大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 twitter | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 忠臣蔵 | main | 東京都議会 百条委員会の設置決定 >>
twitter

【2013.12.16 Monday 20:25】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
ブッタ「修行者よ、よく私に気がついた。私はゴーダマ・シッタルダという一修行者だ。バフラマン(梵天)からそなたが私を訪ねて来ることを聞き、ここで待っていたのだ。」ヤサー「シュバラーシュバラー、アポロキティーシュバラー」。ヤサーはこの言葉を千金の思いで聞いた。目からは感動の涙が溢れ出ていた。ヤサーは大富豪の息子でなに不自由のない生活をしていたのだが、両親が亡くなり、財産を小作人に全て分け与え、本物のブッタが現れ人々を救っていると旅人から聞き、その地に行こうと旅を続けていた。妻のパドラーとも途中で別れて、パドラーも比丘尼の修行場を目指し途中別れたのだ。ヤサーはパドラーの姿が見えなくなるまで見送った。天は見ている、心は全て見とうされ嘘などつけないし、苦しみなどつくれないこと日本の指導者は知るがよかろう。ヤサーはシャラベスティーの大樹の下で瞑想している人物が、ボロは身にまとっているが、安らぎがあり頭から黄金色の柔らかい光を放射しているのを目撃し、これは本物だ弟子にしてくださいと願い出たのです。
| 串かつ | 2013/12/18 5:08 AM |
おはようございます。

猪瀬知事の答弁というか、しどろもどろの言い訳、そして奥様のせいにしている様子、もはやみる価値すらありませんね。残念です。辞任後、東国原氏になりかねない気もしますが。。。

ごめんなさい、私と長男の見落としかもしれませんが、共謀罪について、あれ以来紙面には出ていないと思いますがいかかですか?
秘密法と同じように、短期で強引に決めてしまうために、ギリギリまで詳しくは載せない、知らせないのでしょうか??
もしよろしかったら、教えてください。

いつもありがとうございます。
| ぺんた | 2013/12/18 11:38 AM |
串かつ先生

ありがたい説話を感謝申し上げます。
政権与党や官僚は、まだ嘘をつき国民をだまし続けられると確信していると思います。
マスコミを牛耳り、まだまだ新聞テレビ報道を信用している人も多いです。
無関心な国民も、劣悪な政治家に実質加担していますね。
ナチズム研究した政治学者ハンナ・アーレントの言葉に「凡庸な悪」があります。
「悪は凡庸さの中にある」です。
ホロコーストの本質とは、我々ひとりひとりの中にある無自覚・無反省・無関心・無知だと言うことです。
思考停止、現実からの逃避、想像力を働かせない、判断しない怠惰がが巨悪を生み、放置することになります。
「無関心な国民は愚かな政治家に支配される。」と言う古いギリシャの格言がありますが、今でも同じ状況です。
| いづな薫 | 2013/12/18 3:06 PM |
ぺんた様

コメント賜り、いつもお読み下さりぺんた様とお子様に感謝申し上げます。
猪瀬氏辞任は時間の問題ですね。辞任だけでなく逮捕かもしれません。

>辞任後、東国原氏になりかねない気もしますが。。。

東国原氏、2007年朝日の発言です。ぺん様のご子息様もぜひお読み下さい。↓
「徴兵制があってしかるべきだ。若者は1年か2年くらい自衛隊などに入らなくてはいけないと思っている。」

徴兵制を決めるとなるともちろん国政ですが、国会議員も知事も地方議員も、国民生命の安全と財産守ることが第一の任務です。

共謀罪は、来年の通常国会への提出を見送る方針を固めています。
秘密保護法に共謀罪と来たら、支持率は更に低下しますから”今”は避けたのでしょう。
ただ、国民が動揺している間に次の矢は放たれると思います。

今の政権、国民の意見聞かず、信じがたい時代錯誤の頭を持っています。
この国が、中国、昔のソ連と勘違いしているのではないかと思います。
| いづな薫 | 2013/12/18 3:50 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416440
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中