大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 あまおうのフルーツサンド | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 軍師官兵衛「見捨てられた城」 | main | 固定種野菜 5月1日 >>
あまおうのフルーツサンド

新装開店、戦国カフェのお屋形さまの幸せレシピ
以前ご好評だった苺のサンドイッチを、大きな”あまおう”で再現しました。
カスタードクリームもたっぷり入ってケーキのようなボリュームなので、4つにわけ4人分です。
厚み5〜6cmあります。
あとは、きゅうりなど軽い野菜サンドを作られると良いでしょう。
 

材料 4人分
8枚切り食パン2枚
苺 5個
発酵バター(無塩) 普通のバターでも可。
カスタードクリームの材料
卵黄 3個
砂糖 60g
小麦粉 20g
牛乳 200cc 半分を豆乳にしても良い。
以下はあればでいいです。
バニラビーンズ とラム酒大さじ1 
カスタードクリームを作るのが面倒な方は、市販利用で大丈夫です。


作り方

1)カスタードクリームを作る。
  鍋に卵黄3個入れ、砂糖と小麦粉を入れ混ぜ合わせる。
  牛乳も少しずつ入れ、混ぜ、バニラビーンズを少々入れる。

2)1を強火にかけ、とろりとしてきたらラム酒を加え中火にして水分を飛ばす。
  クリーム状になったら火を止め、完全に冷ます。

3)食パンの上に冷ましたカスタードクリームを厚くたっぷり塗る。
 (作ったカスタードをほとんど入れてしまうほどでした。)
  もう片側には、あれば発酵バター無塩タイプを軽く塗り、上から同じくカスタードクリームを厚く載せる。(厚く載せないと苺がパンに密着しない)
  苺を対角線に3つ並べ、両脇に1つずつ計2つ置く。
  1人分パン2枚、苺は5個使用。

4)ラップして15〜20分くらい冷蔵庫に入れれば食べられますが、翌朝食べても美味。
  ナイフで対角線に苺が真っ二つになるように切る。 
  カフェタイム、朝食にどうぞ。

【2014.04.30 Wednesday 09:30】 author : いづな薫 
| 武将キッチン | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416531
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中