大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 八重の桜感想「会津を救え」世良修蔵について | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< Twitterから | main | W杯予選イラク戦 >>
八重の桜感想「会津を救え」世良修蔵について
 久々、八重の桜感想。興味深い人物が出て来たので。

東北おける戊辰戦争のきっかけになった長州藩士・世良修蔵が出て来た。
鎮撫軍参謀、世良修蔵は仙台藩、米沢藩との会合中に会津藩が謝罪するための条件3つを出す。

1)松平容保の斬首
2)嗣子若狭守の監禁
3)城の明け渡し

タイトルにもあるが、会津藩を必死に救おうとした藩がある。
上杉家の米沢藩である。
米沢藩は、上記の「3条件は過酷過ぎるとし、会津藩も承服できまい」と考えたとの史料が残っている。
そこで、世良の案とは別に、徳川宗家の処分にならい「城明け渡し、削封(禄高を削る)、家老の首を差し出す」を、謝罪条件にしてはどうかと会津に持ちかける。

会津藩は、答えを決めかねた。
藩主親子は恭順の意があるが、家臣たちがああだこうだともめている。
会津は、「城明け渡しは出来ない、削封のみでいかが?」と米沢藩、仙台藩新たに交渉に加わった二本松藩に告げる。
「削封のみでは、鎮撫軍は到底受け入れまい、城明け渡しは必須である。」と、3藩は告げる。
米沢藩は、言うことを聞かねば「会津を討つ!」とまで言った。
今度は会津が折れ、藩主容保の「城外謹慎と削封」を条件に出した。

しかし、米沢藩から無条件降伏を条件に出されていたにもかかわらず会津藩はフランス式軍制改革を整え抗戦体制に入る。
新選組を会津に同行させているのも、戦に備えてのことである。

奥羽諸国は同盟を組み、新政府軍に対し平和的解決を要求している。
みな国を守るためである。
主戦論も一部あったが、穏健派の米沢藩に諸藩合意した。

世良修蔵ら鎮撫軍が仙台に入った時の記録、仙台戊辰史と言う文書がある。
一行は酔いに乗じてひどく愚かな振る舞いをした。乱暴狼藉を働き、仙台藩士を侮辱した事が記されている。
鎮撫軍を最も嫌ったのは、仙台藩である。
一部だが、薩長を武力で追い払おうと主張する者もいた。
実際、参謀世良修蔵暗殺事件も起きた。
世良が、東北諸藩を撃つべしの密書を送ったのが惨劇の直接原因である。

世良修蔵、立場柄、東北では非常に評判が悪い。
仙台藩士に福島で襲撃された時は、重傷だが生きた状態で捕縛された。
密書について尋問されたが、顔面血まみれ、負傷のため答える答えることが出来ず、失神したと言う。
白石にいた仙台藩首脳らのもとに護送は無理だと判断し、福島で斬首されたのである。

【2013.06.10 Monday 20:29】 author : いづな薫 
| 八重の桜 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416285
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中