大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 朝日バッシングの不可思議さ | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< ストロンチウムとセシウム、更に2兆ベクレル流出 | main | 消費税10% 消費税ショックの所へ更なる増税 >>
朝日バッシングの不可思議さ

朝日新聞が、物凄いバッシングを受けている。 
集中砲火である。
捏造、うそ、悪のレッテルを貼り、徹底的叩く。
記事を間違えたなら、訂正する。これは当然である。

しかし、朝日を猛バッシングする正義感があるなら、原発汚染水コントロール発言の安倍政権をなぜ糾弾しないのか。
怖くて出来ないのである。

安倍首相が、オリンピック誘致への影響を恐れ世界に向かってウソをつく。
小渕優子経産相が、コントロールされているとゴマをする。

これらは、マスコミが記事にしないので、国民も問題とすら思わない人が多数いる。


正義を背負って、大勢で叩くのはある種、快楽なのだろう。
対象は何でもいい、ただ叩かれる対象に非がありそして社会的信用、影響力が大きればなおさら楽しいのだろう。
こういう感情は、文化的そして民度の低い人たちに多く存在する。
社会や生活に失望し、打開するためにはどう政治や社会と係わって行けばいいか、考える機会を失ってしまっている人たちである。

気をつけた方が良い。
こういう人たちは、戦争するようになれば、戦地に送り込まれかねない。

当サイトで何度も述べているが、かつて鳩山由紀夫氏や、小沢一郎氏が国民総バッシングを受けた。
彼らは、日本の利益を守るが”米国の利益”に反するからである。

原発推進政策、安倍政権、米国、これらに批判的な組織や人は、少なからず社会から締め出しを食う。
人物破壊されたり、死に追い込まれた人もいる。

権力に批判的なメディア、これこそよき政治のためには不可欠である。

自分や家族が大事だったら、私たちは抗議する相手を間違えてはいけない。
今こそ、メディアリテラシーの使い時である。

【2014.09.11 Thursday 11:03】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
ブッタ「布施の心がないのだ。奉仕の心が失われているのだ」武力や権力で弱い者たちを支配する強者という者達。自分達の栄華のため大衆をを犠牲にしている。指導者は、大衆のために不平等な環境を作るべきでないし、自ら大衆の範たるべきである。おのれに甘く、他人に厳しいような指導者は、もはや大衆の敵であり、偽善者という以外ないだろう。おのれの欲望を満たすためには、同じ人間の生命まで奪うことをする。欲望はとどまることを知らない。この世を去るときには、何一つ持ち帰ることができないことを知りながら、死の床まで執着から離れることのできない者たちが何と多いことか。この世の物は肉体を含めすべて借り物なのだ。肉体が自分のものなら、絶対に歳をとらないし病気もしないはずだ。この世で自分の物は何一つないのだ。無情なものに頼れば無常しか得られないことがなぜわからないのだ。 中道から外れた行為を行えば物理学でいうところの作用・反作用で必ず反省させられる結果が現れるのだ。自分の撒いた種は自分で刈り取らねばならない、それはあの世に帰っても慣性の法則で続くのだ。むなしい連中だ(`・ω・´)私など、あの世へ帰ったら地獄へ行くと思うと恐ろしくて、人を不幸にすることなどとても出来ません。
| 串かつ | 2014/09/12 5:19 AM |
串かつ先生

民のことを本当に考える、為政者はいったいこの世に何人いるのでしょうか。
ご覧のとおり、安倍政権は一部既得権益御用達政権です。
多くの国民は、恩恵希薄です。
残業して、報酬を払わない、一体どういうことでしょう。
払わなくて良くなった企業は、例えば経団連は「政治との連携強化」を発表、会員企業に対し政治献金を促しています。
企業は、計画のために法律を変えます。

ブッダが現れる時代は、それはもう大変な時代ですが、これからの日本も相当覚悟が必要かと思われます。


| いづな薫 | 2014/09/12 5:11 PM |
畜生道資本主義と科学万能主義である西洋文明は今まさに終わろうとしている。日本を含む世界の各国はヤク中さながらそれにどっぷり浸かっている。しかしこのまま人類を放置すれば地球の存亡に関わることになり神がいよいよ人間を選別すべき時が来た。日本人は特にカネに対する執着心が強いくせに適正な分配が行われない状況に抗うどころか正義の士である個人や団体を誹謗中傷イジメることで自己満足している。とても波動の高い民族とは言えない。マザコン僕ちゃんが権力を握ったせいで邪神である黒龍=右翼が最後の悪あがきをしている。絶対乗ってはいけない。死後地獄に落とされるか魂そのものをディレートされることになる。
| ノミのシンゾー | 2014/09/12 8:19 PM |
ノミのシンゾー様

朝日新聞を必要以上に猛バッシングしている人たち、結局は自分の首を絞めているのです。
叩くことが目的になっているのがまずいです。
朝日を叩いている他メディアが、公平な報道しているか。否です。
偏狭報道、間違いを指摘されるとスルーが大抵のマスコミです。
国民にナショナリズムは火がつきやすい。
何も為し得てない自分を無条件に肯定し、外国を叩く、単純な論理です。
まじめに働いているのに、何も為し得なかったら、政治失策によるものがあるのです。
リベラル派も、不満世論を味方にする策がもっとあると良いと思います。
| いづな薫 | 2014/09/14 9:06 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416630
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中