野公園で、長岡・佐渡フェアでした。

本物の刀鍛冶を実践中。

栃尾のあぶらげんしん君も登場。あぶらげですが、刀と龍と毘の旗指物が付属している。草履はいているし。
私は、新潟特産のいり豆、イカなどを買い物いたし候。

【2013.05.19 Sunday 16:47】 author : いづな薫 
| 刀剣 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
「NY自由の女神と同等の宝」

 おおおおおー!!ついに出ました国宝「大包平」!!
すばらしいですね〜まさに日本一と称される、日本刀の宝です。
古備前三平(さんひら)のなかでも名刀工・包平の最高傑作です。東京国立博物館で、2005年と2007年に展示して以来、音沙汰が無かったので海外で展示しているのかと思っていましたが…ついに展示なりましたか。
 しかし、2尺9寸4分の豪壮なつくり。見事な反り。写真からでもそのオーラは十分に伝わってきます。まさに日本刀の奇跡でしょうね。これ見られた方々は本当にラッキーですよ。いづな様、ありがとうございます!私も絶対に観にいきますよ!

 逸話も数多くあって、かつて明治天皇が見たいと申された時、池田伯爵が「岡山まで見に来て下さい」と返答したとか、GHQマッカーサーが所望した際には「NYの自由の女神と交換ならよいですよ」(笑)と返答したことなど、いかにその「宝度」が分かりますよね。

 謙信公の黄金太刀拵えも見事ですね。さすが、謙信公。拵えにも気品がありますよね。理知的で教養の高さが伝わってくるようです。
 おや、上野に「毘」「龍」の旗が!やっぱり最近、謙信公ブームの風が吹いていますかね〜笑
 刀鍛冶実演ですか?珍しいですが、いいですね〜刀鍛冶の実演ってちょっとビックリしますが(笑)時代も時代ですから〜
 あぶらげんしん君、東京でもちゃんと営業していますね(笑)
                        義太郎
| 義太郎 | 2013/05/20 9:28 AM |
義太郎さま

お待ちしておりました。笑
ご解説&コメントありがとうございます。
大包平の前は混んでいましたよ。
価値の分かる方が多くて嬉しいです。
アメリカだったかしらSAMURAI何とかと言う展示会に出ていましたよね。
現在、大包平の他、蜂屋長光、石田正宗、一文字派の今荒波も公開しています。
今荒波は躍動感のある波のような刃文が美しかったです。
6月9日まで公開です。
数年前ですが、大包平と並んで東西横綱の童子切安綱も、東京国立博物館で公開していました。
自由の女神と交換ですか。笑
交換したくないです。
所持する者の精神を問うのが日本刀ですから。
大包平ご覧にいらっしゃいますか?

刀鍛冶実演、ちょっと驚きですよね。
鍛冶体験出来て3000円です。大丈夫でしょうか。
栃尾のあぶらげは、東京ではスーパーによく置いてある商品になりました。
あぶって食べると大変美味しいです。
| いづな薫 | 2013/05/20 11:10 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416267
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中