大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 軍師官兵衛「忘れえぬ初恋」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< おでん | main | 都知事選 細川氏出馬表明 >>
軍師官兵衛「忘れえぬ初恋」
栗山善助が出て来た。
後に、黒田家の「一老」と言われた重臣になる人物で、黒田官兵衛の代わりになるほどの知恵と、
武勇を兼ね備えていた人物である。

 
官兵衛が亡くなる時、息子・長政に「わが亡き後は、栗山備後(善助)を父と思え。」と遺言している。
それほどの逸材だが、最初仕官した時は、黒田家の下働きである。
有岡城の牢から、官兵衛を救出した家臣のひとりでもある。
栗山善助はまさに、若き日から官兵衛を支え、苦難を共に乗り越えて来た家臣である。
官兵衛の周りには、栗山のような官兵衛のためなら命もいとわない家臣があまたいる。
信長の弟信行殺害シーンが出て来たが、当時は親兄弟が殺し合い、裏切りが日常茶飯事、
君臣の間にも忠義は珍しい時代である。

黒田官兵衛と言う人は、自己の血筋にこだわらず、血のつながらない子供を分け隔てなく養育している。
そして、封建社会に生きたにもかかわらずその制度が染み付いておらず、家臣を大事にし周囲には
有能な家臣が多く集まった。
元来、黒田家は近江源氏の末裔で浪人同然で播磨に移住し、信憑性のあまりない史料によるものだが、目薬で当てたと言うことになっている。
官兵衛の祖父重隆の代で急に財を成したのは確かなので、代々の譜代家臣はいない。
重隆は、たくわえた財で田畑を買い、米や金を貸すようになる。
その頃、5割、4割だった利息を2割とし、しかも担保を取らなかった。
借米した者は、月に2日、黒田家で耕作や壁など屋敷修理に従事すると言う、当時としては破格の好条件である。
「黒田の二割米」として噂が広がり、人々が集まって来た。
彼らを、郎党として雇ったのである。
 
櫛橋伊定(くしはしこれさだ)は、(黒田家譜では伊則・これのりとしている。)
官兵衛の、舅になる人物である。
小寺政職(まさもと)の重臣で支城の志方城を任されていた。
官兵衛の有名な赤いお椀の兜は、櫛橋家から贈られた品である。
櫛橋伊定(くしはしこれさだ)は、官兵衛の有能さを早くから見抜き、娘・光(てる)と官兵衛の婚礼の前年、この甲冑を贈っている。
ちなみにこのお椀兜(赤合子兜・あかごうすかぶと)は、官兵衛が亡くなる時、
上記の栗山善助に「以後この兜をわれと思え。」と贈られた。

官兵衛の初恋の人は、番組上の創作で、浦上清宗に嫁いだのは、官兵衛の父職隆の養女とも娘とも言われる。
そして、浦上清宗の婚礼の日、赤松が攻めて来て、清宗夫妻、清宗の父も戦死してしまう。これは次回か。

感想。
おたつを初恋の人でなく、史実通り職隆の娘(or養女)、官兵衛の姉妹とした方が分かりやすい。
「官兵衛とは身分が違う」と、おたつは言うが、ならば職隆の養女になったように、つりあう身分の人の養女になれば、官兵衛との婚姻もありと言うことになる。
説得力不足で、脚本のツメがいまいち。
歴史ドラマは、創作部分になると脚本家の力の差があからさまに出る。
播磨の歴史は、下克上的人物が沢山出て来るので、人間関係が非常に複雑である。
浦上清宗の叔父宗景の家臣には、寝返りの常習犯・宇喜田直家(うきたなおいえ、秀家の父)もいる。
官兵衛の妻の実家・櫛橋氏も、いずれ官兵衛とは反対側の毛利に付く。
あっちへ付いたり、こっちへ付いたりでややこしい設定も出て来るだけに、描き方をよほど整理しないと視聴者に分かりにくいかも。

【2014.01.13 Monday 16:58】 author : いづな薫 
| 軍師官兵衛 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
真実は小説よりも奇なり。最近のドラマが面白くないのは真実がないからでしょうね、黒沢明監督の七人の侍が面白いのは、当時の侍の生活ぶりや置かれた状況をできるだけ再現したからです。なんでも、わざと白黒で撮影したそうですね(゚д゚)スゲー。「この戦いは名誉も金も無い、だか飯だけは腹いっぱい食べれる、どうだ百姓を野武士から助けてみないか。」そう言ってリーダーが侍達をスカウトしていく。皆腹が減っている、しかし中には馬鹿にするなと断る武士もいる。壮絶な野武士との死闘、侍達の肉団子(土を盛った墓)が増えていく、この期に及んでの百姓達の強かな生き様が明らかに。生き残ったのは二人の武士だけ「勝ったのは百姓だ」ラストのリーダーの言葉が胸を打つ。だから世界中の人が絶賛する映画なんです。こんなドラマに出会いたい。
| 串かつ | 2014/01/13 6:56 PM |
串かつ先生

>真実は小説よりも奇なり。

仰るとおりですね!
現在進行形であるせいもあるのですが、今現在の政治の方がよほど波乱があります。
「七人の侍」のセリフ、1つ1つがリアリティーがあって真に迫って参りますね。
私もDVDで見たことあります。
そういえば、柏崎刈羽や泉田知事がモデルで出て来る「原発ホワイトアウト」が映画化されるそうですね。
現実にそっくりでこちらもなかなかすごいですが。
| いづな薫 | 2014/01/14 10:47 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416459
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中