大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 軍師官兵衛「囚われの軍師」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 日本は戦争への道をひた走っている | main | 今日はここにいます。 >>
軍師官兵衛「囚われの軍師」
NHKの籾井会長に対し辞任を求め、受信料不払いが激増している。
ところが、NHKは辞任どころか不払い件数把握をやめたそうだ。
把握しないので(もちろんしているだろうが)発表しない。
不払いに拍車がかかるのを避けようとのねらいと見える。
視聴者(国民)を舐めきっている。従うのは安倍政権のみと言うことだ。
不払いは激増している。この運動が継続されることを望む。



官兵衛が有岡城に幽閉された。
信長は、官兵衛の子で人質の松寿を殺せと命じる。たぶん次回。
これを、竹中半兵衛がかくまうのだが。
播磨がぞくぞく毛利に寝返る中、織田方で頑張っている家が黒田家である。
あるじ官兵衛は行方不明、嫡子松寿は人質に出されている。
殿様がいても、家臣が下克上で取って代わり、裏切るのが日常茶飯事の戦国時代である。
黒田家ほどの小規模領主だと、強者についていかないと存続は難しい。
その強者は、利用価値があれば利用し、なければ見捨てるのが常である。

そんな中、黒田家家臣団の結束の固さは特筆すべき物がある。
頭も人も良いけれど敵に捕まるトンマな官兵衛だからこそ、有能で仲間意識の強い家臣たちが彼を守り、助けたのだろう。
竹中半兵衛だったら捕まるようなことはしない。

重臣の栗山善助、井上九郎右衛門、母里太兵衛らの貴重な起請文が残っているので簡単に訳してみる。

起請文のこと

官兵衛様が思いがけず捕まり、本当に大変です。
このような時、当城においてはみんな覚悟がなくてもとにかく御本丸様に従います。
もしも嘘だったら、その人はいろんな神様の罰を受けます。神様の名前ずらずら〜。

天正六年(1578)
喜多村六兵衛尉 母里
十一月五日 勝吉(花押)
長田三助 衣笠久衛門
  助次(花押) 景(花押)
喜多村
  甚左衛門(花押)
藤岡
  甚兵衛(花押)
小川 
  与左衛門(花押)
上原 
  右助(花押)
宮田
  治兵衛(花押)
栗山
  善助(花押)
後藤
  右衛門(花押)        御本丸
母里太兵衛           まいる
  友(花押) 

起請文は誰に当てたか。官兵衛の父職隆か、妻光(てる)に宛てたと見るのが妥当である。

感想
官兵衛入牢中、親切にしてくれた牢番・加藤重徳は次回出るのだろうか。
創作で村重の妻だしが兵衛脱出作戦に加担するエピソードを入れているが、これはどうでもいい。
それより、牢番加藤に時間を割いて欲しい。
加藤重徳は、囚われの官兵衛に影響を与え、栗山、母里らが有岡城潜入した時手引きし、後の黒田家筆頭家老の父になる。
官兵衛は良くしてくれた加藤の恩に報いるため、その次男・一成(かずしげ)を預かりわが子同然に育て、黒田姓を継がせる。
三奈木黒田家の一代目となり、その子孫と本家黒田家の間に、なんと近世屈指の名君・上杉鷹山が生まれている。

【2014.05.19 Monday 13:36】 author : いづな薫 
| 軍師官兵衛 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
あちらこちらで『憎まれっ子世にはばかる』状態ですかね。でも『奢れるものは久しからず』という言葉を信じたいです。

前回の日記、いづなさんの憂うお気持ちが痛いほど伝わってきます。私も未来の日本はどうなるんだろうと心配してしまいますが、こんな時にもしっかり健全に、落ち着いて行こうと考え至りました。
私の場合、明るく、笑顔が多くないと、今手元にある大切な物(健康や自然、家族や周囲)にも影響が出てしまいそうで。細川元首相も、穏やかなお心にストレスがかかり過ぎてしまったのではないでしょうか。一日も早いご回復を私も願っています。

いづなさんも新たな免疫を獲得されたばかりのお体、どうぞご自愛くださいね。
ユーモアと笑顔をもって、『ふわっとした民意』を引き寄せてまいりましょう。
黒田家家臣団のような結束力を、平和を望む皆様と私も結んでいきたいと思います。
| 木漏れ日 | 2014/05/19 4:44 PM |
木漏れ日さま

いつもお世話になります。
コメントいただき喜んでおります。
とても熟慮して書いてくださったと感じられるコメントです。
心よりお礼申し上げます。

>私の場合、明るく、笑顔が多くないと、今手元にある大切な物(健康や自然、家族や周囲)にも影響が出てしまいそうで。

素晴らしいお心がけです。見習いとうございまする。

>細川元首相も、穏やかなお心にストレスがかかり過ぎてしまったのではないでしょうか。

細川さん薬師寺の襖絵を描いたり、お仕事もお忙しいようですね。

>いづなさんも新たな免疫を獲得されたばかりのお体、どうぞご自愛くださいね。

お気遣い感謝いたします。木漏れ日様もご家族様もご自愛下さい。

>ユーモアと笑顔をもって、『ふわっとした民意』を引き寄せてまいりましょう。

ソフト・パワー(Soft Power)ですね。
| いづな薫 | 2014/05/19 7:33 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416547
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中