大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 軍師官兵衛「有岡、最後の日」「半兵衛の遺言」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 上杉軍のためのハンドメイド | main | ツィッターから >>
軍師官兵衛「有岡、最後の日」「半兵衛の遺言」
 出張やら、重要会議などで先週は怒涛の一週間だったので、2回まとめて官兵衛のお話をする。
 
まずは、名前すら出ていない有岡城の牢番”加藤重徳"(かとうしげのり)について。
ドラマでは描いていないが、敵方でありながら官兵衛に親切だった人である。
世間から隔絶され、狭い牢の中に己の排泄桶とあるような生活を送れば肉体ばかりか精神に異常を来たす。
精神崩壊の危機にあった官兵衛を救ったのは、牢番加藤と官兵衛の家臣井口吉次の姉であったのは想像に難くない。
この様子を前回も記述したので、ご覧になりたい方はこちらへ。

官兵衛は加藤重徳の数々の温情に報いるため、彼の子供(次男)を預かる。
ドラマ中、加藤は有岡城の戦いで倒れていたようだったが?
加藤重徳、もとは摂津の名族・伊丹氏と同族である。
荒木村重に仕え有岡城落城の時、次男を官兵衛に預け長男と共に姿を消した。
後に小西行長に仕えたと言う。小西行長は関が原の戦いで敗れ小西家は断絶。
浪人した後、次男のいる黒田家に迎えられている。
官兵衛は、加藤の次男に備前景光の短刀を与え、わが子として育て黒田姓を名乗らせる。
名は、黒田一成(かずしげ)となった。
官兵衛の興味深い所は、武家社会にあって血にこだわらない所である。
血がつながらない子供でも、わが子として育て黒田家繁栄につなげている。
後に黒田長政(松寿丸)が福岡藩拝領の後には、三奈木に居城を構え16000石を有している。
 
官兵衛死後のお話だが、「黒田騒動」が起きこれに黒田一成が関係しているので書く。
官兵衛の死後約30年、福岡藩2代藩主黒田忠之と言う人物がいる。
これが官兵衛の孫なのに、暴君で、重臣と軋轢を起こし奢侈を好むどうしようもない奴。
藩主忠之は、重臣・栗山大全(善助の子)と藩政をめぐり対立し、栗山が幕府に「忠之謀反の疑いあり。」と訴え出た。
これが、黒田藩改易の危機を呼んだのである。
しかし、逆に栗山大全が「乱心した」とされ、黒田藩は改易をまぬがれる。これを「黒田騒動」と言う。
黒田一成(かずしげ)は、井上之房(九郎衛門)と共に、栗山大全とは反対側の立場に立った。
幕府の裁定で、栗山大善(善助の子)は陸奥盛岡藩お預かりとなる。
この時、栗山大全は、父・善助が主君官兵衛からもらった赤合子兜を抱えて、火縄銃に点火した状態で城下を出て行くのである。
このような経緯で、官兵衛の赤合子兜は今も盛岡にある。

 
黒田一成の黒田三奈木家は、藩内で唯一、大老職を明治になるまで勤め、明治には男爵に列せられた。
この、三奈木黒田家と本家黒田家の子孫に、近世屈指の名君上杉鷹山が生まれている。
黒田一成は、島原の乱平定にも参加する。
島原の乱、激戦の舞台となった原城内には小西行長の遺臣が多くいた。一成は、実父重徳のかつての同僚たちと
戦ったことになる。
一成の墓は、福岡市博多区の崇福寺と朝倉市三奈木の清岩寺(清岩禅寺)。
遺髪が2束残っている。
 
荒木村重の妻だしと一族について。
妻子と一族37名は、有岡城の戦いの後、磔(はりつけ)になり郎党500余名は焚殺されている。
ドラマ中、前代未聞の戦後処理だとしていたがそうではない。
叡山、伊勢長島では凄惨な大量殺戮を行っており、官兵衛の妻の姉が嫁いだ上月城の戦いなどでも磔、串刺しにし
見せしめに国境に並べるなど、信長のみならず秀吉もやっている。
国境に並べるのは、歯向かえばこうなるとの隣国への脅しである。

