大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 まだまだあります、パブコメ。 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 終戦の日 | main | 詐欺いろいろ >>
まだまだあります、パブコメ。
 
昨年12月、秘密保護法が与党賛成多数により成立していますが、同法の施行(実際に法を始めること)にあたり、国民の皆様にご意見募集しています。
8月24日まです。
行政手続法という法律がありまして、”国民からの意見を十分考慮しなけばならない”と定められています。
意見が集まらなければ、国民から意見は無い、と言うことになります。
 
政府は、この秘密保護法、集団的自衛権行使容認をセットで進めています。
つまり、日本を戦争する国へ変える手続きです。

ご意見の送り先は、こちら。
御名前なしご意見のみでも可能です。
難しく考えず、ご自分で思ったことを書くのがいちばんです。


要点を書いてみました。
まずは、見直し意見の場合。
 
「2013年国会で採決された秘密保護法は、大きく見直す必要がある。
十分な審議もなく成立し、国民の知る権利が著しく阻害される恐れがある。
各行政機関で指定された秘密の管理、解除がどのように行われるのか不明瞭である。
特定秘密の対象とする情報が、あいまい且つ広範囲で、何が法に触れるのか規定が不明である。
何が法に触れるのか分からない社会で、一般国民の活動やジャーナリストの報道が自発的に制限されかねない。
一般国民の活動とは、例えば、保護されるべき人権擁護の活動や公益的なものが含まれている。
よって、何を特定秘密にしてはならないか法律を作り明記する必要がある。」


廃止した方が良い、の場合。
 
「2013年国会で採決された秘密保護法は、廃止する必要がある。
十分な審議もなく与党の賛成多数で成立し、国民の知る権利が著しく阻害される恐れがある。
特定秘密を指定するのは、各行政機関である。
指定や解除、管理がどのように行われるのか不明瞭である。
今国会では、多くの国民から秘密保護法廃止を求める請願署名が提出され、
複数野党からも共同提案で秘密保護法の廃止法案が国会に提出された。
秘密保護法の危険性を抱えたまま、施行することは認められない。
同法の廃止を強く求める。」

【2014.08.16 Saturday 09:44】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416615
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中