大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 今日はここにいます。 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 軍師官兵衛「囚われの軍師」 | main | クイズ >>
今日はここにいます。
近江国(滋賀県)の小谷城、攻略終了。
城址入口にあった撮影用の板絵(何て言うのでしょうこの板)。
遠くから見た時一瞬、一番右が我がお屋形さまに見えました。笑

【2014.05.20 Tuesday 14:51】 author : いづな薫 
| | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
朝倉義景の一乗谷に行ったことがあります。天然の要塞で結構見ごたえがありました。鬼畜織田信長に滅ぼされてしまいましたが、作戦大将は羽柴秀吉様ですか、しかし酷い残酷な事するね( ;∀;) カナシイナー。福井は丸岡城にも行きました。お静の人柱には泣きましたね(;_;)、自分の一人息子をお城に仕官させるため、自ら人柱に名乗り出たんだが、役人は裏切った。今も昔も役人の根性の悪さは変わらんね、福井地震もお静の怨念だとの噂じゃ、なんせ国宝から格下げですから。
| 串かつ | 2014/05/21 6:31 AM |
串かつ先生

コメントありがとうございます。
お返事遅れすみません。
一乗谷はいいですね〜。
良好な遺跡が残っています。
戦国大名の暮らしぶりが伺えます。
丸岡城もいらっしゃったのですか。
人柱は酷いですね。
中世はまだ、信仰の世界に人々は生きていて今から考えると非合理的なことがいっぱいありますね。
いや、原発、抗がん剤、集団的自衛権など、今もそうでした。
人をだますことにおいては霊感商法と変わりありません。苦笑。
| いづな薫 | 2014/05/22 4:14 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416548
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中