大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 新たな原発事故 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 福島の子供の甲状腺がん増加 | main | 謙信公祭と柏崎刈羽 >>
新たな原発事故
福島第一原発で、毎日毎日膨大な高濃度汚染水が漏れ続け、国際原子力事象評価尺度(INES)で
レベル3だと言う。
これは、もう新たな原発事故である。

さらには、新たなタンク2基に漏えいの疑いがあるという。

レベル7の事故が、手の付けられない状態で続行中なのにである。

危機的状況の中、安倍政権は、海外向けに原発トップセールスを繰り広げて来た。

汚染水は福島原発から出て、太平洋を汚染し続けている。
ドイツのキール海洋研究所のシュミレーションでは、太平洋全体に汚染が回っている様子がわかる。
太平洋の魚は、もうだめかもしれない。
日本海側も、3〜4年後は危うい。
諸外国から、巨額の賠償金請求が起きる可能性がある。

2年前の原発事故で、当時の民主党政権がその対応をめぐって非難を浴びた。
しかし、原発を50年に渡って推進し、今事故処理を誤っている自民党の方がはるかに責任が重い。
原発事故真っ最中に、長期夏休暇を取った安倍首相、税金で海外豪遊視察に出かける議員たち。
この無責任さは、一体何か。
自民党に勝たせた国民にも、大いに責任がある。

つい先日、山本太郎さんの原発映画が、全国大勢の市民による運動で、公開にこぎつけた。
「はだしのゲン」閲覧制限に関しても、やはり相当数の市民が電話をし、今松山市で検討中である。

多くの国民が、積極的に動けば、世の中は変わる。

原発はアメリカがやめないから、走狗の日本もやめないのである。
米の走狗でいることで、富と地位を得ている政治家が大勢いる。
何度も言うように、彼らは日本国民より、アメリカの利益、自分の利益が大事である。

大量の高濃度汚染水漏れについて、国民の大きな運動がまた起きるかもしれない。
起きなければおかしい。
皆様にもどうか、国、行政、地元議員(票を入れてくれる人には弱い)に、何卒その御声を届けていただきたいと思う。

【2013.08.22 Thursday 20:37】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
怒り(゚Д゚)ノを込めて、もう限界だ。天罰ですよ、しかしいつも被害を被るのは関係のない一般人、戦争と同じです。太平洋戦争も馬鹿お偉方の判断で無駄死にした一般の方が大勢おられました。共通してるのは、世間の知らない官僚、世間の知らない大学教授、世間の知らない政治家(一部の方は知っている人もいるが)、こうなると日本国はおしまいです。「仏の顔も三度まで」慈悲深く心の広い仏でも、三度も顔を撫(な)でまわされて馬鹿にされれば、ついには怒り 出すの意から。皆さん分りますか、三年待ったんですよ、三年も、仏さんの心が泣いているんですよ、情けなくて、無能で。いづな先生、世間には優秀な技術者が沢山いるんですよ、特に定年退職し日本を経済大国にした優秀な技術者達が、幾多の難工事を克服しトラブルを処理してきた優秀な技術者達が。東電よ原子力規制委員会よ、大学の教授達よ、世間の知らない、お前達じゃダメだ。
| 串かつ | 2013/08/23 2:40 PM |
串かつ先生

貴重なコメント心より感謝申し上げます。

>いつも被害を被るのは関係のない一般人、戦争と同じです。

はい。仰るとおりです。
アメリカ、日本の親米政治家、技術官僚、御用学者、これら原子力村に、国民は隷属させられて来ました。
いや、もう本当に気付かないと後がないんですよね。
こうしている間も、ストロンチウム始め放射性物質を含む高濃度汚染水が大量に漏れています。
上のキール海洋研究所のシュミレーションには、さらに数年後と言うのがありまして、その時は日本海も高濃度汚染を示す赤になっています。

>世間には優秀な技術者が沢山いるんですよ、

そう思います。
かつては、リスクを背負っても挑戦する優秀な技術者、経営者が多くいましたね。
今、大問題の関電ですら、昔は社運をかけて黒部ダムを建設し、安定よりリスクを取る会社でしたものね。
| いづな薫 | 2013/08/23 7:57 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416347
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中