大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 「共謀罪」とは何か。 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 自宅で干物 | main | 忠臣蔵 >>
「共謀罪」とは何か。
 秘密保護法を、国民の猛反対にあいながら成立させた政府が今度は「共謀罪」創立と来た。

共謀罪とは何か。
2人以上の人が集まって、犯罪を話し合うことを処罰する法律である。
デモをしようと相談しても、捕まる可能性がある。
メールや日常会話を、傍受しての捜査が可能である。

 
「お上の言うことに、口出すな、批判は許さない、国家や政府あってのおまえらである。」と言うこと。
国の運営は、権力サイドですべてやる。国民は統治されるのみ。
「これではお隣の人治国家と変わりない」、書いたら隣国叩きの好きな人から批判が来た。
法律も安全保障も国際政治も分からず、隣国バッシングをするバカも少しは勉強した方が身のためである。

日本の民主主義は、今大変な危機に瀕している。

犯罪とは、法律違反を起こし誰かの生命や利益が損害させられた時に、処罰するものである。
もちろん、犯罪計画を立て危険性が生じれば捕まることがある。
例えば、AとBが集まり話し合い、Cを襲おうと凶器を購入し待ち伏せ。これは明らかに危険が生じている。
しかし、「共謀罪」は危険性は生じずとも、話し合い決め事をするだけで罰することが出来る。
凶器は買っておらず、襲撃計画も立てていない。
話しただけなら、心の中で思ったことと、法律上は大差はない。
 
私は先日、仕事の同僚と安倍や石破が何かの理由で失脚しないかと話した。
この同僚の祖父は、戦中、政府を批判し治安維持法で投獄されている。
正直、日本国民のために安倍政権は消滅していただきたい。
結局、「病気で失脚が良い」と言う答えに落ち着いたが、この対話だって罪に問えば問える。
ちなみに、政府は、”共謀罪に当たる犯罪を大幅に増やす法律”も決めようとしている。
 
安倍政権は、来る東京オリンピックに備えてテロ防止のため「共謀罪」の必要性を訴えている。
安倍政権の親分・米国には、「共謀罪」がある。
が、9.11を防げなかった。
共謀罪はテロを防ぐことは出来ない。
 
そして、安倍政権はテロだけを「共謀罪」の対象としているわけでない。
障害、収賄、詐欺、恐喝、有印私文書偽造など600以上の罪を対象としており、市民生活を著しく阻害するものである。
 
重要なのは、ただ話しただけで、「共謀罪成立」すると言うこと。
 
反政府的な言動をする人を、邪魔だから摘発することが可能である。
犯罪者になることを恐れ、意見が言えなくなり、仲間同士連帯することが出来なくなる。

情報を遮断され、集会を禁じられ、何が起きているのか分からないまま、行き着く先は”戦争”である。
秘密保護法と集団的自衛権行使容認、共謀罪、政府は着々と戦争準備を始めている。
今、日本ほど戦争したがっている国はない。
 
どうか、皆さまにも「共謀罪」反対の声を上げていただきたい。

【2013.12.13 Friday 20:00】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416437
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中