大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 ジビエ鹿肉の赤ワイン煮 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 都知事選など | main | ありしの日のクリスマス風景 >>
ジビエ鹿肉の赤ワイン煮


クリスマスなので、ジビエ鹿肉のお料理。
フレンチレストランでおなじみの鹿肉ですが、おうちで作ったのは初めてです。
あっさりしているけれど濃密な旨味のある鹿肉、柔らかくて美味しいです。

お屋形さまのクリスマスレシピ、今日はジビエ鹿肉赤ワイン煮。

通販は以前より、デパートでも食材としてのジビエ鹿肉を置いていることがあります。
手に入りにくい場合は、牛肉、豚肉、鶏肉でも美味しく出来ます。

材料 4人分
鹿肉もも 800g 
オリーブオイル 適宜
みじんぎり玉ねぎ 1個分

ソースの材料
赤ワイン 200cc
料理酒  100cc
ブイヨン 1個
水   1リットル
黒こしょう 適宜
ホールトマト缶 半分
月桂樹の葉 2枚
にんにく 1かけ みじん切りにしておく。
あれば、パセリやセロリの軸

ソース仕上げ
バター 20g
ケチャップ 大さじ4
ソース   大さじ2
料理酒   大さじ2
こしょう 適宜
塩  適宜
付け合せ
にんじん 1本
ブロッコリー 半分


作り方
 
1)鹿肉を4〜5僂棒擇蝓塩コショウを振る。
 フライパンにオリーブオイルを敷き、表面に焼き目をつける。

2)1をフライパンから取りだし、みじん切り玉ねぎをいためる。

3)厚みのある鍋に、鹿肉、ソースの材料全てを入れて煮る。
  あくを取る。そのまま1時間くらい煮る。

4)煮ている間につけ合わせの野菜を切り、茹でる。

5) 3の肉を取り出す。
  3の鍋をそのまま、半分まで煮詰めたら、セロリやパセリの軸、月桂樹の葉を取る。
  丁寧に作る場合は、ここでざるでこす。こさなくてもOK。
  ソース仕上げの材料を入れ、味見して塩コショウで味を調える。

6)5にもう一度、肉を入れ、温める。

7)6の火を止め、肉をお皿に盛りソースをかけ、4の野菜を添えて出来上がり。

【2013.12.23 Monday 20:29】 author : いづな薫 
| 武将キッチン | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416446
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中