大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 子供世代のみなさまへ | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 今宵は十五夜 | main | 戦争の最初の犠牲は、真実である。 >>
子供世代のみなさまへ
                              

戦国カフェに、ご感想を下さるいちばん若い方は今12歳です。
最近ちょっとむずかしい話題が多いので、わかりやすく書きます。

秘密保護法(ひみつほごほう)という法律を安倍首相が作ろうとしています。
首相は憲法を変えて、自衛隊にアメリカ軍のてつだいをさせようとしています。

法律は、わたしたちが守る約束ごとです。
憲法とは、政治家や公務員、天皇が守る約束です。
政治家は、好き勝手したいので、自分たちがまもらねばならない憲法を変えようとしています。
政治家には権力があります。
だから、好き勝手できないように、私たちが約束をまもらせているのです。

みなさんは、この国でいちばんえらい人はだれだか知っていますか。
総理大臣では、ありません。

わたしたち、国民です。

わたしたちは、わたしたちの命や生活に関する大切なことを知る権利があります。
それを、政治家のひとたちはわからない人が多いようです。
だから、政治家には自分の意見を言いましょう。

子供のみなさん、
あなたたちが大人になるころ、戦争に行かされるかもしれません。
そうならないよう、今から歴史を学んで欲しいのです。
平和な時代に戦争を知ろうとしたら、歴史を学ぶしかありません。
早すぎることはないです。

学校で歴史の授業がはじまる前に、歴史を知ったほうが良いです。
話題なった、はだしのゲンを読むのも良いでしょう。

私は、小学校低学年の時はじめて、太平洋戦争の時に日本軍が使った人間魚雷(ぎょらい)を見ました。
火薬をつんで敵の船に突っ込み、運転している人は死にます。
死にたくなくても、運転している人は、命令で死ななければならないのです。
大変ショックを受けたことを、いまでも鮮明に覚えています。

その人は、今これを読んでくださるあなたとおなじ人間です。
おうちもあるし、家族もいるでしょう。

戦争をするときは、相手がいます。
敵の人もまた家族がいるし、死にたくないのに戦いにまきこまれて死ぬ人が多いのです。
転べば痛いし、もし死んだりすれば家族はとても悲しみます。
それは、地球上どこの人もおなじです。
よその人への思いやり、他民族へのおもいやりの心を持ってほしいのです。
そうすれば、争いはなくなります。

よその国の、ふつうの人の意見を知ることも大事です。
そして、自分の頭で考え、意見を言う練習をして欲しいのです。
メールなどで、外国のおともだちができるといいでしょう。

そして、テレビや新聞がこのさき、ますます本当のことを言わないようになるかもしれません。
外国のおともだちを作ったり、日本語以外の情報が読めるよう、外国語も勉強してほしいです。

おなかがすいたらごはんを食べられたり、家族と暮らせたりできるのは、平和であるからです。

しかし、平和は当たり前にあるものではありません。

どうしたら争わないですむか学習して、みなさんでがんばって守らないと、平和は続かないのです。

                            

【2013.09.20 Friday 13:14】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(3) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
分かりやすく説明してくださりありがとうございます。

はだしのゲンは、今10巻の途中を読んでいます。一番印象に残っているのは、天皇は戦争犯罪者、というところてす。

外国語も頑張ります。


長男のお礼です。

はだしのゲンは、前の学校の高学年図書室に入れるようになって、マンガとして読み始めたのがスタートらしいです。
今回、問題になり、再読しているようです。
足の骨折のため、運動場で遊べなかったので、図書室に行く回数も多くなり、再読へとすんなりいったようですね。
まだまだ、外国語の必要性を理解はできていなかったようですが、理由をきちんと教えていただき、よかったようです。
ありがとうございます。

保護法については、増税のように安部さんの「決めた!」の一言で決められませんように。

ありがとうございました。 ぺんた。
| そうたん | 2013/09/22 11:56 AM |
そうたん様

コメントいただきとても嬉しいです。
どうもありがとうございます。

>天皇は戦争犯罪者、というところです。

そこが印象的だったとは、すごいです。
今でも、戦争に対する責任を認めたがらない政治家が時々出て来て、
問題となっています。

昔、日本の憲法は「大日本帝国憲法」と言いました。
その中で、軍事に関し大変大きな力を持ったのが天皇です。
今とは全然違うことにお気づきでしょう。
ですので、1945年戦争が終わった時、天皇が戦争責任をまぬがれることは難しかったのです。
でも天皇の責任をなしにするため、宮中の人はGHQ(日本占領軍のアメリカの総司令部)にひそかにお願いしました。
アメリカもまた、日本を間接支配したいがため、天皇の責任を問わないことにしたのです。

>外国語も頑張ります。

英語を学校で習っていらっしゃいますか。
英語がわかると、5倍くらいの情報が得られます。

そうたん様は大変かしこい方ですね。
日本の未来に希望が持てます。

ぺんた様

お子様の戦争責任のご指摘、鋭いです。
ご立派です。
子供さんたちは、大人のウソを見抜く力があるので、政権がいろいろ教育してしまおうとします。
はだしのゲンは、戦争を知る良い機会ですね。

この先より一層、私たちは物申す国民でいなければなりません。
| いづな薫 | 2013/09/24 10:04 PM |
秘密保護法 反対
秘密保護法が成立したら日本が戦争する
秘密保護法の成立は無理がある
| 秘密保護法 反対 | 2013/09/24 10:19 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416372
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中