大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 10%消費増税延期論 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 軍師官兵衛「紀井谷の悲劇」 | main | 美しき日本の秋 >>
10%消費増税延期論
速報で円が1ドル109円まで進んでいる。

食料、原材料、エネルギーの多くを輸入に頼る日本は、今後コスト上昇が避けられない。
せっかく下がり始めたガソリンが、再上昇となれば物流を含めすべての商品化価格が上がる。
日本は、食糧の6割強を輸入に頼っている。
原発を止め、化石燃料を買うため国富が流れ出ていると言う人があるが、多くは円安と化石燃料自体の価格上昇である。

スーパーなど小売店が値上げすれば、消費が減退する。
小売業界は、そうそう値上げ出来ない。
すると、今度は労働者の給料が削られる。

では、円安で輸出企業が良いかと言えば、そうでもない。
海外に生産拠点を移転してしまっている所が多く、円安のメリットは少ない。

11月半ばに発表予定の7〜9月のGDP速報値を見て、10%消費税UPするか否か決断されるが、7〜9月はかなり悪るそうだ。
日曜日が5回もあった8月でも、そうそう消費は伸びていない。
天気が良くなかったから、とマスコミなどは言っているが明らかに消費者が買い控えしているのである。
そんなこと言われなくたって、一般消費者の方がよく分かる。
夏週末、デパートに何度か行っているが、人がある程度いるのは食品フロアーだけである。
上の階の服飾売り場など、閑散として客用鏡でヘアースタイルを直している店員までいる。
東京都心のデパートでこれである。

10%に増税したい財務省&政府にとって是が非でも避けたいのが、景気減退である。
それが着々と進んでいる。

ここに来て、さすがの財務省も10%は1年延期論が出始めたと言う。
政府関係者の話だそうだが、ネタ元は夕刊フジなのでそれなりに判断して欲しい。
財務省は、7〜9月のGDP(11月発表)を既に把握している。
政府内でも、増税延期を言い出す議員が増えている。
増税賛成を声高に言うのは、麻生氏、谷垣氏など財務省のポチ議員である。

自民党が、この秋に北朝鮮拉致被害者を幾人か帰国させ、秋〜冬に解散総選挙に打って出るとの噂がある。
早期解散をしたいのは、10%の再増税する前に大型補正予算を組み解散総選挙したいのである。
10%UP後の選挙は不利である。

PS.スコットランドは、僅差で反独立派が勝つかな?

【2014.09.19 Friday 11:46】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1416635
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中