大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 今宵は十五夜 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 秘密保護法パブコメ締め切り | main | 子供世代のみなさまへ >>
今宵は十五夜

猛暑の夏がようやく過ぎ、今年は秋らしいお月見が出来そうです。
ススキや団子、里芋、お神酒をお供えして、秋の澄んだ夜空に浮かぶ満月を眺める。
何とも風流な、行事です。
旧暦の8月15日にあたり、仲秋の名月、十五夜と呼ばれます。

仲秋の名月を愛でる風習は、昔中国から伝えられ平安時代には貴族の間で楽しまれました。
時代が下り、武士、庶民の間に取り入れらています。
月の満ち欠けは、昔の人にとって月日を知る手段であり、農作物管理に重要でした。
芋の収穫時期でもあり、芋名月などとも呼ばれます。

十五夜から1ヵ月後には十三夜がめぐって来て、栗や豆の季節であり、栗をお供えします。
栗名月、豆名月とも呼ばれます。
収穫の時期と重なり、自然の恵み、豊穣に感謝する意味あいを感じます。
自然とともに生きる、現代人に忘れがちな価値観を思い起こして参りたいです。
月が出る頃には、うちもお団子を用意する予定です。

私は最近、秋のさまざまな虫の音を聞きながら読書を楽しんでおります。

【2013.09.19 Thursday 08:23】 author : いづな薫 
| 歳時記 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
おはようございます。
秘密保護法の件では、詳しく教えていただきありがとうございます。
長男の自主勉強の新聞の切り抜きの意味調べと感想、昨日の朝刊の秘密保護法をとりあげたものの、新聞だけでは私と同様、理解できなくて、いづなさんの記事を一緒に読みなら、ゆっくり理解していったようです。
親子してお世話になっています。
パブリックコメントについては、聞かなきゃ分からないのか?と。
確かに行政だけに都合が良いということに気付かない、分からない、ということか。
まだまだ、子供の質問にもすぐには答えられない私がいます。

今朝のテレビで、今日の満月は8時頃が100パーセントの満月だそうですね。
小3の長女が白玉団子を作るとはりきっております。月見団子とは違うんだけどね。

| ぺんた | 2013/09/19 9:33 AM |
ぺんた様とお子様たちへ

ブログをお読みくださり、感謝いたします。
秘密保護法は、国民の知る権利が脅かされる可能性がありますね。
そして安倍首相は、秘密保護法と集団的自衛権の行使容認を強く進めています。

お子様たちへ解説です。
集団的自衛権(しゅうだんてきじえいけん)行使容認(こうしようにん)とは、アメリカと一緒に日本がどこかの国と戦うことです。
自衛隊がアメリカ軍とおなじ行動を取る時、おたがいの秘密がばれないようにするため、秘密保護法が必要です。

しかし、日本がどこかの国を攻めれば、その国に仕返しされるかもしれません。
戦地で、とは限りません。
日本国内かもしれません。
そう言うテロが、スペインで実際に起きました。
191人も亡くなっています。

>パブリックコメントについては、聞かなきゃ分からないのか?と。

国民に政府が聞かないとわからない、と言うことでしょうか?
この国のあるじは、国民です。
国民がどうしたいか意見を言い、決めるのです。

>8時頃が100パーセントの満月だそうですね。

ではもうすぐ外に出てみますね。
うちは月見の前に団子がなくなりました。爆
| いづな薫 | 2013/09/19 7:44 PM |
今、お返事を長男とお返事を読ませていただきました。ありがとうございます。

今朝の朝日新聞の社説に、安部政権を少し非難はしてありましたね。

中秋の名月、空気も澄み切って本当きれいですね。
| ぺんた | 2013/09/19 9:00 PM |
ぺんた様

柏崎刈羽署名、御協力ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
| いづな薫 | 2013/09/20 4:18 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416368
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中