一方村重は、尼崎の花隈城で長男村次とともに戦い、天正8年(1580)3月7日落城。村重は毛利領内に落ち延びた。
晩年は、千利休の高弟にもなり天正14年(1586)5月4日死去。享年52。
1582年に、49歳で死んだ信長より長生き。
ドラマで、だしが赤ん坊を侍女に預けていたがこの子供は後の岩佐又兵衛だろう。
ただし、母親が”だし”と言う確証はなし。
「豊国祭礼図屏風」などで著名な、江戸時代の絵師である。
 
竹中半兵衛について。
説話が多く実像が見えにくい半兵衛だが、史実から見てみる。
色白で女性的な容姿であったと言う。
主君斉藤龍興(さいとうたつおき)を諌めるため、居城金華山(稲葉山)ををわずか十数人の手勢で乗っ取る。
この時、半兵衛21歳。
この城は、信長も落とせなかった城である。
しかも、主君を諌めるためだったので、獲った城は主君龍興に返してしまう。

一口メモ
金華山城、稲葉山城、岐阜城は同じ地に立つ城。
斉藤道三、義龍、龍興の3代のち、信長の城になり、岐阜城と改名されている。
”岐”は、古代中国の周の文王が”岐山”で天下統一したことにちなむ。
”阜”は孔子の生まれた「曲阜」の一字から。
岐阜城への改名は、信長の天下統一への意気込みが感じられる。

義の厚さ、斬新な戦略、半兵衛を獲得したいと思ったのが信長。
信長に美濃半国をやると言われたのに、あっさり蹴る半兵衛。
それを、三顧の礼の如く熱心に口説いたのが秀吉である。
三顧の礼どころか、半兵衛説得に3年もかかっている。
それまでにして、迎えた名参謀である。
なぜ、これほどまでに半兵衛が秀吉に望まれたか。
秀吉は、目標にばく進するエネルギーはあるが、何分農民出身のため武将としての知識が足りない。
秀吉に武将としての知識、政治、経済、手紙の書き方、マナーまで教えたのが竹中半兵衛であった。
秀吉にとって、半兵衛は参謀であり若き先生でもあったのだ。
 
天正七年(1579年)6月13日、竹中半兵衛は三木城攻めの最中陣中で没した。享年36。
三木城に程近い山中に墓が築かれ、長き間地元の方々に大切に守られ続けている。
もうすぐ、ご命日。合掌。
半兵衛が亡くなり、今年で435年である。

【2014.06.09 Monday 15:10】 author : いづな薫 
| 軍師官兵衛 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
こんばんは。
興味深いお話ばかりいつもありがとうございます。先日のマンホールのふたの話も楽しく読ませていただきました。そうですよね、地域性があらわれて、その地域の豊かさを感じます。大阪に住んでいるころは、太陽の塔のがらのマンホールのふたでした。

岐阜の地名の由来を丁寧に書いてくださりありがとうございます。
口伝えのように教えられてきた由来は、中国の阜山というところに景色が似ていたから、信長が命名した、というものでした。
調べても阜山なんてないし、信長が中国の景色を見ていた、というのもおかしな話。
確か小学校の先生に聞いて、それ以来30年以上信じていました。。
今まで調べ直そうとすら思いませんでした。きっと、岐阜城のどここかに記してあるでしょうに。
こちら、仙台の地名の漢字も伊達政宗が千代から変えたとのこと。このことも、もっと深く調べれば楽しくなり、仙台のこともっと好きになりそうですね。

いつもありがとうございます。

| ぺんた | 2014/06/09 10:37 PM |
ぺんた様

いつもお世話になります。
マンホールのふたは、日本のみならず世界各地にもご当地物がたくさんあって面白いですね。
路上のアートです。
大阪は、お城のもありますよね。

>もっと深く調べれば楽しくなり、仙台のこともっと好きになりそうですね。

そうなのですよね。
調べだすと止まらないです〜。
私は百科事典が大好きな子供でしたが、寝る前に調べて朝起きて調べて、いちいち書棚に行かなくてもいいよう布団の中に辞典を何冊も入れて寝ていました。笑
| いづな薫 | 2014/06/10 9:27 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416558
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中